北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Xeon 64-core 8592+ and 48-core 8558U “Emerald Rapids” CPUs leak out(VideoCardz)
Intel Xeon Platinum 8558U “Emerald Rapids” CPU With 48 Cores & 356 MB Cache Spotted(WCCF Tech)
Supermicro SYS-111C-NR(GeekBench)

第5世代Xeon Scalable Processorとなる“Emerald Rapids”が徐々に姿を現している。先日は最上位となるであろう64-core/128-threadのXeon Platinum 8592+を紹介したが、今回はその下位モデルに相当するであろうXeon Platinum 8558UがGeekBenchに掲載されたことが確認された。
 
Xeon Platinum 8558U (2023年11月7日)

11月5日付けで掲載されており、CPU NameはXeon Platinum 8558Uと正しく表示されている。コア数・スレッド数は48-core/96-threadである。キャッシュ構成はL1 Inst 32KB×48, L1 Data 48KB×48, L2 2MB×48, L3 260MBである。“Emerald Rapids”の特徴は5MB/coreの大容量L3 cacheである。先日明らかになったXeon Platinum 8592+であれば320MBのL3 cacheを搭載していた。今回のXeon Platinum 8558Uは48-coreなので、単純計算であれば240MBであるが、無効化されたコアの分もL3 cacheを有効化するという手法がとられており、実際は52-core分の260MBの容量が確保されている。

周波数はBase 2.00GHzとなっているが、Boost時周波数は正しく取得できていないようだ。

また今回出てきたシステムは1 processor構成となっている。これまでの命名規則通りであれば“U”型番を有するXeon Platinum 8558Uは1-wayのみの対応となるはずだ。

“Emerald Rapids”は12月14日のAI Everywareイベントで発表予定だ。

(過去の関連エントリー)
Intel 12月14日に“AI Everywhere”イベントを開催(2023年11月2日)
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)