北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
TSMC 3 nm Wafer Pricing to Reach $20,000; Next-Gen CPUs/GPUs to be More Expensive(techPowerUp!)
DigiTimes: TSMC 3nm wafer price breaks $20,000. (RegiredEngineer(R)@chiakokhua)
消える100ドル未満のプロセッサ(Impress PC Watch)

DigiTimesの報道によると、TSMCの3nmプロセスのウエハの価格は$20000に達するという。この価格は5nmの1.25倍となる。
TSMCは7nmプロセスのウエハを$10000で提供していたが、5nmでは$16000にコストが上昇した。そして最新の3nmではとうとう$20000に達する。しかし、TSMCは持続的に革新をもたらし続けており、顧客はTSMCの最先端プロセスのウエハを購入し続けるだろうと見込まれている。
 
価格の数字がどこまで正しいかは不明だが、最先端プロセスのウエハの価格が上昇傾向であることは間違いないようである。

そしてTSMC 3nm世代の顧客としてはAMDやNVIDIA、Intel等々最先端プロセスを要求するチップメーカーが名を連ねることになり、TSMCのプロセスの開発状況に最先端半導体製品は大きく左右される状況である。

Intelのファウンダリ事業が軌道に乗れば状況は変わるかもしれないが、もうしばらくはTSMC一強の時代が続きそうだ。

価格が安くなることは望めないだろうが、何もかもがTSMC頼みの状況は健全とは言いがたいので、Intelには是非とも頑張ってもらいたいものである(Samsungもあるにはあるが、いろいろと無理そうな・・・)

パソコン工房のお得なキャンペーン



コメント
この記事へのコメント
192049 
TSMCはIntelやSamsung比べて歩留まり率が高いのも強みだし
競合が追いつくのは厳しそう
2022/11/25(Fri) 00:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
192050 
キャンセルされた"300MTr/mm2"のN3ではなく最大200MTr/mm2程度を予定しているN3Eの価格ですかね
N5がロジックだけの理想的な密度で150MTr/mm2ぐらいなので歩留まりが同程度という前提で密度だけなら辛うじてコストメリットがありそう
2022/11/25(Fri) 01:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
192051 
個人的にはIBM にも頑張って貰いたい
2022/11/25(Fri) 01:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
192052 
TSMC帝国ここにあり
2022/11/25(Fri) 01:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
192054 
諦めないで欲しいけどIntelはジム・ケラーの分析通り厳しそうですね

SamsungはGAAどころかEUVで躓いたままな気がします。QualcommやGoogle・IBM・NVIDIAとIntelよりは客掴んでEUV露光機持ってるのが強みでしょうか

ラピダス?(ヾノ・∀・`)ムリムリ
2022/11/25(Fri) 01:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/11629-8ad1761b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック