北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Readies Xeon W3500 and W2500 "Sapphire Rapids Refresh" Series HEDT Processors(TechPowerUp)
Intel Xeon W3500/W2500 “Sapphire Rapids Refresh” HEDT lineup has been leaked(VideoCardz)
SPR-112L Refresh(188号@momomo_us)

Xeon W-3500, W-2500 seriesのラインナップが188号@momomo_us氏により明らかにされた。いずれも、“Sapphire rapids”のRefresh版となるモデルである。

スペックは以下の通り。
 
◇Xeon W-3500(Sapphire Rapids-112L / Intel 7 / LGA4677 / 8ch DDR5-4800)
  W9-3595X 60-core/120-thread *.**GHz / Boost 4.60GHz L3=112MB TDP350W
  W9-3575X 44-core/88-thread 2.20GHz / Boost *.**GHz L3=97.5MB TDP340W
  W7-3565X 32-core/64-thread 2.50GHz / Boost *.**GHz L3=82.5MB TDP335W
  W7-3555 28-core/56-thread 2.70GHz / Boost *.**GHz L3=75MB TDP325W
  W7-3545 24-core/48-thread 2.70GHz / Boost *.**GHz L3=67.5MB TDP310W
  W5-3535X 20-core/40-thread 2.90GHz / Boost *.**GHz L3=52.5MB TDP300W
  W5-3525 16-core/32-thread 3.20GHz / Boost *.**GHz L3=45MB TDP290W


◇Xeon W-2500(Sapphire Rapids-64L / Intel 7 / LGA4677 / 8ch DDR5-4800)
  W7-2595X 26-core/52-thread 2.80GHz / Boost 4.80GHz L3=48.75MB TDP250W
  W7-2575X 22-core/44-thread 3.00GHz / Boost 4.80GHz L3=45MB TDP250W
  W5-2565X 18-core/36-thread 3.20GHz / Boost 4.80GHz L3=37.5MB TDP240W
  W5-2555X 14-core/28-thread 3.30GHz / Boost 4.80GHz L3=33.75MB TDP210W
  W5-2545 12-core/24-thread 3.50GHz / Boost 4.70GHz L3=30MB TDP210W
  W3-2535 10-core/20-thread 3.50GHz / Boost 4.60GHz L3=26.25MB TDP185W
  W3-2525 8-core/16-thread 3.50GHz / Boost 4.50GHz L3=22.5MB TDP175W

現行世代であるXeon W-3400, W-2400 seriesと下2桁同ナンバーモデルを比較するとXeon W-3500 seriesはW9-3585Xのみ8-core、それ以外は4-coreずつコア数が増量されており、Xeon W-2500 seriesは2-coreずつコア数が増量されている。それに伴ってL3 cache容量も増加している。

ベースとなるCPUコアはXeon W-3400, W-2400 seriesから変更されておらず“Sapphire Rapids”のままである。SteppingもXeon W-3500 seriesは“Sapphire Rapids”のXCCダイであるE-5 setpping、Xeon W-2500 seriesは“Sapphire Rapids”のMCCダイであるS-3 steppingとなっている。

PCI-Expressレーン数が112本要求されることから、Xeon W-3500 seriesには“Emerald Rapids”を充当することは出来ない。そのため、必然的に前世代の“Sapphire Rapids”を用いることになる。一方、Xeon W-2500 seriesにはそのような制約はなく、理論上は“Emerald Rapids”のMCCダイを持ってくることも可能だが、こちらも“Sapphire Rapids”のまま存置されるようである。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
199381 
スリッパ下位みたいにべークロック・TDPを盛りまくってないのだけは普通に良いと思う
あっちはコア数減る代わりにクロック盛りまくるから下位モデルでも最上位とTDP一緒でワッパ悪いんだよな…
2024/02/09(Fri) 13:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)