北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Phoenix AM5 APUs to Get Ryzen 8000 Series Branding, Company Readies 5000GT Series for AM4(TechPowerUp)
AMD Ryzen 8000G AM5 specs and release date leaks out, Ryzen 5000GT AM4 series allegedly in the works(VideoCardz)
Rumor: AMD Prepares Ryzen 8000G Series APUs for Socket AM5 Platform(Guru3D)
AMD Ryzen 8000G AM5 Desktop APU Specifications Leak, Up To 2.5x Faster Than Ryzen 5000G In Gaming Benchmarks(WCCF Tech)

SocketAM5向けの“Phoenix” APUとなるRyzen 8000G seriesのスペックをペルシア語のSakhtagzarmagが明らかにしている。

Ryzen 8000G seriesはRyzen Pro及びRyzen non-Proの両方で展開される。最上位モデルはRyzen 7 8700Gで8-core/16-thread、周波数はBase 4.20GHz / Boost 5.10GHzである。2番目となるSKUはRyzen 5 8600Gで6-core/12-thread、周波数はBase 4.35GHz / Boost 5.00GHzである。この2つのSKUは“Phoenix 1”のダイをベースとし、オーバークロックにも対応する。iGPUは最大で12 CUのRadeon 780となる。

“Phoenix 2”をベースとするSKUは6-core/12-threadのRyzen 5 8500Gと4-core/8-threadのRyzen 3 8300Gがある。周波数はRyzen 5 8500GがBase 3.55GHz / Boost 5.00GHz、Ryzen 3 8300GがBase 3.45GHz / Boost 4.90GHzである。“Phoenix 2”をベースとするこれら2種類はPBOからマニュアルオーバークロックの機能が省かれている。またiGPUは4 CUのRadeon 740にとどまる。
 
ラインナップは以下の通りである。

◇Ryzen 8000G series(Phoenix 1 / TSMC N4 / SocketAM5)
  Ryzen 7 8700G 8-core/16-thread 4.20GHz/Boost 5.10GHz TDP65W
  Ryzen 5 8600G 6-core/12-thread 4.35GHz/Boost 5.00GHz TDP65W

◇Ryzen Pro 8000G series(Phoenix 1 / TSMC N4 / SocketAM5)
  Ryzen Pro 7 8700G 8-core/16-thread 4.20GHz/Boost 5.10GHz TDP65W
  Ryzen Pro 5 8600G 6-core/12-thread 4.35GHz/Boost 5.00GHz TDP65W
  Ryzen Pro 7 8700GE 8-core/16-thread 3.65GHz/Boost 5.10GHz TDP35W
  Ryzen Pro 5 8600GE 6-core/12-thread 3.90GHz/Boost 5.00GHz TDP35W

◇Ryzen 8000G series(Phoenix 2 / TSMC N4 / SocketAM5)
  Ryzen 5 8500G 6-core/12-thread 3.55GHz/Boost 5.00GHz TDP65W
  Ryzen 3 8300G 4-core/8-thread 3.45GHz/Boost 4.90GHz TDP65W
  Ryzen 5 8500GE 6-core/12-thread 3.40GHz/Boost 5.00GHz TDP35W
  Ryzen 3 8300GE 4-core/8-thread 3.50GHz/Boost 4.90GHz TDP35W

◇Ryzen Pro 8000G series(Phoenix 2 / TSMC N4 / SocketAM5)
  Ryzen Pro 5 8500G 6-core/12-thread 3.55GHz/Boost 5.00GHz TDP65W
  Ryzen Pro 3 8300G 4-core/8-thread 3.45GHz/Boost 4.90GHz TDP65W
  Ryzen Pro 5 8500GE 6-core/12-thread 3.40GHz/Boost 5.00GHz TDP35W
  Ryzen Pro 3 8300GE 4-core/8-thread 3.50GHz/Boost 4.90GHz TDP35W

これまでのデスクトップ向けAPUのAPUとラインナップは基本的には似通っている。基本となるのがTDP65WのRyzen 8000G seriesで、そのPro仕様となるのがRyzen Pro 8000G series、そしてTDP35WとなるのがRyzen 8000GE seriesで、そのPro仕様がRyzen Pro 8000GE seriesである。TDP65WのG seriesはcTDPで45Wの設定も可能である。

これまでのデスクトップ向けAPUはRyzen 7, Ryzen 5, Ryzen 3が各1種類ずつで構成されていたが、Ryzen 8000G seriesでは使用されるコアが“Phoenix 1”と“Phoenix 2”の2種類となったため、それぞれのコアから2 SKUずつ―“Phoenix 1”からRyzen 7 8700G/GE, Ryzen 5 8600G/GEが、“Phoenix 2”からRyzen 5 8500G/GE, Ryzen 3 8300G/GEがラインナップされる。

Ryzen 3 8300GとRyzen 3 8300GEで周波数が逆転していたりと若干おかしなところはあるが、基本的な点はそれほどずれていなさそうな印象である。

1080pゲーミングのベンチマークも掲載されており、Ryzen 7 8700GとRyzen 7 5700Gでの比較が行われている。Ryzen 7 5700Gは8 CUの“Vega”、Ryzen 7 8700Gは12 CUのRDNA 3と世代と規模が大幅にステップアップしたため、iGPU性能は大幅に向上している。Ryzen 7 8700GがRyzen 7 5700Gの最大2.5倍の性能をたたき出している。

Ryzen 8000G seriesはCES 2024前後での発表が予想されている。期待したい。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
198271 
iGPU性能はRX6400ぐらいまで性能アップするのだろうか?
2023/11/28(Tue) 06:20 | URL | LGA774 #JalddpaA[ 編集]
198272 
5700G vs RX6400の動画を見ると後者は2倍ぐらいFPS出るみたいなので、RDNA3(12CU)も同じぐらいでしょうね。
DDR5-7500~8300辺りを使えばGTX1650/RX470/RX6500XTは超えそうな感じかな。
ぶん回すにはHynix A-dieを確保しておく必要がありますね。
M-dieでもDDR5-7400ぐらいは行けそうですが。
2023/11/28(Tue) 07:39 | URL | LGA774 #oyV.6EWY[ 編集]
198281 
8600Gはおいくらだろうか?

そしてmini-ITXの板の価格がもっと下がらないのだろうか?
A620ですらも無駄に高価な板しかでていないから
Gシリーズの投入で流れが少しでも変わることを期待
2023/11/28(Tue) 14:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198283 
期待してます。
2023/11/28(Tue) 19:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198285 
久々にワクテカが止まらない
早く出てクレメンス
2023/11/28(Tue) 22:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198287 
あまりに長くデスクトップ用APUが放置されているので、AMDにはもう何も期待出来ない。
エイプリールフールの冗談ぐらいに受け止めておこう。
2023/11/29(Wed) 02:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198288 
8700Gのグラフィック性能でGTX1060あたりの性能は出そうですね。
問題は5700Gと同じようにL3削られるかどうかですかね。
2023/11/29(Wed) 02:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198296 
>問題は5700Gと同じようにL3削られるか

5700Gってモバイル向けからL3なんて削られたっけ?
そんな記憶は全くないのだが…気のせい?
2023/11/29(Wed) 18:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198301 
多分アスキーの記事で誤解してる可能性がありますね。5600xに比べるとL3キャッシュが半減って書いてありますし。
その後4000Gシリーズに比べるとL3キャッシュは倍増とは書いてあるんですがね。
2023/11/30(Thu) 07:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198307 
「誤読」ではなくてCCDとAPUとではコアのキャッシュ容量が違うのを知らなさそう
デスクトップ向けAPUはモバイル向けコアと同じなのだからクロックいがいの
2023/12/01(Fri) 09:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198320 
ねー。その辺アヤシィよね~
「Zen4とZen4Cは、演算部が同じだけでなく、キャッシュも同じ。サイズを小さくしただけだ」とか言っちゃってて。
そんな魔法のような石があれば、全てのZen4をZen4Cに置き換えるわw
2023/12/02(Sat) 08:57 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198324 
>198320
リーク電流の事を考えれば別に魔法でも何でもない。既知の物理法則への運用による対応違いでしかない
そしてZen4をZen4Cに全て置き換えたら、その物理法則ゆえに消費電力が増え、発熱も増え、クロックが上げにくくなるのでハイエンドでは戦えない

全く知らない人には魔法に感じるかもしれませんが魔法でも何でもないんですよ。単なる量子物理学の下の出来事なんです
2023/12/02(Sat) 10:36 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198328 
>198320
どのコメントに対して「その辺」といってるのかわからないけど、RTLが同じだと言ってるからコアの設計は(コアごとについてるL1/L2の容量含めて)同じだよ。
CCXのレベルだとL3は半減されてるけど、L1キャッシュとかで使うSRAMマクロを省面積の設計に変えたり、RTLをコンパイルするときのオプション変えたり、配置・配線により長い時間かけてFmaxより面積優先にしたり、といった工夫で面積小さくしてる。
2023/12/02(Sat) 15:19 | URL | LGA774 #-[ 編集]
198344 
5700Gの2.5倍だとノート向けの680Mとか780Mくらいか
2023/12/03(Sun) 21:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)