北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
MSI Confirms Intel 14th Gen Core Specs In YouTube Live Stream(TechPowerUp)
MSI Messes Up Embargo Again, Posts Embargoed Content about Intel 14th Gen Specs(Guru3D)
MSI leaks Intel 14th Gen Core specs, confirms it’s 3% faster on average than 13th Gen(VideoCardz)
Intel 14th Gen Raptor Lake Refresh Desktop CPUs Leaked By MSI, 3% Faster Than 13th Gen(WCCF Tech)

MSIがライブストリームで未発表の第14世代Core processor K seriesに言及する場面があった。
ライブストリームの内容は同社の最新のIntel 700 seriesマザーボードの紹介、今後登場するPCケースについてである。多くの時間はマザーボードに関する内容で占められていたが、短時間のみIntelの次世代Core processorに言及する場面があった。


そのスライドの内容であるが、第14世代Core processor K seriesに関するものである。
まず第13世代Core processorが“Raptor Lake-S”であるのに対し、第14世代Core processorは“Raptor Lake-S Refresh”で、アーキテクチャの変更はなく、製造プロセスも同じIntel 7であることが示された。また第13世代と第14世代の同SKUでの性能向上幅は基本的に3%程度であるとされた。
ただし、Core i7 14700KはE-coreの増量により、Multi-threadで平均17%の向上が見込めると紹介している。
 
そしてK seriesのコア構成が第13世代と第14世代で比較されており、Core i9 14900Kと13900Kは8 P-core + 16 E-core、Core i5 14600Kと13600Kは6 P-core + 8 E-coreで変わらないが、Core i7 14700Kと13700Kは後者が8 P-core + 8 E-coreであるのに対し、前者は8 P-core + 12 E-coreとE-coreが4-core分増量されていることが明らかにされた。

内容そのものはこれまでの情報に沿ったものである。第13世代と第14世代は基本的には同アーキテクチャでプロセスも変更がなく、基本的には同SKUでの性能向上幅は小さいものとなる。E-coreを増量する余地があったCore i7のみはCore i7 13700(K)からCore i7 14700(K)で8 P-core + 8 E-coreから8 P-core + 12 E-coreに増強され、その分の性能向上が期待できる。

第14世代Core processor―“Raptor Lake-S Refresh”は9月のIntel Innovation 2023で発表される見込みである。前例通りまずK/KF seriesが先行して登場し、TDP65Wの無印モデルやTDP35WのTモデルは来年開けに登場する模様だ。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
196918 
これってLGA1700(DDR4&5)で使えるんですよね?

そうでないと全然MB迄変える意味が無いし。
2023/08/25(Fri) 00:40 | URL | LGA774 #L6m4KOWY[ 編集]
196920 
LGA1700で使えるよ
2023/08/25(Fri) 01:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196921 
性能向上幅が3%程度ってもはや誤差だよね
2023/08/25(Fri) 01:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196923 
つ Rev商法
2023/08/25(Fri) 01:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196925 
何故かこの業界、第14世代ってハズレが多い感じが…
性能的な面の向上率がイマイチ
あの食いかけの白林檎もそうだったし(^_^;)))
2023/08/25(Fri) 06:58 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196926 
i5-Kはコア数増加なしか残念
2023/08/25(Fri) 07:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196928 
何時もながらのインテルくんのリネーム商法
まさか下位コアは旧コア流用だが、DDR4制限しただけとかないよね?
2023/08/25(Fri) 08:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196929 
まあEコア増えてお値段変わらないなら…
2023/08/25(Fri) 08:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196930 
Raptor Lakeは中継ぎでMeteor Lakeが本命!と言われてた頃が懐かしい
2023/08/25(Fri) 08:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196931 
最近のローエンドリフレッシュは上が更新されているからいいとして、今回はHaswell Refreshと同じなのに世代を変えたと表現しているのが何とも言えないです。
2023/08/25(Fri) 10:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196932 
14出て13下がったりしたら13買おうかな…12→13はそれなりに旨みありそうだし…
2023/08/25(Fri) 10:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196933 
なんかもう上手く作れないからコア増やす数の暴力スタイルになってきてるな
2023/08/25(Fri) 10:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196935 
6600Kでもう1年頑張るか(≧∇≦)b
ASUSのオーバークロックマザーAPEX IXでオーバークロック@4.6~4.9GHzで使用中!
2023/08/25(Fri) 11:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196939 
今年は載せ替える必要ないほのぼのレイク
2023/08/25(Fri) 13:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196940 
Eコア増量でマルチ17%向上って本当に効率いい上げ方なんだろうか?
2023/08/25(Fri) 13:39 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196948 
Downfall Attacksも出てきたし
古いCPUはまた買い替え時か。
2023/08/26(Sat) 08:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196952 
去年春に出てきたZen2・Zen3下位モデルと同じで既存ユーザーのアップグレード用の展開になりそう
まぁこんなPCパーツ高騰時代にいきなり新ソケット出されるよりはマシだな
2023/08/26(Sat) 11:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196955 
2600k「まだだ、まだ終わらんよ」
2023/08/26(Sat) 13:52 | URL |   #-[ 編集]
196963 
Arrow Lakeが素直に出てくる保証はない
CPUもメルトダウン以降世界が変わってしまった
悪いことはいわないからAlder Lake以降に乗り換えなはれ
2023/08/27(Sun) 01:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196974 
IPCがなぁ…
L2キャッシュはまあ悪くないけど、i5i7にEコアそんなにいらないよ
2023/08/27(Sun) 20:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196975 
>196952
CPUの作り何も変わってないから既存マザボのアップブレード用展開なんて無いよ
2023/08/27(Sun) 23:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196978 
おそらく、わずかにCPUの対応機能に差があるんだと思われる。
そこら辺を踏まえて世代を別扱いしているのかと。
2023/08/28(Mon) 15:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
196991 
>196975
最初からi9で組んでいる人ならともかく、i3やi5無印で試しに組んだ人の載せ替え先の選択肢にはなり得る思うけどな
Zen2・Zen3下位だって既存ユーザーの流出を抑えるのが目的だったし
2023/08/29(Tue) 21:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
197006 
>196991
Alderlakeからシュリンクすらしてないし何なら値段も上がってる
最初からi9-12900で組んでおけばよかったのにと思うと
今更載せ替えようという気分にはなかなか…
2023/09/01(Fri) 02:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)