北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel next-gen Arrow Lake-S CPU to feature 3MB cache per each Performance core(VideoCardz)
2023年08月12日 21:15(bilibili / Golden Pig Upgrade)

2024年にIntelは“Arrow Lake”を投入する。“Arrow Lake”は“Raptor Lake”から多くの改良が施される世代であり、CPUやGPUのアーキテクチャの更新、より進んだ製造プロセスの採用が大きな変更点として挙げられる。またデスクトップ向けではLGA1851をベースとする新しいプラットフォームになることも大きな変更点の1つである。
“Arrow Lake”もまた“Alder Lake”以降と同様にHybrid architectureを採用し、Perfomance Coreに“Lion Cove”、Efficency Coreに“Skymont”が用いられる。
そしてPerformance Coreである“Lion Cove”であるがL2 cacheが大容量化するという話が出てきている。


Golden Pig Upgrade氏の情報によると、“Arrow Lake-S”のP-coreのL2 cacheは3MB/coreになるらしい。“Alder Lake”の“Golden Cove”は1.25MB/core、“Raptor Lake-S”の“Raptor Cove”は2MB/coreであり、“Raptor Cove”比で50%、“Golden Cove”比140%の増量となる。
なお今回の情報はP-coreのL2 cacheのみで、E-coreのL2 cacheやあるいはL3 cacheやL4 cacheの情報はない。
 
Arrow Lake L2 (2023年8月13日)

IntelのCore系列―Perfomance CoreのL2 cacheは最近は増量傾向にある。“Nehalem”から“Skylake”までは長らくL2=256KB/coreの時代が続いていたが、“Ice Lake-U / RocketLake-S”の“Sunny Cove / Cypress Cove”でL2=512KB/coreとなり、“Alder Lake”の“Goldeon Cove”では1.25MB/coreに、“Raptor Lake-S”の“Raptor Cove”では2MB/coreとなった。なお、Xeon Scalable Processor向けはキャッシュ構成がまた異なる他、同じ“Raptor Cove”でもMobile向けの“Raptor Lake-U / -H”では“Goldeon Cove”と同じ1.25MB/coreに抑えられているという細かな違いはある。だが全体的な傾向としてみればL2 cacheは増量傾向だ。

そして“Arrow Lake-S”もこの流れを汲み、“Lion Cove”のL2 cacheが3MB/coreになるという情報が出てきている。だいぶ早い時期の情報なのでどこまで当たるか?という懸念は当然あるが、最新プロセスの採用やアーキテクチャの更新とともに期待したいものだ。

なお、Golden Pig Upgrade氏は“Arrow Lake-S”としているので、Mobile向けの“Arrow Lake-U/-H”が“Raptor Lake”のそれと同じようにL2 cache容量が異なる可能性は否定できない。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
196770 
Arrow LakeはデスクトップもモバイルもL2は同じだろうと思ったがプロセスが違うんだったw
2023/08/13(Sun) 23:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196773 
L2=512MB/core!?
2023/08/14(Mon) 01:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196776 
>“Nehalem”から“Skylake”までは長らくL2=256MB/coreの時代が続いていたが、“Ice Lake-U / RocketLake-S”の“Sunny Cove / Cypress Cove”でL2=512MB/coreとなり

また無茶苦茶なこと言い出したw
2023/08/14(Mon) 05:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196778 
Nehalem〜skylake、Icelake〜rocketlakeのL2キャッシュが凄いことに MBではなくKBですね
2023/08/14(Mon) 10:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196780 
まだ製品化されてないCPUよりその次の方が速いってリークするの、ネガキャンにしかなってない…
2023/08/14(Mon) 12:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196781 
L3キャッシュ実装時にL2の量は減ったけどまた増えて戻ってきましたね
Core2とかの頃とはキャッシュの速度も全然違うんでしょうが
2023/08/14(Mon) 13:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196785 
誤字は置いておいて・・・別にキャッシュがMBサイズでも構わんでしょう。
むしろオンボードGPU、NPU用にLPDDRえをCPUに積んでもらった方が助かる人が多いんじゃないかな。
2023/08/14(Mon) 19:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196786 
こんなにL2$を増やしてレイテンシ大丈夫なんだろうか?大丈夫だから増やされるんだろうが
しかしながら、E-Coreが今のままでもL2の総量がRaptor Lake-SのL3を上回るなあ
ADM cacheの導入でL2, L3の役割が変わってくるからRaptorから予備的に要領の比率をほぼ同じにしてきたんだろうか?

そういえばIntel 20Aで導入されるGAAとBPDってキャッシュのエリアサイズ減らせたっけ?
2023/08/14(Mon) 19:28 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196788 
このGolden PigはArrow lakeはN3(E)で作るという話もしてたけど、N3(E)はSRAM容量当たりの価格が一番高い(面積縮小よりウエハ単価上昇が上回る)製造プロセスなので、
ARLでキャッシュ増やすならN3(E)で作るという話は逆に眉唾になるんだよな。AMDもN3にSRAM増やすの嫌ってN7ベースのV-Cacheに力入れるようだし。

20AのSRAMサイズは未公表だが、理屈上はPowerVIAはSRAMサイズ縮小に役立つのでキャッシュ増量するなら20Aじゃない?という気がする。
2023/08/14(Mon) 20:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196789 
あとARLがIntel 4/3の可能性も考えてたけど、こっちだとキャッシュ密度はIntel 7の3割増にすぎないのでMTLより1.5倍増しにするとは思えない。例の新型6TセルSRAMを使えばできるのかもしれないが。
2023/08/14(Mon) 20:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196796 
L2を2倍にすると性能が1割増だと
随分昔に聞きました。今回は1.5倍にしかなっていない。そろそろL2をふやすのも厳しいようですね
2023/08/15(Tue) 14:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196798 
コア周波数を発熱で上げられないが微細化と3Dで伝達遅延は減ってるだろうからレジスタを32個、キャッシュ増加に向かってるんだろうね
2023/08/15(Tue) 18:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196806 
Zen5がL2を共有化するという以前の噂には驚きましたが
IntelがL2をここまで増やすのなら、例の噂も現実味が出てきますね
2023/08/16(Wed) 18:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196861 
Sapphire Rapidsが既にL2>L3になってしまってるので、もしこのままL3が増量されなかったらコンシュマーでもそうなりそう?
一応Emerald RapidsでL3増量の話が出てるので、コンシュマーのL3そのままは多分ないだろうけど…
2023/08/20(Sun) 22:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)