北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel 14th Gen Core “Raptor Lake Refresh” series listed by first retailer without stock or pricing information(VideoCardz)
Intel 14th Gen Core i9-14900K, Core i7-14700K, Core i5-14600K CPUs Listed By Retailer(WCCF Tech)
Retailer Lists Intel 14th Gen Raptor Lake Refresh K-Series CPUs(Tom's Hardware)

デスクトップ向け第14世代Core processorはまもなくリテール市場に出回る見込みで、海外のオンラインストアでは既に製品の掲載を始めたところも出てきた。
今回第14世代Core processorの掲載が確認されたのはウクライナのTelemartで、最初に出てくるであろう6種類のK/KF seriesが掲載されていた。価格や解禁日の記載はないものの、L3 cache容量や周波数など一部のスペックを確認することができた。


実際に見てみよう。
 
Raptor Lake-S Refresh (2023年8月27日)

掲載されているのはCore i9 14900K/KF, Core i7 14700K/KF, Core i5 14600K/KFの6種類である。スペックはL3 cache容量とP-coreの周波数を確認することができ、L3 cache容量から間接的にコア数を推測することができる。またいずれもLGA1700を使用することも記載されている。

  Core i9 14900K 8P + 16E 3.20GHz/TB 6.00GHz L3=36MB
  Core i9 13900K 8P + 16E 3.00GHz/TB 5.80GHz L3=36MB
  Core i7 14700K 8P + 12E 3.40GHz/TB 5.60GHz L3=33MB
  Core i7 13700K 8P + 8E 3.40GHz/TB 5.30GHz L3=30MB
  Core i5 14600K 6P + 8E 3.50GHz/TB 5.30GHz L3=24MB
  Core i5 13600K 6P + 8E 3.50GHz/TB 5.10GHz L3=24MB

上記がCore i 14000K seriesとCore i 13000K seriesを比較したものであるが、Core i9とi5はコア構成に変更はない。周波数がCore i9が定格/Boost時ともに+200MHz、Core i5はBoost時のみ+200MHzとなっている。
Core i7は前情報どおりE-coreが1クラスタ分4-coreが追加されて8 P-core + 12 E-coreとなり、周波数もBoost時が+300MHzとなっている。ここが一番スペックの向上幅が大きい。

第14世代Core processorの正式発表は9月19~20日に開催されるIntel Innovation 2023で行われるとみられている。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
196980 
13700KのL3は30MBですね。

それにしても、せめてArrow Lake対応のLGA1851だったら交換する意味があるんだけど、ただのクロックアップじゃなあ・・・
2023/08/28(Mon) 19:11 | URL | LGA774 #/UMzWi8Y[ 編集]
197022 
値上げとかマジで言ってんの?
2023/09/01(Fri) 22:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
197026 
アスキーでMeteor Lakeを紹介しまくってるけど工程数が増えてるね。
Arrow Lake-Sのお値段がどれだけ跳ね上がるんだろうか。
2023/09/02(Sat) 11:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
197031 
まだリークだし値上がりって確定したわけじゃないでしょ…
AlderやZen4だって直前まで値上がりの噂だらけだったし
2023/09/02(Sat) 18:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)