北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Changes Meteor Lake Naming: "i" Removed From "i9", new Core "Ultra" Brand(TechPowerUp)
(AnandTech)
Intel’s new branding for Meteor Lake Core CPUs revealed(VideoCardz)
Intel's New Core Ultra Branding Drops the i, Looks Like AMD's Ryzen(Tom's Hardware)
Intel、新ブランド「Core Ultra」発表。“i”表記は廃止(Impress PC Watch)
Intel Announces Major Brand Update Ahead of Upcoming Meteor Lake Launch(Intel)

Intelは6月15日、15年間続いてきたコンシューマ向けCPUのブランドを変更することを発表した。
新しいブランド体系では“Core”の名前は引き継がれるが、これまでCore i7やCore i5等で用いられてきた“i”は廃止される。そして“Core”のブランドは二系統に―“Core Ultra”と“Core”に分けられる。そしてその後にグレードを現す数字が続くが“Core Ultra”の場合は5, 7, 9が使用され、“Core”の場合は3, 5, 7がつけられる。


また今後は世代を前面に押し出さなくなる。これまでは第13世代Core processorのように呼んでいたが、今後は第○世代Core Ultraあるいは第○世代Coreのような呼称は表だっては使われなくなる。
 
“The Most Significant Brand Update in 15 Yeras”というスライドに今回のブランド体系変更の内容が書かれている。主に第○世代の扱いについての記載がこのスライドにある。

  • 新体系では製品の世代をCoreブランドの前に持ってくることはしない。
  • 一方で製品の世代の区別は全てなくなるわけではなく、Processor numberで表記される。(例:14700H)
  • この新体系は“Meteor Lake”より適用され、後々は全てのクライアント製品に適用される


第1世代Core Ultraあるいは第14世代Coreのような呼び名は行われなくなるが、Core 7 14700H(適当)のように型番は製品の世代がわかるものになるようだ。

そして新たなブランドは“Core Ultra”と“Core”である。

まず“Core”は“Core i”ではない。“i”が廃止されよりシンプルに“Core”となる。CoreブランドはCore 3, Core 5, Core 7の3種類である。こちらは“Meteor Lake”より適用されるとある。

“Core Ultra”はおそらく“Core”の上位ブランドだろう。Core Ultra 5, Core Ultra 7, Core Ultra 9の3種類が用意される。こちらは2023年下半期より適用開始とある。

さらに細かい内容がITHomeに記載されている(若干怪しげな部分はあるが)

Intel launches Core Ultra brand, new name for next-generation Meteor Lake processors(ITHome)

まずCore Ultra 9, Core Ultra 7, Core Ultra 5の名前が使われるのは“Meteor Lake”となる。“Meteor Lake”がCore Ultraの第1世代となる。第1世代Core Ultraのように呼ばれることはないだろうが、ナンバーは第1世代を意識した付番となりそうだ(1000番台?)。

続いてCore 3, Core 5, Core 7であるが、適用されるのは“Raptor Lake U Refresh”からとなっている。IntelのスライドではCore 3, Core 5, Core 7の適用は“Meteor Lake”からと明記されているので、この部分に齟齬が発生している。何にせよ、(“Meteor Lake”か“Raptor Lake-U Refresh”かはわからないが)次の世代のMobile processorからCore 3, Core 5, Core 7のブランドが適用される。世代としてはCore Ultra同様第1世代となり、ナンバーは第1世代を反映したものとなるだろう。

一方デスクトップ向けの“Raptor Lake-S Refresh”とハイエンドMobile向けの“Raptor Lake-HX Refresh”については第14世代Core i processorとなるらしい。これらが新ブランド体系となるのは“Arrow Lake”からとなるだろうか?

Core 3, Core 5, Core 7の部分が怪しいが、新ブランド体系が“Meteor Lake”が投入されるMobile CPUからになること、“Meteor Lake”はCore / Core Ultraの第1世代となること、デスクトップ向けの“Raptor Lake-S Refresh”は新命名体系の適用外となって第14世代Core i processorとなる可能性があることを抑えておけばいいかもしれない。

ひょっとすると“Raptor Lake-S Refresh”は最後の“Core i”になるのかもしれない。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
195820 
言ってしまえばAMDのモバイルプラットフォームのような命名規則になるのかな?
2023/06/16(Fri) 00:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195825 
今までリネームしてでも世代だけは進めてきたのに
世代を前面に押し出さないブランド戦略ってモデルナンバー導入以降で初めてかも
2023/06/16(Fri) 01:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195827 
このタイミングでブランド名変更ってことは、Intelにとってチップレット導入が大きな変革ということか
てっきり新アーキのLunar Lakeから変更が入るかと思ってたから意外
2023/06/16(Fri) 05:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195828 
これ高電力モデルと低電力モデルで使い分ける感じになるのかな?
H系がCore Ultra、その他がCoreみたいな
デスクトップに適用する場合はKモデルがCore Ultra、無印モデルがCoreに移行するのかな?
正直モバイルは電力枠でごちゃごちゃしてるから変える意味もあるかもしれないけど、デスクトップはそのままでいい気がw
2023/06/16(Fri) 06:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195829 
AMDのモバイルネーミングスキームとはまた違うでしょう。言ってしまえばMTL以降は"i"がついてないモデルを買えば良いだけの話になる
2023/06/16(Fri) 06:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195830 
Raptor Refreshは公式には全然出てこないのがおもしろいな。まだ、出すのを迷っているのかそもそも存在しないのか。

Core, Core Ultraで決まりかあ。(ダサクナッタ…)

Meteorがずっと2H 2023からなのはちょっとヤバい感じが出ている気がする。そろそろ3Qか4Qかはっきりしてもいいんじゃ
2023/06/16(Fri) 07:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195833 
なんだがPentiumとCeleronの時代みたいに
2023/06/16(Fri) 08:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195836 
Intel ウルトラセブン(公式名称)
2023/06/16(Fri) 09:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195838 
>195830
Core, Core 2ときてナンダヨコアアイッテ・・・ダサ・・・
と言われていた時代があったんだよ
2023/06/16(Fri) 10:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195839 
Core Ultra 5 と Core 7 はどっちがいいんだという話が家電量販店の店頭ではされるんだろうなぁ

Ultra だったら PCIe を 100レーンぐらい外出ししてくれないかな。
2023/06/16(Fri) 12:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195841 
これ今までのi3枠もCore枠になるのかな。エントリー枠のPCでも「パワフルなCore搭載です!」という未来が見える
2023/06/16(Fri) 12:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195842 
ブランドが
・チップレット:Core Ultra
・モノリシック:Core
っていう区分けになる?それは関係ない?
2023/06/16(Fri) 13:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195843 
core u9,u7,u5で良くないか?
2023/06/16(Fri) 13:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195844 
日本のユーザーは高性能CPU信仰が無いから Core Ultra は売れるのかな?
ビジネス機・OA機・コンシューマー機みんな Core になりそうな気がする。
Core Ultra は一部の自作派だけ。

昔、営業が Pentium を売りたいのに 日本では Celeron しか買ってくれない。他の国は Celeron は目もくれられないのに、と嘆いていたけど状況が変わっていないだろうな。
2023/06/16(Fri) 14:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195845 
Ultra: 消費電力青天井とか
でないとCore付かないやつ加えて、ラインナップ多すぎ。Core 5がUltra7越えとかありそう。
2023/06/16(Fri) 14:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195847 
世代表示なくして名前長くしとけば型番読めない消費者煙に巻けて在庫処分有利だもんなぁ
2023/06/16(Fri) 15:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195854 
Raptor Lake-S の下位モデルって、実態はAlder Lake Refreshだったでしょ。なのに店頭では両方とも13世代 Raptor Lakeで素人目には区別がつけにくかった。

今後も同じような商品ラインナップだけど、商品名のUltraの有無で設計の新旧が区別しやすくなるってことか?
2023/06/16(Fri) 20:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195855 
>>195830
この先トラブルがなければQ3なのはほとんど確定してるでしょ。
単純にマーケティング部門に発売日を決める権限がないし、未知の障害が見つかる可能性は否定できないから確定が難しい。
Ryzen 7040のように事前予告された発売日直前になって1~2か月遅れなんてのもザラにあるわけで。
2023/06/16(Fri) 20:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195856 
>>195827
チップレットは商品展開の自由度が上がるから分けたくなる理由は分かる。
"Ultra 5"って何というのを説明する説の一つがiGPU強化版という説があるし。
2023/06/16(Fri) 20:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195860 
AMDみたいに判りづらい型番法則じゃ無ければ問題無い
2023/06/16(Fri) 22:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195861 
中国メディアによると、
Core i…デスクトップ・ハイエンドノート(Raptor Lake-S・HX Refresh)
Core…GPUが弱いノート(Raptor Lake-U Refresh)
Core Ultra…GPUが強いノート(Meteor Lake)
に今世代はなるらしい。デスクトップのブランドがどうなるかはArrow Lake出るまで分からんね
2023/06/17(Sat) 02:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195863 
>これ今までのi3枠もCore枠になるのかな。エントリー枠のPCでも「パワフルなCore搭載です!」という未来が見える

えっ? 今現在のCore i3もCore枠であり「パワフルなCore搭載です!」なんだけど。
その下はまだ生き残ってる「Pentium」ブランドと「Intel Processor」だから名前にCore入ってないしね。
君の見た未来では何が変わってるのかね? 何も変わってないじゃないか。
2023/06/17(Sat) 04:50 | URL | LGA774 #1wIl0x2Y[ 編集]
195864 
>言ってしまえばMTL以降は"i"がついてないモデルを買えば良いだけの話になる

ん? これ書いた人は何か勘違いをしてるんだろうね。
「Meteor Lake」世代からは"i"が付いたモデルは発売されない予定なのです。つまり予定通りにすすめば、"MTL以降"は全てが「"i"が付いていないモデル」になりますから。あなたが言うようなそんな選び方は通用しません。あなたは「全部買え」と言ってるようなもんだ。
2023/06/17(Sat) 04:59 | URL | LGA774 #1wIl0x2Y[ 編集]
195867 
>195861
じゃ性能的には当面Core iが最上位か
2023/06/17(Sat) 07:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
   GPU弱 GPU強 28W~
HSW 4x00U 4x50U 4x58U
(HSW-Rは+10~30の幅あり)
BRW 5x00U 5x50U 5x57U
SKL 6x00U 6x60U 6x67U
KBL 7x00U 7x60U 7x67U
8th 8x50U 8x57U 8xx9U GPU弱のみKBL-R、他はCFL
10th 10x10U 10x5Gy 10x8G7 GPU弱のみCML、他はICL
TGL 11x5G4 11x5G7 113x0H i3はG4、i5~i7はG7
ADL 12x5Uで一本化 12x0P
RPL 13x5Uで一本化 13x0P
14th Core? Ultra? Ultra? GPU弱のみRPL-R、他はMTL?

4th(HSW)以降、15WのGPU弱、GPU強、28W以上は下2桁で区別されてきた。
8thの際にKBL RefreshとCFLが入り交じったが、今までどおり下2桁で区別したので紛らわしかった。
10thでは10nmに進化したICLの命名規則を変え、分かりやすくした。
11th(TGL)では15Wと28WがUP3で統一され、その上に113x0Hが置かれた。
12th(ADL)以降は再び15Wと28Wが分けられ、GPUの強弱は型番からは読み取れなくなった。

14thの置かれた状況は10thと似ている。
しかし、ICLから始まった4桁型番は、それ以降のモバイルCPUの標準となったが、Ultraはどうだろう?
次世代が1つのアーキで統一されたら、全てCore Ultraになるのだろうか?
逆に、次世代がMeteor RefreshとLunarが混在とかなったら、MTL-RがCore、LNLがCore Ultraとかになるのだろうか?
2023/06/17(Sat) 10:32 | URL | 物知り #-[ 編集]
195874 
>>195844
私も販売されるPCは恐らくCoreブランドの物が大半でCore Ultraブランドの物はごく一部だと考えてるな。
ただそれはCoreブランドが一般用でCore Ultraブランドはゲーミング用などの
高性能な特別なものという考えが生まれそうだからだと思う。

それと日本でCeleron搭載PCがよく売れる理由についてだが個人的には

個人「オフィスソフトやインターネットが主でそんな重い用途に使わないから安いので十分」
法人「会計の問題で1台当たり10万円以下に抑えたい」

こういう考えが要因としてあると思う。

ところで10万円以下のPCにメモリやSSDなどを増設して合計金額が10万円を超えたPCって
会計学的にどういう扱いなんだろうか?
2023/06/17(Sat) 11:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195877 
>>195828
自作をかじってるとKつきの有無の意味ってみんなわかるけど、BTO止まりだと同じi7なんでしょって感じじゃないかな

「よくわからんけどウルトラの方がいいやつなんでしょ」ってOCする訳でもないのにウルトラの方を買ってくれる人も出るだろうし
2023/06/17(Sat) 13:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195878 
世代呼びをやめるということは、今後は相対的に旧世代となったモデルを併売するスタイルを取るのかな?
AMDは一見ややこしい(実は割と簡単)な命名規則で旧世代のCPUを併売しているけれど、こっちはどうなることやら……
2023/06/17(Sat) 13:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195880 
Celeronが日本で売れるのはIntel入ってるだけで中身知らない層が殆どだから、と
日本メーカーのコスト構造的に、少しでも安く抑えないと利益が無いから、
と思ってました。
Celeron搭載でボッタ価格なのに利益低そう。。。
2023/06/17(Sat) 14:29 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195882 
>>195844
195874 も書いてる通り日本の企業はCPUだけの話でなくPCの性能が生産性に影響するって考え方自体無いからだよ
製造業最王手でラインの時間を1秒縮めるのに苦心してるのに
今年の設計者の老朽更新PCがi3 or Ryzen3の今時HDDのノートPCで
起動に数分掛かろうがWebサイト開く度に数秒引っ掛かろうが
HDD容量不足で数10GBの解析ソフトがインストールできないと数時間悩んでも
そのままだからな
2023/06/17(Sat) 16:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195885 
Core Mみたいに黒歴史化しそう
2023/06/17(Sat) 18:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195886 
>195874
パーツ1個の値段が10万円超えなきゃOK
だもんで大学の研究室はだいたい自作機だったよ
2023/06/17(Sat) 18:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195890 
>195877
もしやUltrabook(TM)のUltra?
2023/06/17(Sat) 21:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195906 
>195885
CoreMは別に黒歴史ではなくね…?
むしろ同時期に展開されてた多コア・高クロックのAtomのが低性能でCoreMは逆に優秀だった
2023/06/19(Mon) 00:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195911 
>195877
PCの一部扱い(不可分)となるとアウト。
ただし年数経過により減価償却してきていて、その結果合計額が10万を切るならセーフらしい。
メモリ増設のとき、経理部門からそんなご指導を頂いた。
195886と異なってるけど、会社と大学は違うのかも。
2023/06/19(Mon) 02:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195913 
>>195886
それは不正な可能性が高いっすね
組物は分解して計上できないのが原則で
モニタとPCでも1組でしょって難色を示される場合もある。

ただ10万円以下のPCを消耗品つまり
耐用年数が1年未満、取得価額が10万円未満の備品として処理して
20万円以下のパーツをアップグレードとして買った場合
修繕費として処理(資産扱いにならない)ができる可能性があるので
自作やホワイトボックスが多くなるのはそういう理由かと。

償却資産税なんてさっさと廃止すればいいのにね。
2023/06/19(Mon) 08:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195914 
>195911
PCの減価償却は4年だから、24万のPCを買って3年後(資産価値が6万になった後)に3万のパーツを足すのはOKってこと?

>>195913
一括償却資産とか少額減価償却資産という措置もあるけど、やっぱ面倒だよね。
2023/06/19(Mon) 08:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
195938 
Intel、色々と厳しいのかなぁ
命名方法を変に変える時って毎回そういう時なような・・・
2023/06/21(Wed) 02:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)