北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Dimgray Cavefish GPU(Yuko Yoshida@KittyYYuko)

シャミ子Yuko Yoshida@KittyYYuko氏がデスクトップ向け“Cezanne”と“Dimgray Cavefish”こと“Navi 23”のスペック・時期について言及している。

“Navi 23”という直接的な表現はないものの、“Navi 2x”には魚にちなんだコードネームもあることが知られており、“Navi 21”が“Sienna Cichlid”、“Navi 22”が“Navy Flounder”とされる。そして3つめのコードネームとして“Dimgrey Cavefish”というものがあることも知られており、“Navi 23”を示しているものと推定される。
 


デスクトップ向け“Cezanne”の時期についてはシンプルで「6月までの時期」となっている。スペックや型番は明らかになっていないものの、8-core/16-threadのRyzen 7 5700Gと4-core/8-threadのRyzen 3 5300Gは既にリーク情報として出てきている。この間の6-core/12-threadのRyzen 5も存在するが、ナンバーは5600Gになるのか5500Gになるのかは不明(“Renoir”のRyzen 5 4600Gに倣って5600Gという見方が多いようだが、5600番台にiGPUなしの5600X/5600とiGPUありの5600G/5600GEがならぶことになり大分ややこしい)。

そして“Dimgrey Cavefish”こと“Navi 23”であるが、1080p―Full HD環境での利用を想定した製品となる。
ダイサイズは236mm2と“Navi 22”(336mm2)の7割ほどのサイズとなる。“Navi 22”も“Navi 21”(519mm2)の約7割程度のダイサイズなので、“Navi 21”→(×0.7)→“Navi 22”→(×0.7)→“Navi 23”と割ときれいに並んだ。

Compute Unitは32基(Stream Processor換算2048基)である。“Navi 23”=32 CUという情報は1月末にリークしたTeslaのダイアグラムでも記されていたものである。そしてInfinity Cacheは64MB、メモリインターフェースは128-bit、搭載するメモリは16GbpsのGDD6が8GBとなる。
“Navi 21”のInfinity Cacheが128MBでメモリインターフェースが256-bit、“Navi 22”がそれぞれ96MBと192-bit、そして“Navi 23”が64MBと128-bitでこれもまたきれいに並ぶことになり、割とわかりやすいスペックとなった。

性能はGeForce RTX 3060前後(1080pでは上回るが,1440pでは下回る)とされ、3番目のRDNA2世代のコアはメインストリームのど真ん中を狙うようである。

ここからは憶測の世界だが“Navi 23”の製品名はRadeon RX 6600だろうか?(“Navi 22”でRadeon RX 6600 XTが出るという噂もあるのでなかなか読みづらいが)。また“Navi 23”の上位モデルが8GBのVRAMを搭載するならば、さらにその上に位置するはずの“Navi 22”の下位モデルが6GB版だけになるのは大分物足りない。是非とも“Navi 22”の下位モデルも6GB版だけではなく12GB版も用意して欲しい。

登場時期は4月と地味に近い。“Navi 23”はMobile向けの主力ともなるコアなので、Radeon RX 6700 XTの発表時に「まもなく登場する」とされたMobile向けRadeon RX 6000 seriesとともにデスクトップ向け“Navi 23”搭載製品も発表されるのだろうか(“Navi 22”搭載の下位モデルも期待できるか??)。

○Navi 2xコアスペック簡易まとめ
  Navi 21 (Sienna Cichlid) : 519mm2, 80 CU, Infinity Cache 128MB, 256-bit, GDDR6 16GB
  Navi 22 (Navy Flounder) : 336mm2, 40 CU, Infinity Cache 96MB, 192-bit, GDDR6 12GB
  Navi 23 (Dimgrey Cavefish) : 236mm2, 32 CU, Infinity Cache 64MB, 128-bit, GDDR6 8GB
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
180264 
内部情報をリークする魔族
2021/03/19(Fri) 05:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180274 
NVIDIAもAMDも2070Sと5700XTのポジションに入れる製品が無さそう…
2021/03/19(Fri) 11:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180277 
40CUの下の石が32CU?
もし本当なら間が詰まり過ぎじゃないですかね
2021/03/19(Fri) 13:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180279 
32CUなら6700シリーズが40CUなので6600シリーズ用途みて間違いないでしょうね
このリークが正しいとすると6600XTのVRAMは12GBと言われてましたが、ミスト重視で8GBに減らしたという事でしょうか
倍の16GBモデルもという事はあり得ないでしょうし6600クラスで半分の4GBというのもランク的にモバイル向けはともかくデスクトップ向けでは考えられないラインですし

Naviにはさらに下にNavi24もあるらしいし、これが6500シリーズ以下向けという事になるのかな
2021/03/19(Fri) 13:46 | URL | LGA774 #VWFaYlLU[ 編集]
180281 
やっぱフルHDだよなぁ
これ欲しいけどたぶん6万円くらいするんだろうなぁ
10年ぶりに新調しようと思ったけどやっぱり無理かぁ。
2021/03/19(Fri) 14:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180289 
6600XTは32CU 128bit 8GBで3060対抗ならばおそらく299ドルになりそうですね。
実市場価格はそれより高く、日本では5~6万円は確実にしそうですが。

次世代DX12 Ultimate対応ゲームが出ないと実質的にRDNA1からのメリットが無さそうなスペックですね。
2021/03/19(Fri) 16:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180293 
Xe HPGが3060やこれに対抗できる能力だったら、メインストリーム争いが面白いことになりそう。
2021/03/19(Fri) 18:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180294 
第一次マイニングブームの前に買った
RX480OC4GBが やっと火を噴くぜ!

その前にHD6850(?)HD4850(?)だったかも
死蔵してる・・・・
ゲームしないし、内臓グラだけで十分な省エネオタク・・・



2021/03/19(Fri) 20:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)