北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Alleged AMD Ryzen Threadripper PRO 7955WX spotted, 16 cores up to 5.17 GHz(VideoCardz)
AMD Ryzen Threadripper 7000 CPU With 16 Cores & Up To 5.2 GHz Clocks Benchmarked(WCCF Tech)
LENOVO INVALID(GeekBench)
(参考)
AMD OPN Liste - Stand 2023.08.03(Planet 3DNow!)

GeekBenchにAMDの未発表の16-core CPUが掲載された。おそらくはRyzen Threadripper 7000 seriesの16-coreモデルと推定されるCPUである。

これも実際にGeekBenchの画面を見た方が早い。
 
Ryzen Threadripper 7000 16-core (2023年8月19日)

このCPUが“Zen 4”であることは、Identifierの項目にFamily 25 Model 24 Stepping 1とあること、L2 cacheが1MB/coreであることで確認できる。

またFamily 25 Model 24 Stepping 1は昨年9月に64-coreのRyzen Threadripper 7000 seriesのIDとして出てきたことがあり、今回のものもRyzen Threadripper 7000 seriesであろうことが推定できる。

ちなみに“Raphael”の16-core―Ryzen 9 7950XであればIdentifierはFamily 25 Model 97となるはずである。

Nameの項目にはAMD Eng Smple: 100-000000886-30_Yとあり、このCPUがEngieering Sampleであることがわかる。Planet 3DNow!に掲載されているOPNのリストを参照すると100-000000886に該当する製品はまだない。

近いナンバーのOPNとしてはRyzen Threadripper Pro 7995WXの100-000000884、Ryzen Threadripper Pro 7945WXの100-000000887がある。ただ、同じRyzen Threadripper Pro 7000WX seriesでも7985WXは100-000000454と数字が離れている。

とにかく、このCPUがRyzen Threadripper 7000 seriesの16-coreモデルであるらしいとまでは言えそうだ。

では型番はどうなるのか? VideoCardzではRyzen Threadripper Pro 7955WXではないかと推定している。同じ16-coreの7950Xの“50”に+5ということで確かにわかりやすくはある。この場合32-coreモデルは7975WX、24-coreモデルは7965WXとなるだろうか? また先日出てきた7945WXは12-coreとなるかもしれない。“75” = 32-core, “65” = 24-core, “55” = 16-core, “45” = 12-coreという図式は過去のRyzen Threadripper Proと同じでありわかりやすいだろう。7000番台では“95”に96-coreモデルが割り当てられ、使われていなかった“85”に64-coreモデルが収まるようだ。
64-coreと32-coreの間に48-coreはないのか?と思われる方もいるかもしれないが、これまで48-coreのRyzen Threadripperは登場していないので、今回の7000番台でも48-coreの製品は投入されないのかもしれない。

(過去の関連エントリー)
Ryzen Threadripper Pro 7000WXはSocketSP6を用いるらしい(2023年8月13日)
“Zen 4”世代の64-core ThreadripperらしきCPUが姿を現す(2022年9月30日)
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
196844 
ここまで来ると、素直に最後の1桁をコア数にしてくれると嬉しいな
そうしたら Z9 で 359 コアまでいける
2023/08/20(Sun) 01:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)