北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Exclusive: Intel ‘Sapphire Rapids’ Xeon W3400, W2400 And W790 Chipset Launch Date And More(WCCF Tech)
Intel Xeon W-2400 Workstation/HEDT CPUs are launching in March, reviews on February 22nd(VideoCardz)

先日、サーバー向けの“Sapphire Rapid-SP”―第4世代Xeon Scalable Processorが解禁されたが、ワークステーション向けの“Sapphire Rapids-112L”と“Sapphire Rapids-64L”―それぞれXeon W 3400 seriesとXeon W 2400 seriesのローンチも近い時期に予定されている。

Xeon W 3400 seriesとXeon W 2400 seriesはともにLGA4677 socketを用い、対応チップセットはIntel W790となる。
Xeon W 3400 seriesはExpert 1S Workstation platfromとも呼ばれ、メモリは8ch DDR5-4800までに対応、PCI-Express 5.0を112レーン搭載する。XCCダイが使用され、最大コア数は56-coreで、TDPは最大350Wである。
一方、Xeon W 2400 seriesはMainstream Workstation platformと位置づけられ、メモリは4ch DDR5-4800までの対応、PCI-Express 5.0のレーン数は64である。MCCダイが使用されると言われており、最大コア数は24-coreの見込みである。


そしてこれらのスケジュールであるがXeon W 3400 series, 2400 seriesともに情報解禁は2月15日、レビュー解禁が2月22日である。
そして販売解禁はXeon W 2400 seriesとIntel W790チップセットが3月8日から22日の間、Xeon W 3400 seriesは4月12日から26日のどこかとなる。
 
サーバー向けの“Sapphire Rapids-SP”は1月10日に正式発表され、サーバーメーカーからは“Sapphire Rapids-SP”搭載サーバーの販売も開始されている。

またSupermicroのWebサイトを見ると“X13~”で始まるLGA4677マザーボードのラインナップが確認できる。

今回はワークステーション向けの“Sapphire Rapids”の話題であるが、一部のラインナップはHEDT向けも兼ねるのでハイエンドデスクトップユーザーにも関係のある話である。

スケジュールは以下の通りである。

Date
2月15日情報解禁。おそらくこの日が発表日?
2月22日レビュー解禁
3月8~22日Xeon W 2400 seriesとW790チップセットの販売解禁
4月12~26日Xeon W 3400 seriesの販売解禁


過去の情報ではXeon W 2400 seriesとW 3400 seriesはマザーボードの共用が可能である模様だ。ひょっとすると第4世代Xeon Scalable Processorも載せられるかもしれない。

かつてのようにHEDT向け市場が活性化することを期待したい。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
193501 
若干幅のある発売日も今月15日には確定しそうですね.
昨年12月HXL氏のリークにExpert 2S WSの名でSPのラインナップがあったので載せられる可能性は高いように思います.
3年以上更新のなかったこの市場も久々に盛り上がってほしいところです.
2023/02/05(Sun) 08:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
193530 
こっちはサーバー向けとは違って新型のZen4 Threadripperがまだ出てないから、しばらくは天下取れそう
2023/02/05(Sun) 19:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)