北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
後半では実際に動作させる。

熱いと評されることの多い“Rocket Lake-S”であるが、その多くは“K”モデルを用いたレビューであり、TDP65Wの無印モデルを使ったレビューは多くはない。

まずは構成の比較である。
 
9th PC model 20.29th PC model 21.1
CPUIntel Core i9 10900
10-core/20-thread,
2.80GHz/Boost Max 5.20GHz,
L3=20MB, TDP65W
Intel Core i9 11900
8-core/16-thread,
2.50GHz/Boost Max 5.20GHz,
L3=16MB, TDP65W
MotherboardGigabyte Z490M Gaming X
Intel Z490 chipset, MicroATX
ASRock Z590M Pro4
Intel Z590 chipset, MicroATX
memoryCrucial DDR4-2666 16GB×4
GPUASUS PH-GTX1660TI-O6G (NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti)
Storage 1Intel 760p 512GBWD Black SN850 1TB
電源SilverStone SST-SX700-PT
ケースAbee acubic G40


コア/スレッド数は2-core/4-thread分の減、周波数はBoost時の最大周波数こそ前世代と同等だが定格周波数は300MHzの減である。アーキテクチャの改良でこれをどこまで補えるかが焦点となるだろう。

ところでCore i9 11900のPL1, PL2, Tauの値がどうなってるか皆さん気になるよね? 気になるよね?

例のごとくHWiNFOでその数字を確認できるほか、ASRock Z590M Pro4ではAUTOの設定であってもBIOSの画面でその数字を表示してくれる親切設計である。

Core i9 11900 HWiNFO Default (2021年4月11日)

そしてAUTOの時の数字であるがPL1=65W, PL2=224W, Tau=28 secとIntelのスペックシート通りの値である。先代のGigabyte Z490 Gaming XがUnlimitedになっていたのとは対照的である。ASRockの方がなんとなく盛ってきそうなイメージがあるが、Z590M Pro4については堅実路線の模様である。

とはいえTDP65WのCPUでPL2=224Wの数字はなかなかにして強烈である。これで負荷をかけたらどうなるのだろうか?

Core i9 11900 OCCT Default (2021年4月11日)

きっと先代にも劣らないペコリーヌっぷりを発揮してくれるに違いないといらない期待をしながら例のごとくOCCTで負荷をかけたのだが・・・。
Tau=28 secの設定が効いているのか、最初の方こそ4.60GHz程度まで周波数が上がるが、その後は3.30GHz前後で落ち着く。前回のCore i9 10900がThermal Velocity Boost上限の4.60GHzで張り付き続けていたのとは偉い違いである。そして温度であるが最初だけ73℃という数字が出てくるものの、その後は65℃で落ち着く。容赦なく97℃で張り付いていたCore i9 10900と比較すると非常におしとやかであるペコリーヌが来るかと思ったらコッコロだった

補足するが、AVX512で負荷をかけているから周波数が伸びないというわけでもないようで、他の命令セットで負荷をかけてもだいたい同じような結果だった。

また消費電力も瞬間的に186Wを記録するものの、3.30GHzに周波数が落ちてからは117Wというかなりおとなしい数字に収まる。今回の構成の方がM.2 SSDが余計に2枚増えた分消費電力的には不利のはずなのだが、200W超をどか食いするPCの姿はそこにはなかった。

もうこのまま使ってもいいのではなかろうか、と思ってしまったが例のごとくTDP65Wらしい値―PL1=65W, PL2=81W, Tau=28secに設定してやる。といっても、今回はPL2の数字を落とすだけになる。

Core i9 11900 HWiNFO 調整後 (2021年4月11日)

HWiNFOでPL1=65W, PL2=81W, Tau=28secの設定が反映されていることが確認できる。そして各種ベンチマークの数字が以下である。Core i9 9900, i9 10900の値も比較として添え、またDafault設定の場合の数字と「PL1=65W, PL2=81W, Tau=28sec」に調整後の数字でどれほど差が出るかを%で示した。

Core i9
9900
Core i9
10900
Unlimited
Core i9
10900
調整後
Core i9
11900
Default
Core i9
11900
調整後
Blenderbmw 27N/A02:2103:0503:5404:06-4.9%
clasroomN/AN/A09:1010:3810:42-0.6%
fishy catN/AN/A04:4305:1705:18-0.3%
koroN/AN/A08:1507:3807:39-0.2%
pavillion barcelonaN/AN/A09:1511:0011:03-0.4%
victorN/AN/A16:1315:0515:05±0%
CineBench R15OpenGLN/A221.00226.18209.59210+0.2%
CPU17922442189618301418-22%
CPU singleN/AN/AN/A246245-0.4%
CineBench 20CPU37845810446140963769-8.0%
CPU singleN/A527526600596-0.67%
PCMark 1063766818681971807037-2.0%
Essentials994010475103531083910699-1.3%
Productivity824785729151972010238+5.3%
Digital Content Creation85849581908495338634-9.4%
3DMark
TimeSpy
66816455638164186381-0.6%
Graphics62585930594559745884-1.5%
CPU108401297810931110908100-27%
3DMark
FireStrike
1441114105140511447514021-3.1%
Graphics1574314895150351538215299-0.6%
Physics2107327580234292650219796-25%
Combined68366621672068206381-0.6%
FFXV BenchmarkN/A8328820683768416+0.5%
ちはやローリングN/AN/A2499971
稚内
2884526
シベリア
2869939
シベリア
-0.5%


Single-thread性能は確かに上がっている。CineBench R20のCPU singleのスコアとちはやローリングが一番わかりやすい(ちはやがとうとう宗谷海峡を越えて飛んで行ってしまった)。PCMark 10のいくつかの項目も10-core→8-coreのコア数減よりもSingle-thread性能の向上が効いている様子が見て取れる。

だがMulti-threadが効くようなものになるとCore i9 10900に歯が立たず、10-coreから8-coreへの減少によるペナルティの方がSingle-thread性能の向上分を上回ってしまっている。そしてなお悪いのは、PL1=65W, PL2=81W, Tau=28 secに設定したことによるマイナスの影響はMulti-threadが効く場面で大きく出ることである。おそらくはBoost時の周波数が低く抑えられてしまうことに起因するが、同コア数のCore i9 9900にすらひっくり返されるケースすらある。

Core i9 11900 OCCT 調整後 (2021年4月11日)

「PL1=65W, PL2=81W, Tau=28 sec」設定でOCCTで負荷をかけた時の周波数の推移であるが、最初に少しだけ4.30GHz程度まで周波数を上げるもののすぐに3.30GHzに周波数が下がる。一方、温度は70℃を超えることなく65~68℃で推移し続ける。消費電力は最高でも137W程度、3.30GHzに周波数が落ちてからは117W程度で推移する。

Core i9
9900
Core i9
10900
Unlimited
Core i9
10900
調整後
Core i9
11900
Default
Core i9
11900
調整後
消費電力Idle48W45W47W48W48W±0%
OCCT Load (Max)238W242W166W186W137W-26%
OCCT Load (Avg)129W242W145W117W117W±0%
負荷時最高温度88℃97℃71℃73℃68℃


Core i9 9900もDefaultで「PL1=65W, PL2=224W, Tau=28 sec」に近い設定だったと記憶しているが、それと比較してもCore i9 11900の発熱・消費電力は低い。ましてや「PL1=65W, PL2=81W, Tau=28 sec」に設定とすると非常におとなしくなる。ただ、Dafault設定でも200W超を食ったりすることはないため、性能を犠牲にしてまで「PL1=65W, PL2=81W, Tau=28 sec」に設定する必要があるかと問われるとかなり疑問が残る結果である(この設定を行った場合、Core i9 9900にすらひっくり返される場面が出てきてしまう)。

Gigabyte Z490 Gaming XのようにPL1, PL2, Tauが全てUnlimitedだったらまた話は違ってくるのかもしれないが、少なくともIntelのスペックシート通りの設定がされていれば、Core i9 11900の発熱・消費電力は過度に心配する必要はない模様である。

性能面においてはSingle-thread性能の向上は確実にあるが、Multi-threadが効く場面においては新世代の8-coreが旧世代の10-coreをひっくり返すまでには至っていないと言わざるを得ない。また、同じコア数でもCore i9 11900の方が周波数が低いため、Core i9 9900から乗り換えるとしても劇的な性能向上とまでは言いがたい。逆を言えば周波数が低くてもCore i9 9900と同設定であれば確実に上回るため、“Rocket Lake-S”のIPCは“Skylake”から確実に上昇しているとも言える。

いろいろな意味で煮え切らない結論になってしまったが、これで締めとしたい。


コメント
この記事へのコメント
180874 
ダイサイズがでかい分発熱は抑えめってことなんすかね?Rocket Lake-Sは
Zen2以降とは真逆な感じですね
2021/04/11(Sun) 21:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180875 
なるほどRocketはもっとピーク性能を重視した爆熱仕様に傾いているのかと思っていたので、これはこれで面白い内容でした
8コアから乗り換える必要はなくとも、これから4コアlakeから乗り換えるなら、普通にRocketでいいですね
2021/04/11(Sun) 21:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180876 
そういえば、蝋燭レビュー 17の最後に写真だけ出てきたRyzen 5950?はどうなったんだろう?
2021/04/11(Sun) 22:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180877 
思った以上に地味で随分と影の薄い世代になりそう
2021/04/11(Sun) 23:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180881 
メガシンカペコリーヌになれるとペコリーヌがコッコロに見えるらしい
2021/04/12(Mon) 00:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180884 
演算スコアを出さない負荷テストは、当然のように電力制御で絞ってくるでしょう
OCCTはその筆頭という印象

消費電力でaverageより低いMAXを掲載してるサイトは、OCCT計測値をMAXとしているのだろうか
OCCTはもう計測ツールとして役に立たないと言ってるところもあるし…
2021/04/12(Mon) 02:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180888 
OEM向けが大多数を占めるKなしが爆熱だと困るわけで,この結果は妥当ででは?爆熱ということにしておきたい人達もいるようですが.
2021/04/12(Mon) 07:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180890 
デフォルトでも発熱はそこまでと言った感じですね、思ったよりは悪くない
2021/04/12(Mon) 08:09 | URL | LGA774 #EBUSheBA[ 編集]
180899 
Rocket Lakeのベンチマーク記事で、ちはやローリングを使っているのはなかなか無いな。
2021/04/12(Mon) 19:37 | URL | LGA774 #/UMzWi8Y[ 編集]
180910 
クロックと電圧を落とせば使えそうですね。
コスパやワッパは悪いかもですが。
2021/04/13(Tue) 10:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180912 
うーむここまで擁護できる要素がない製品も珍しいぞ
これはまだ条件がマシなComet10c対Rocket8cで
価格帯的にComet8cと比較対象になるRocket6cだとさらに苦戦しそう

これでComet14コア以上相当のダイサイズってのもヤバいし
なんでこんな商品にGoサイン出たのか…

IrisXeだけバックポートして
Skylakeと組み合わせるだけでよかった気がする
CPUバックポートするにしてもTremontのほうが売れた可能性が高いような
JasperLakeが遅れて教育市場向けはかなりarmに侵食されてるし
2021/04/13(Tue) 13:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180913 
前から疑問なのですが
Kなし CPU の場合 PL1, PL2, Tau は
Intel Extreme Tuning Utility を使わないと変更できないのでしょうか
BIOS からでも変更できますか
2021/04/13(Tue) 16:43 | URL | LGA774 #sqCyeZqA[ 編集]
180916 
Bulldozerもシバかなければ熱くない
通常用途で200W食うことはない
…とか、しょうもないところで頑張っても見向きはしませんよ
2021/04/13(Tue) 19:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
180927 
>180916
イニシャルコストが安ければ別にそれで全然構わないけど
はっきり言ってRocket Lake-S導入の最大の障害は値上げされた価格設定
2021/04/13(Tue) 23:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
181007 
短時間ブーストでも電源ユニットとクーラーは大きめの買っておいた方が良さそうだな。
パワーリミット絞って性能25%落とすぐらいならRyzenの方がまだ電力効率良い。
2021/04/16(Fri) 17:23 | URL | LGA774 #mQop/nM.[ 編集]
181143 
>演算スコアを出さない負荷テストは、当然のように電力制御で絞ってくるでしょう

そんな中華スマホメーカーじゃないんだから。陰謀論もいい加減にしてくれ
2021/04/21(Wed) 16:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)