北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel's 40-core Arrow Lake CPU rumored to be on shaky ground - and may not turn up until 2025(TweakTown)
Intel’s 40-core CPU Arrow Lake is rumored to be on the brink – and might not appear until 2025(Igor's Labs)

“Arrow Lake-S”で8 P-core + 32 E-core構成で合計40-coreのCPUが出るという噂が出ている。この40-core CPUは“Arrow Lake-S”の噂が出始めた最初期にあったものだが、その後キャンセルされたと言われ、最近になり復活したかもしれないなどと言われているものだ。
しかし、ハードウェア系リーク情報でおなじみのOneRaichu氏によると、Intelは確かに40-coreのCPUを第15世代Core processorとして計画していたが、実現するかどうかはだいぶ苦しいという。
 
OneRaichu氏によると、8 P-core + 32 E-coreの“Arrow Lake-S”はそもそも供給できるかどうかが怪しく、仮にどうにか実現したとしても、“Arrow Lake-S”が登場した1年後になるのではないかと推定している。
“Arrow Lake-S”は2024年後半に予定されている。仮にこの通りに40-core CPUが登場すると仮定すると、その予定は2025年のどこかになる。


8 P-core + 32 E-coreの“Arrow Lake-S”の噂は最初期から出ては消えている。最近はMoore's Law Is Deadからの情報が記憶に新しいが、そのMoore's Law Is Deadも「噂された8 P-core + 32 E-coreの“Arrow Lake-S”が復活したっぽいよ。よー知らんけど」というようなスタンスで、割と怪情報の扱いであった。

今回はこれに対するOneRaichu氏の情報(?)である。
同氏によると一応8 P-core + 32 E-coreの計画は存在するが、難航しているようである。そして実際に世に出るかどうかはだいぶ怪しく、仮に出たとしても、“Arrow Lake-S”が登場してから1年後になるのではないかと述べている。

8 P-core + 32 E-coreの登場時期の例えに“Coffee Lake-S Refresh”のCore i9 9900Kが持ち出されているあたり、もし出るとすればまず8 P-core + 16 E-coreまでの“Arrow Lake-S”が2024年に登場し、その後2025年に“Arrow Lake-S Refresh”(?)という形で8 P-core + 32 E-coreまでにラインナップを拡大して出てくるという流れを想定しているのかもしれない。先のブランド体系変更で製品名がどうなるかは読めないが、Core iのまま推移したと無理矢理仮定すると8 P-core + 16 E-coreまでの2024年の“Arrow Lake-S”が第15世代、8 P-core + 32 E-coreが出てくる2025年の“Arrow Lake-S Refresh”が第16世代とでもなるのかもしれない。

OneRaichu氏からは“Arrow Lake-S Refresh”という言葉は出てきていないので、このあたりは私個人の勝手な推測である。もちろん2025年のもう少し早い時期に8 P-core + 32 E-coreが8 P-core + 16 E-coreの上のモデルとして第15世代の上に据えられる可能性も無いわけでは無い。

・・・そもそも15世代・16世代の前に、世に出ずお星様になる可能性も十分あるわけで、今回の話も正直与太話の域を出ないだろう。

せっかくTile architectureへ移行するのだから6 P-core + 8 E-coreのCPU tileを2個くっつけて12 P-core + 16 E-coreにしたらいかがだろうか、と素人は考えてしまうが、Intelはコンシューマ向けにおいてはCPU tileのマルチダイというのはやらない方針だろうか?(AMDほど、ダイの種類を減らさなくてはいけない状況でもない、というのは確かだが)
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
196041 
8P32EもあればAMDの16コアにマルチスレッド性能で上回るだろうけど、どんなパワーユーザーをターゲットにしているんだろうか。
Xeonの顧客をさらに奪いかねないから、AMDが24コアをコンシューマーに持ってこない限り実現しなさそう。

SoCタイルに2e載せてきたから、非対称なダイでもいけるのかも
たしかFoverosの都合でマルチダイができないと記憶しているから、次世代Foverosで8Pと32Eに分けたダイを作りそう
2023/06/28(Wed) 07:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196044 
CPUタイルがTSMC N3なのか、Intel 20Aなのかの方も気になります
2023/06/28(Wed) 12:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196045 
Zen5が8+16の48スレッドになるなら
Arrowlakeも8P+32Eの48スレッドくらいないと釣り合わない気がするんだけどどうなんだろう?

Pコアのシングルスレッド性能でよっぽど差があるとかならそこで差別化できるかもしれないけど
2023/06/28(Wed) 13:52 | URL | LGA774 #wLMIWoss[ 編集]
196049 
CPUタイルが大きくなりすぎて歩留まりが悪いんだろうか?
それともコアを並列しすぎると問題があるのか?
2023/06/28(Wed) 20:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196051 
>>196041
現行Foverosだとできないというか、CCX/CCDまたぎレベルの遅れが生じて、今のところIntelはそれを嫌っている、という感じかな。デュアルソケットよりはマシではあるとは思う
2023/06/28(Wed) 20:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196054 
8P+32Eはともかく、Pコア:Eコア=1:4の構成って、実はそれなりに合理的な構成だと思う。

但し、最適点が必ずしもモバイル向けになっていない点が問題だが。
何というか、効率と言っても、一定の電力で最高パフォーマンスを狙う構成。
2023/06/28(Wed) 22:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196055 
8+32と言うと8コア+8クラスタなんだよなあ。同じ面積なら10コア+6クラスタとか12コア+4クラスタとかのがバランス良さそうにみえるんだよなあ。
2023/06/28(Wed) 22:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196056 
PとEの比率が極端に偏っているなら、PS3とか富岳でやってるみたいな、少ないコアを通信やOSの処理に割り当て多いコアを計算に割り当ててワークステーション的な用途に使うのが想定されてるような気もする。

まあでもこういうことやるならxeonで出すか
2023/06/29(Thu) 00:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196057 
ダイの種類が増えると大変だからチップレットで増減できる方がいい

レイテンシや通信制御が肝になるんだろうけど
2023/06/29(Thu) 06:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196061 
Eコアの個数も気になるがARLのSkymontがどれくらいの性能.IPCになってるのかが気になる。GracemontでSkylake並ならCrestmontで10〜15%の性能向上で、さらにSkymontが同じくらいの性能向上幅と仮定したら…とか思うと案外Golden coveと同じくらいになる時は近いのかもしれない
2023/06/29(Thu) 10:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196065 
>196056
ゲーム機や富岳はOSまで含めて設計できるけど、汎用的性格の強いPCだとそうもいかんと思う。コア数比もばらばらだし。
2023/06/29(Thu) 14:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196068 
ダイサイズ的に1P≒4Eと考えると16Pコアモノリシックダイみたいなもんだからなあ。そら厳しい。
2023/06/29(Thu) 23:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196079 
>196061
2C4TのSkylakeと4C4TのGracemontで同程度だったのだからまだまだ遠い
このまま2年に一回のアーキテクチャ更新とすれば下手したら10年先の話になる
2023/06/30(Fri) 11:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196089 
>>196061
デコーダの拡張の噂によると15~20%程度上がってGolden Coveに近いものになるはず
ただEコアの設計として最大クロックが上がらない代わりに小さくて済んでいるので
「シングルコア性能」という枠では期待すべきではない
2023/06/30(Fri) 19:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196092 
>>196061
順当に行けばCrestmontでSunny Cove、SkymontでGolden Cove級のIPCになるだろうね
クロックはそこまで上がらないだろうからシングル性能は現行のi3レベルだろうけどそれでも強そう
2023/07/01(Sat) 01:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196094 
>>196061
4コアのN100が同コアかつほぼ同クロックのi5-6400と互角の性能だったからそれはない
2C4Tのi3-6100(N100よりも500MHz上)と比較するとマルチで大差つく
2023/07/01(Sat) 01:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196104 
>196094
ミス、これは196079への返信
2023/07/01(Sat) 13:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196111 
>>196094
つまりシングルではSkylake未満ってことだよね?
2023/07/02(Sun) 02:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196123 
2023/07/02(Sun) 18:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196145 
196123
おや、本当だ
そしたら何でこんなに遅くてお荷物なんだろ?
2023/07/03(Mon) 10:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196151 
32コアもあったらクロック相当低く抑えられそう
2023/07/03(Mon) 19:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196175 
>196145
予想になるけど6400の時よりOSを始めいろいろ重くなって要求スペックが上がってるのと隣に爆熱のPコアがあるせいで発熱を抑えないといけないっていう理由で12世代発表時に2C4TのSkylakeと4C4TのGracemontで同程度になったのだと思います。
2023/07/05(Wed) 18:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196180 
>196145
それは個人の感覚の問題だから何とも…
搭載SSDが安物で遅いとかならよく聞くけど
2023/07/05(Wed) 20:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)