北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel’s unreleased Xeon “Sapphire Rapids” CPU has been delidded by “der8auer”(VideoCardz)
Intel Xeon 'Sapphire Rapids' CPU delidded by OC and modder 'der8auer'(TweakTown)

ドイツのオーバークロッカーであるder8auer氏が“Sapphrie Rapids”のサンプルをeBayで入手し、早速そのヒートスプレッダを剥がしてみせた。

使用されたサンプルは“Xeon vPRO XCC QWP3”と刻印があるものである。最大56-coreと推測されるが、このサンプルのスペックは不明である。
今回、ヒートスプレッダを剥がしたのは“Sapphire Rapids”の構造や個々のチップレットを観察するためである。
 


以前にも“Sapphire Rapids”のヒートスプレッダを剥がした写真は出てきており、今回のも概ね同様である。

4つのCPUダイが密接して搭載されており、ちょうど「田」の字の配列を成している。これまでの情報に従えば、“Sapphire Rapids”の個々のCPUダイにはCPUコアが15-core搭載されており、ハードウェア的には4ダイで60-coreが可能であるが、冗長性を確保するため14-core×4=56-coreが最大となる。

der8auer氏はヒートスプレッダを剥がした後、個々のチップレットも剥がしてその中身を確認している。中心部にCPUコアが配置されているが16の区画があるように見える。うち1つはメモリコントローラか何かだろうか? それとも実は16-coreあるのだろうか??

またCPUダイ同士がEMIBで接続されている様子も確認されている。

今回も含めこれまでできた“Sapphire Rapids”は“XCC”と呼ばれるダイと推定される。“Sapphire Rapids”にはもう1つ“MCC”と呼ばれるダイがあるとされている。この“MCC”については極めて情報が少なく、コア数が28~36-core程度らしいという漠然とした情報しかない。この“MCC”が例えば8-coreダイ×4で構成されるのか、あるいはモノリシックなダイなのかも現時点では不明である(一時期“Sapphire Radpis”でモノリシックダイがあるという情報があったが、続報は今のところ出てきていない)。


コメント
この記事へのコメント
185602 
MCCがモノリシリックだと面白いね
2022/01/15(Sat) 12:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/11221-6989f6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック