北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
◇“Raphael”のEngineering Sampleが出現する
AMD’s Ryzen 7000 Zen 4 16-Core, 8-Core CPUs Break Cover(Tom's Hardware)
AMD Ryzen 7000 “Zen4 Raphael” 8-core and 16-core engineering samples have been spotted(VideoCardz)
Alleged AMD Ryzen 7000 ‘Zen 4’ 16 Core & 8 Core Desktop CPUs Spotted(WCCF Tech)
午前6:41 · 2022年1月8日(Benchleaks@BenchLeaks)
コンピュータ 911833(MilkyWay@home)
コンピュータ 912263(MilkyWay@home)

AMDはCES 2022で“Zen 4”世代のRyzen―“Raphael”ことRyzen 7000 seriesを明らかにした。
そのRyzen 7000 seriesだがBOINCプラットフォームで動作するMilkyWay@Home projectにそのEngineering Sampleが出現した。


確認されたのは以下の2種類のEngineering Sampleである。
 
  ・AMD Eng Sample: 100-000000666-21_N (8-core/16-thread)
  ・AMD Eng Sample: 100-000000665-21_N (16-core/32-thread)

Raphael 8-core ES (2022年1月9日) Raphael 16-core ES (2022年1月9日)

どちらもFamily 25 Model 96 Stepping 0となっており、“Vermeer”のFamily 25 Model 33や“Cezanne”のFamily 25 Model 80とも異なる。コア数がそれぞれ16と32になっているが、スレッド数が認識されている模様で、実際は8-core/16-threadと16-core/32-threadとなるようだ。

奇妙なのがキャッシュで1024KBと表示されている。これだけだとどの階層のキャッシュを示しているかわからないが、Tom's HardwareによるとRyzen 9 5950Xではこの部分は512KBと表示されているため、1-coreあたりのL2 cacheだろうと推定されている。1MBになったとすると“Zen 4”はL2 cache周りに変更があることが推測される。単純に考えればL2 cache容量が倍増したとしたいところだが、WCCF Techの記事の下の方にあるように、2つのコアが1MBのL2 cacheを共有している可能性も捨てきれない(当該の図のようになるのかは現時点ではなんとも言えない)。最近のCPUはコア毎に独自のL2 cacheを有するものが多いが、“Alder Lake”のE-coreである“Gracemont”は4-coreで共有のL2 cacheを有する。AMDでも“Bobcat”や“Bulldozer”の系譜は前者は最大4-coreで、後者は2-core/1-moduleで共有するL2 cacheを搭載していた。

いずれにせよ、このCPUが既存のどのAMD CPUのものではないことがわかる(もちろん発表されたばかりの“Rembrandt”でもない)。



◇SocketAM5で16-core超のCPUが出る可能性?
AMD’s 170W Zen 4 Mystery: Will AM5 support 32 Cores? Is there a Mega APU?(Moore's Law Is Dead / YouTube)

Moore's Law Is Deadが16-core超のAM5 CPUの可能性について述べている。以前にもMoore's Law Is DeadはSocketAM5で24-coreの可能性を述べていたが、今回は32-coreの可能性について述べている。

SocketAM5は170Wまで対応できるとされているが、Moor's Law is Deadはその170Wの製品に24-coreや32-coreが来る可能性を述べている。
しかしそれが“Zen 4”なのか“Bergamo”に用いられる“Zen 4c”なのかという議論がある。

170W AM5 CPUについてMoor's Law is Deadは2つの情報を示している。そしてそのどちらも16-coreモデルは120Wと述べている。170Wの製品については「通常のRyzenとは異なる」あるいは「もう1つとは異なる特別な製品」と記されている。
All core 5.00GHzで動作するのものではないかという見方も一部ではあるようだが、Moor's Law is Deadは多コア製品の可能性を示しており、そのコアが“Raphael”の“Zen 4”とは異なるもの―“Bergamo”で用いられる“Zen 4c”ないしはMoor's Law is Deadが過去に示した“Zen 4D”(“Zen 5”世代のLittle Coreとして用いられるコアとして紹介されたもの)ではないかとしている。背景として同時期のIntelが“Raptor Lake”で8 P-core + 16 E-coreの24-core/32-threadの製品を投入してくるためで、Multi-thread性能でこれに対抗したい狙いがあるとしている。

ただ、いずれの場合も“Raphael”とは異なるものになるようで、その登場時期も2023年になるようだ。

後半の方で32 CU+Infinity Cache 32MBを搭載した“Mega APU”の可能性について触れているが、どこから出てきた話かはよくわからず、出るとしてもだいぶ先の話になりそうな雰囲気である(5nm? “Zen 5”世代??)。

・・・大外れして“Zen 4”世代のRyzenもやっぱり16-coreまででしたというオチもあるだろうが、一応こんな観測もあるということで(正直、今の時点だと与太話の域を出ない印象)
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
185506 
>>同時期のIntelが“Raptor Lake”で8 P-core + 16 E-coreの
20-core/28-threadの製品を…

"24-core/32-thread"じゃないか?
2022/01/09(Sun) 17:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185507 
メインストリームでは16コア以上あってもソフトウェア側が追い付く素振りすら見せない以上、無意味に思えるが…
2022/01/09(Sun) 18:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185508 
>32 CU+Infinity Cache 32MBを搭載した“Mega APU”の可能性

これやばい
出たらようやくPascal以前が一掃されそう
2022/01/09(Sun) 19:16 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185509 
ブランドイメージ対策でやらざる負えないのかな?
多コアではRyzenの衝撃が凄かったけどまさか立場が逆転するとは…(と言ってもスリッパあるからAM5でやらなくても良さそうなんだけど
2022/01/09(Sun) 19:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185515 
>>185507
コア数を増やせば増やすほどあらゆる用途でそれに比例して速くなる筈
そうならないのはソフトウェアが対応してないからだと考える人は何故か多いんだけど
実は沢山のコアを使う事自体は別に難しい事ではないのよ

ただ処理をどれだけ並列化できるかという事が問題で出来ない部分はどれだけコア数を増やそうが速くならない
だから沢山のコアが効き易いものとそうでないものがあったりシングル性能が重要だったりする

つまり例えプログラム内の僅かな部分でも速くなるなら無意味という訳では無いんだよ(コスト増に見合うかはともかく)
2022/01/09(Sun) 20:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185516 
ソフトは使わなくても、OSが処理をうまく割り振ってくれるからきっと…
2022/01/09(Sun) 20:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185518 
ES品でBOINC回す奴はどんな神経してるんだろう…、故意リークか?

3~4ダイ載せるというのは物理的にまず無理だろうからZen4cのみがまともな可能性か。
だがEPYCに使うような石(しかも完動品)をデスクトップに回せるほど生産量に余裕があるとは思えない。

それよりは片方のダイをGPUにした恐るべきAPUを期待するが、これもマルチダイと噂のRDNA3が巨大ダイを使うようだから可能性はほぼなさそう。

>185507
DCCツールは可能な範囲は概ねマルチスレッド効くしGPGPU対応も進展している。
スリッパやEPYC載せた高価なWSでなくても現実的な工数で作業が出来るなら恩恵は大きい。
2022/01/09(Sun) 21:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185521 
自分の用途では正直過剰な多コアやEコアは要らない派なので
6コアor8コアモデルのデキとコスパに期待
その上でこれが出た頃に費用対効果でalderかzen4の良い方に買い換えたいな…
2022/01/09(Sun) 23:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185522 
>32 CU+Infinity Cache 32MBを搭載した“Mega APU”の可能性

かつてのGT3 (eDRAM)やKabylake-Gを彷彿とさせて面白いなぁ
価格設定次第ではライトゲーマー向けにバカ売れしそうね
搭載したノートPCやミニPCで溢れかえりそう
2022/01/10(Mon) 01:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185526 
ATOM系のコアは3次キャッシュ持ってないから2次キャッシュでの共有は必要だった
強力な3次キャッシュを持つZEN系で2次キャッシュでの共有が必要かは疑問
2022/01/10(Mon) 10:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185531 
PS5pro向けのAPUはどの世代になるのかな
2022/01/10(Mon) 13:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185532 
Infinity Cacheは早くhUMAでも使えるようになって欲しいものですね
折角の素晴らしい技術でもあるのか無いのか分からない単体GPUでしか使えないのは勿体ない
2022/01/10(Mon) 18:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185533 
185507です、ツッコミは貰ってると思っていましたが、やっぱ現時点で使いこなせる環境が限定的である事は事実ではないかなと。
intelが長らく8スレッドで留めていたのを良しとは思いませんが、16以上あってもソフトウェア側が追い付けないなら他に注力してほしい…
特にintelが性能で抜き返してきた以上、AMDには必要なサイズ、必要な性能を冷静に見極めてほしい
2022/01/10(Mon) 18:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185534 
何が「実は」かわかりませんが、沢山のコアを使う事は簡単ではありません
2022/01/10(Mon) 20:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185537 
>185515
いや、CPUがトータルで使える電力上限が決まっているのだから
コアを増やせば増やすほど速くなるなんてことはないな

同じ消費電力枠でコアを増やすとコア間のバスに食われて
コアが使える分が減るまである
2022/01/11(Tue) 08:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185540 
>185506
もはや令和の鶴亀算だなw
2022/01/11(Tue) 08:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185544 
>> 185515
訳が分からないトンデモ理論ですね

メモリコピーなどが増加するなど非演算部分のボトルネックが増えることも明らかなのになんでこのようなトンデモ理論になるのか。
2022/01/11(Tue) 12:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185546 
>32 CU+Infinity Cache 32MBを搭載した“Mega APU”の可能性
これがZenFour Maxであるか^^
2022/01/11(Tue) 18:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185554 
>185533
今が足りなくても足りなくなってから追加すると、必要分が満たされるまで数年以上のブランクが開くよ
古くはISA辺り。新しくはSSDドライブが出てしまったSATAの帯域
某「2番ではダメなんですか?」理論に似た話は結果的に全体の性能停滞しか招かないので害悪でしかないですね

そもそもで素人が心配するよりも企業側は要不要をシビアに判定している。判定しているが結果が凶と出るか吉と出るかは別の話
それにIntelが抜きんでたといっても、一年以上差がある新製品が旧製品より性能が出るなんて当たり前の話だし、出なかったらそれはもうアレ
一時期のAMDみたいになんか完全にうだつの上がらない状態でシェア駄々下がりよ
そして抜きんでたと言っても、性能を出すためにあの消費電力が必要だったならば、あんなに無駄にコアを増やす必要性があったのかなどと考えることが多いのはIntelかな?
2022/01/12(Wed) 10:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185564 
>>185534
使うだけなら本当に簡単にできる

>>185544
ボトルネックが増えようがコア数増加させた方が速くなるから現実に増やしてるんだろうって話
2022/01/13(Thu) 18:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185566 
>>185533
185518の人が言ってるようにクリエティブ系については既に恩恵受けれるわけだよね。
コードのコンパイル、ビルドにしたってそう。
それ以外の一般用途の重たい処理で6、8コア止まりっていうのは、要はゲームのことだと思うけど、
ゲームの場合、前述のケースのようには単純にはいかないにしろ、大手製についてはIntel以前に、
家庭用ゲーム機のハードを前提に開発されていることが、一番大きく影響してるんじゃないかと思う。
(それに、メジャー路線はCPUヘビーよりもGPUヘビーなゲームばかりだしね。)
2022/01/13(Thu) 21:08 | URL | LGA774 #etbdVEto[ 編集]
185567 
>185533
べつにメインストリームで一番コアの多いのを買わなきゃいけないなんてことは無いでしょ。
4コアや8コアで十分な用途も、32コアでも足りない用途も現実にあって夫々対応製品がある。
必要なサイズだの性能を見極めるのはユーザがすること。
2022/01/14(Fri) 00:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185582 
>185567
ガチの科学演算系などは「コア足りない。計算遅いよ」なんて喚いていそう
そういう人たちは自分でプログラムも組んでいそうですが
2022/01/14(Fri) 10:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185583 
>185564
並列性や独立性があるジョブをマルチユーザで走らせるからEPYCのメニーコアが生きる
一方でWSやDTはシングルユーザがインタラクティブに操作するものだから
ジョブ数は限定的で並列性は個々のプロセスのスレッドくらいにしか期待できない
4Cと32Cでスループットが同じなのを32C「使ってる」なんて恥ずかしすぎて口にできん
2022/01/14(Fri) 10:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185590 
185564
あらゆる用途で早くなる訳では無いって結論出てる。
だからトンデモ理論と指摘しただけです。
早くなる用途もあるからコアが増えているだけです。
再度ですが、あらゆる用途で早くはなりません。実例もいくらでも出ています
2022/01/14(Fri) 20:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185593 
どうせDTではソフトウェア複数同時起動させるし16Cくらい簡単に使える人も多い
2022/01/14(Fri) 23:48 | URL | LGA774 #djiDnZP2[ 編集]
185624 
無駄にコア増やしたって早くなる用途は限られている訳だがな
メインメモリを共有してる以上スパコンみたいにはいかんだろ
だからIPC上げたりクロック上げてるんだよ
それだって演算能力以外がシステムのボトルネックになってんのにな
CPUアップグレードよりHDDをSSDにした方が快適になるって今時常識だろ
2022/01/16(Sun) 15:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185629 
>>185593
16C以上を前提に書かれたソフトウェアなら簡単に16Cを使いこなせる。
そうでないものを複数同時起動したくらいでCPUが全負荷なんてことは無いよ。
タイミングを合わせれば故意にそうなるようにはできるけど
2022/01/16(Sun) 21:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185630 
動画エンコードにしても複数の動画を並列バッチ処理に掛ければ簡単確実にコア数でスケーリングするからな。
下手な理屈を振り回して評論家気取りするより、目の前のメニーコアを生かすにはどうするかを考える方が有意義で有益…と言うより、前者の発想からは何一つ利益を得られず、主張する価値がない。
2022/01/16(Sun) 21:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185644 
個人的にはなんで使い切ろうとしてるのかが謎です。
アプリなどの開発側ならともかく1ユーザーレベルならコア数にしろメモリ容量にしろ余裕を持たせたほうがいいのに
2022/01/17(Mon) 11:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185657 
>185630
動画はエンコーダが1ストリームで4コアくらいまでしか効率よく扱えないみたいな中途半端なマルチ化されてますからその通りですね。
無編集でただトランスコードするだけのファイルが都合よく大量にないとスケーリングしませんけど。

>185644
8コア以下で使うなら*950Xより*800Xのほうがブーストの差分だけ性能良いですからね。
2022/01/18(Tue) 01:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)