北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
 
  • 1レーンあたり最大64GT/sのデータレートを実現し、16レーンの場合は最大256GB/sの転送速度を達成。
  • Pulse Amplitude Modulation with 4 levels (PAM4) 転送を採用。またPAM4転送をサポートするFlow Control Unit (Flit) ベースのエンコードを使用し帯域を拡大。
  • 帯域の拡大に伴うエラー抑制のためForward Error Correct (FEC) やCyclic Redundancy Check (CRC) 機能を採用


昨年後半に“Alder Lake-S”がPCI-Express 5.0対応製品として登場したばかりだが、早くもPCI-Express 6.0規格が正式に公開された。PCI-Express 5.0の最大2倍となる転送速度を実現している。データエンコード周りに変更が加わっているが、これまで同様PCI-Express 5.0以前との後方互換性は維持されている。

PCI-Express 6.0を実際に採用した製品がいつ出てくるかは現時点では明示されていないが、PCI-Express 5.0が2019年5月下旬に規格策定されて、その約2年半後に“Alder Lake-S”が登場したことを考えると、おおよそ2~3年後―2024~25年頃に対応製品が出てくるものと推定される。

Intelであれば“Meteor Lake”の次位、AMDであれば“Zen 5”の世代がギリギリ間に合うか間に合わないか位の頃合いだろうか。


コメント
この記事へのコメント
185568 
いいね。どんどんやっちゃってー。7もこの調子でお願いしたい。
2022/01/14(Fri) 03:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185570 
とうとう振幅が4値に。M/Bの価格がつんと騰がらなきゃいいが。
2022/01/14(Fri) 03:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185571 
CPUの開発スパンを考えると
Nova LakeやZen 6ぐらいじゃないかな
2022/01/14(Fri) 03:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185572 
PCIEの帯域が増えるとresizable barの効果も上がるんですかね?グラボのPCIE対応バージョン次第ですが
2022/01/14(Fri) 05:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185579 
一般用途としてはあんまり関係無いですね
グラボへの影響はほぼ無いですから
2022/01/14(Fri) 09:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185584 
これをテストできるオシロスコープはどんな値段になるんだろうか…
2022/01/14(Fri) 10:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185585 
そろそろ光ファイバで実装したほうが安く上がりそうだな
2022/01/14(Fri) 11:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185589 
ConnectじゃなくてCorrectですね
2022/01/14(Fri) 16:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185591 
もうローエンドはpcie6.0×1で作れそうだな
2022/01/14(Fri) 21:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185594 
現状ストレージとネットワーク、あともしかしたらメインメモリくらいかな
2022/01/15(Sat) 01:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185595 
>>185584
オシロスコープは帯域10倍必要でしたっけ。
プローブだけでん百万とか?
2022/01/15(Sat) 05:48 | URL | _ #-[ 編集]
185608 
8kの帯域DP1本で足りるようになる?
2022/01/15(Sat) 15:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185619 
forward error collectionですね(fec)。
2022/01/15(Sat) 21:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185621 
5nmで作っても消費電力がすごかったりして
2022/01/15(Sat) 21:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185623 
> 185595
波形見るだけなら帯域は見たい信号の倍あればいい。
でもまぁ、高調波も見ないといけないし、5次高調波まで見るなら5倍はいるよね。
結局10倍は欲しくなるな。
2022/01/16(Sun) 14:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185625 
PCIe4.0x4のSSDが大体実測7.4GB/sくらいなので、簡単のため
7.5GB/s=60Gbps
として、帯域的には
PCIe4.0x4=PCIe6.0x1
なので、PCIe6.0x16の実測上限は、
60x16=960Gbps
くらいか
基幹スイッチでは800GbEも今後導入されるだろうし、960Gbpsくらいはあってもまぁおかしくはない
にしても、PCIe2.0x16の実効帯域が7.5GB/sもあったかどうか微妙なくらいなので、PCIe2.0x16で足りていた用途に関しては、PCIe6.0x1でも何の問題も無いという現実
PCIe6.0x1で50GbEすら充足出来てしまう
PCIe6.0x4なら200GbEすら行ける
もうレーン数は殆どの用途で必要無くなると思われる
2022/01/16(Sun) 15:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185626 
いやいや、PCIE5用の測定につかうオシロの本体のみ3000万ぐらいですよ。
信号生成とか一式そろえると1億円ぐらい。
PCIE6用はまだ対応機器が無いけど、たぶんハード側はPCIE5と同じオシロでソフト追加だけで行けると思う。
2022/01/16(Sun) 16:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185628 
> オシロ
まぁたいていの会社は開発用はリース会社からレンタルすると思うよ。
レンタル費用は月十万~百万以上だろうけど。
買うと資産になっちゃうし、保守費用もかかるし。
ラインに組み込む場合は買うと思うけど。
2022/01/16(Sun) 20:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185635 
x16もいらないとして小さいM/Bできそう
2022/01/17(Mon) 00:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185648 
>185591 
>もうローエンドはpcie6.0×1で作れそうだな

このx1のためにCPUもマザボもPCIe6.0の信号帯域に対応するフル規格が要求されるって
ローエンドでもさっぱりコストダウンできる気がしませんね
2022/01/17(Mon) 16:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185652 
ベンチの数字は上がるけど、SSDの体感は変わらなさそう。SATAやgen3でも十分早いから。GPUのレーン削減には役に立ちそうではある。
2022/01/17(Mon) 16:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185653 
ここまで広帯域になると一般向けCPUではx8程度までしか実装されなくなるかもね。
その分コストと実装難易度が下がるだろうし(販売価格が下がるとは言ってない。)
逸般の誤家庭用途には寂しくなりそうだけど。
2022/01/17(Mon) 17:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185680 
M.2 2280がPCのメインストレージになってきた。

小さいし電源ケーブルやデータケーブルいらずなのはとっても素晴らしいんだけど、マザボ上の実装面積を食っちゃうのが痛い。SATAだと8ソケット用意してもマザボ的には大した面積じゃないけど、M.2SSDだと頑張っても3~4枚分くらいかな?

U.2にすれば増やせるけどドライブがでかくなっちゃうしケーブルも必要になる。
PCIEのAICにすれば実装面積いらずでケーブルも不要には出来るけど、PCIEソケットにかなりの帯域が必要になる。
DIMM.2は良さそうだけどASUSの上位板でしか見かけないしDIMM配線だから実装場所も制限がきつそう。
ダブルデッカー、トリプルデッカーにすれば枚数稼げるけど排熱が大変そう。

PCIE6や7の頃には良い解決策が出てきてるといいなぁ。
2022/01/19(Wed) 01:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
185682 
※185653
x8すらも怪しいんじゃ無いかなあ。M.2とかUSBのx4が多分上限になるんじゃ無いかと。x8x16の一般用途がほぼグラボオンリーですからそこの必要さえ無ければ他の規格はほぼx4以下。
CPUから出てるx16だってグラボx4汎用x4にM.2x2くらいの方が便利そうだし
2022/01/19(Wed) 13:23 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/11219-164880c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック