北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Gigabyte preparing X570S motherboards, could be for AMD Zen3+ “Warhol” CPUs(VideoCardz)
Gigabyte Preparing Passively Cooled AMD X570S Motherboards(techPowerUp!)
Registration Shows pending AMD X570S Motherboards - With an S(Guru3D)
KZ0000003865(EEC)
KZ0000003864(EEC)
The "S" in "X570S" simply stands for "silent" just so everyone knows.(Moore's Law Is Dead)

AMD X570チップセットは2019年7月に登場した。そしてその新しい派生製品の可能を示す記述がEurasian Economic Comissionに見つかった。

記載されていたのはGigabyteのマザーボードでいずれも“X570S”の型番がついているのが特徴である。現時点ではこの“S”がGigabyte独自のものなのか、あるいはAMDの新しいチップセットなのかはわからない。
 
AMD X570S (2021年4月7日)

記載があったのは以下のモデルである。

  ・X570S AORUS Master
  ・X570S AORUS Elite AX
  ・X570S AORUS Pro AX
  ・X570S AERO G
  ・X570SI AORUS Pro AX
  ・X570S AORUS Elite
  ・X570S Gaming X
  ・X570S UD

この“X570S”についてMoore's Law Is Deadの中の人が興味深いツイートをしている。



X570Sの“S”は“Silent”の“S”だという。X570チップセットは発熱と消費電力がチップセットとしては大きく、ほぼ全てのマザーボードで冷却ファンを必要としていた。もしこの通りであればX570SはX570の発熱と消費電力を低減し、冷却ファンを必要としないものに改良したものなのかもしれない(既にtechPowerUp!ではX570Sはファンレス仕様のマザーボードであると言い切ってしまっている)。

X570チップセットは2019年7月のチップセットであるが機能的には今現在もそれほど見劣りするものではない。X570SがGigabyte独自のものかあるいはAMDから出てくる改良版なのかはまだ不明だが、後者であればSocketAM4が終わりに近づいているこの時期に何故? という疑問が出てくる。

1つは“Zen 3+”―“Warhol”と対にするためというのがありそうだが、Moore's Law Is Deadの中の人はX570Sは“Zen 3+”のための準備ではないと明確に否定するとともに、“Zen 3+”の可能性に少しばかり期待しすぎじゃないかとも述べている

もう1つはSocketAM4世代でなくSocketAM5にも使われる可能性である(名前位はX670になるかもしれないけど)。SocketAM5ではCPU側のPCI-ExpressはGen 5.0になるが、チップセット側までGen 5.0に急いでする必要があるか? と問われると最上位はともかく中位は急ぐ必要はないだろう。そこにX570S(あるいはこれをベースにしたX670?)をそのまま持ってきてしまうのである。

蓋を開けたらただのGigabyteが強引にファンレスにした新製品でした(nForce4時代も他社がチップセットファンをつける中、Gigabyteはファンレスマザーを出していた。実際使っていたがヒートシンクはとても熱かった)、という可能性がないわけではないが、発熱が減少してファンレス運用が可能になったX570Sチップセットの可能性を是非期待したい。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
180823 
1行目にa hrefな文章の一部が見えちゃっているような
2021/04/07(Wed) 22:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180827 
マザーボードの機能ならX570SでなくAORUS Master "S"みたいになる気がする
ただ新チップセットなら真っ先にXtremeに載せないわけがないだろとも思う
半信半疑だねぇ
2021/04/08(Thu) 00:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180863 
個人的にはX570そのままに一票
御存知の通りX570はZen2/Zen3のcIODを流用したチップセットで
AMDは次世代Zen4で大幅変更(DDR5・PCIe Gen5)が控えている
そのため現行世代でエンジニアリングリソースを使うのは非経済的

Zen2~Zen3+でチップセットが変更にならないということは
2019~2021年でチップセットが変更にならないということで、
マザーボードベンダーからすればマイナーチェンジ(例:1GbE→2.5GbEに変更)でも
新製品を出したいところ。
全部は未確認だが「S」の無い「X570 AORUS Master」「X570 Gaming X」は
存在するので、「S」はマイーナチェンジ分じゃないかなと。
2021/04/10(Sat) 23:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180871 
単なるリネームかもね
すでにX570で1.0, 1.1, 1.2と3つのRevisionがあるXtremeに
4つ目のrev 1.3作った日にはユーザにボコされかねんw
2021/04/11(Sun) 13:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180901 
実は Asusも X570S製品を出していたり
そうなると別チップの可能性も否定できなくなる
インテル大好き御手軽マイナーチェンジの手法だから、むしろやらない手はないと思うが
問題は "なぜこんなにもモノが出てこないのか" であって…
記事にはなっていないが、やはり GlobalFoundriesも逼迫してるんだろうね

対中政策で車載半導体の委託先変更を余儀なくされる中で、GlobalFoundriesはダークホースどころかド本命
半導体製造で五指に入る実力がありつつ政策的にノーマーク
Mobileyeとの付き合いも長いし、車載実績としては申し分ない
数年前の工場売却の検討とかどこ吹く風で、新規建設するとか羽振りも良さげな模様

そしてAMD
ある意味 "GlobalFoundriesと疎遠になることで頭角を現したようなもの" だし、難しい所だね
インテルのチップセット製造委託は完璧に狙い澄ました横槍
2021/04/12(Mon) 19:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180906 
180901
IOダイ「解せぬ」
2021/04/13(Tue) 00:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
181008 
GIGABYTEのX570マザーは室温38℃でもSilent設定ならチップセットファンは回らないから、別に今と変わらん気がする。

ASRockとASUS? ファン回りっぱなしですが何か?
2021/04/16(Fri) 17:27 | URL | LGA774 #YhxRTNrk[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)