北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel puts 1nm process (10A) on the roadmap for 2027 — also plans for fully AI-automated factories with 'Cobots'(Tom's Hardware)
Intel 10A (1 nm-class) Node to Enter Mass Production in 2027(TechPowerUp)

先日、Intel Foundry Direct Connect 2024で、Intelの製造プロセスおよびファウンドリサービスに関する様々な情報が得られたが、更にその裏側ではNDAで保持されたプレゼンテーションがあった。今回、Intelがそのプレゼンテーションを明らかにし始めたため、追加のニュースを伝えらえっる用になった。

IntelはIntel 10Aプロセスを2027年後半に開発に入る予定であるという。そしてその前のIntel 14Aは2026年に生産に入るという。

元の文章では“Intel's previously-unannounced Intel 10A (analogous to 1nm) will enter production/development in late 2027”というわかりにくい表記となっているが、注釈がついており2027年のIntel 10Aの予定は開発開始であり、大量生産ではないと説明されている。
 
またIntelは将来的に製造を完全に自律型としたAI制御のFabを計画している。

Intel Foundry Direct Connect 2024ではIntel 14Aまでがロードマップに示されたが、更にその先のIntel 10Aまでが現在の計画にあるようだ。
Intel 14Aについては2026年の生産開始が伝えられたようで、Intel 10Aは2027年に開発開始となるようだ。production/developmentという言い回しをしている辺りは、実際にテスト生産を行いつつ開発を行う段階に入るのが2027年辺りなのだろうか? 少なくとも2027年に大量生産開始というわけではない。

Intel 20A/18AについてはBackside Power (Power VIA) の導入やRibbonFETの導入などが明らかにされているが、Intel 14Aや10Aでどのような技術が導入されるかまでは明らかにされていない。まだ語るには早すぎるということだろう。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
199646 
14AについてはHigh NA EUVのASML TWINSCAN EXE:5200を使った製品というのが大方の見方で、これはキーワードを拾って検索すればいろんなニュースが出てくると思う。

10Aについては時期的にRibbonFETの一部を異種材料(ゲルマニウムなど)で置換するCFETが最有力候補ではないかなあ。
2024/03/01(Fri) 04:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199647 
スライドの縦軸は各世代で流せるウェハー量でIntel 20Aが2023年から存在してるところからプロセス開発が完了したリスク生産ラインの立ち上げ時期が示されてると思われ

デモンストレーションに終わりそうだったIntel 3の生産キャパが今後増えるのに対してIntel 14Aと10Aは工場が1つか2つな感じでTSMCへの委託が続きそう・・・

QualcommはPanasonicルートと同じになってそうだし、革ジャン発言も揺さぶりだった?
2024/03/01(Fri) 06:32 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199649 
ここでプロセスの生産量推移のグラフを見ればどの部分をいつ外部に生産を委託しているかを見る必要があり、各プロセスが潤沢に生産されるのは25年移行ということがわかります。
10Aは量産段階に至るまでに20A、18Aと同じくらいの期間を待つ必要があります。
2024/03/01(Fri) 08:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199658 
TSMCの顧客の顧客としてはintelがちょくちょく割り込んでくるのすっごい邪魔だからぜひ成功してもらいたいもんだわ
2024/03/01(Fri) 19:02 | URL |   #-[ 編集]
199659 
多分だけど、自律型、が正しいはず
2024/03/01(Fri) 19:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199660 
Intel 10Aが本当にTSMC 1nm相当なのか気になる所
IntelがTSMC 2nm以降のプロセスを契約しないなら自信有りと見て良さそうだが

2nm世代からIntelでスマホ勢の半分ぐらい面倒見てくれれば、PCパーツにも最先端プロセスの恩恵が早く来そうでありがたいのだがね
2024/03/01(Fri) 21:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199661 
議十つ…技術?
2024/03/02(Sat) 00:36 | URL | LGA774 #Xy1hhiok[ 編集]
199665 
Intel 3の伸びはFoveros DirectのBase Die需要を期待してか、Intel 3-PTでGPUが造れる様になるのか?
2024/03/02(Sat) 10:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199668 
熊本や北海道の半導体工場は2027で周回遅れってことで・・・。
2024/03/02(Sat) 12:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199673 
それ言い出したら世界で稼働してる半導体工場99%が周回遅れやん
(まあ、投票用紙を珍しい勢力に入れる人だと思うけどマジレスしてみる)
2024/03/03(Sun) 02:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199676 
そもそも半導体はいろいろな分野デ使われているのもあって最先端プロセスが求められてる分野の方が少ないと思います。
2024/03/03(Sun) 05:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199680 
Intel 10Aは旧Intel 2nmで2世代分のサバがありますね

10nm ≒ Intel 7
7nm ≒ Intel 4
5nm ≒ Intel 20A
3nm ≒ Intel 14A
2nm ≒ Intel 10A

Intel 7(SuperFin)にTSMC 16nm(FinFET)の様な1世代分の進化があるとしてもIntel 20Aに2世代分の下駄を履かせられるものなのかは眉唾です

15900KのスペックはまさにTSMC N5なところが何とも・・・何よりSoCが造れない
2024/03/03(Sun) 06:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199682 
>>199658
これ,だれにとって邪魔なんだろう?
2024/03/03(Sun) 15:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199689 
>>199680
1世代で密度2倍(2世代で長さ半分)であれば、
14nm, 10nm, 7nm, 5nm, 3.5nm, 2.5nm, 1.8nm, 1.3nm, 0.9nm, 0.6nm,...
となっているはず
なので、実はIntelのハーフノードの数字を見るのがいいのではないかと思っている
Intel Foundryで開放するのはハーフノードの方だし
こういう見方をすると、Intelは7nm, 3(.5)nm, 1.8nmと進んでいて、TSMC N5相当と2.5nmあたりを飛ばしている
imec(≒TSMC)もN7, N5, N3, N2からA14に飛んでいてどっかで数字ごまかしてるはずなので、TSMCに対して1世代の下駄があるのかな
わざわざ名前を18Aにしたのはムーアの法則における密度2倍の部分に対するIntelのこだわりが表れているともいえるのかも

こんな風に考えると、14Aのハーフノードは13A、10Aのは9Aになるはず
2024/03/04(Mon) 12:24 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199703 
>>199680
当社比でわかりにくなった時点で自信ないのかな?って思いました。
2024/03/05(Tue) 08:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199723 
>>199680
>>199689
>>199703
もはやノード名は物理長を表していなくて、物理長ならこっち見て。
https://www.techinsights.com/ja/node/37849

「1ノードで密度おおよそ2倍」なんだけど、Intel 14nm→10nm/7→4/3は実密度で1世代2.4倍ずつなのに対して、TSMC N10→N7→N5→N3の並びは1世代で密度1.7倍ずつになってる。
この期間はIntelの2世代分≒TSMCの3世代分なんだが、両方とも「四捨五入すれば約2倍」と言ってる。
2024/03/06(Wed) 05:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199756 
>> 199723
ノード名は物理長を表していないのは知ってますが10nmをIntel 7にするから当社比わかりにくいですよねって話です。
10nmの次からならまだ分かりやすいのに自信がないから意図的に分かりにくくしたのかな?って思ってます。
2024/03/07(Thu) 12:14 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199773 
>>199723
誰もノード名が物理長であるという前提で話していないと思う
世代をどう扱うかという点を議論しているという認識

>>199756
ファウンダリとして提供するノードはすべてTSMC基準に数字を置き換えたので困る顧客はいないと思う。TSMCに存在しないのは先出しの18Aくらい
自分の考えとしては、顧客を抱えたときにライバルと比べて印象悪い名称を是正して、ファウンダリをちゃんとやっていく決意表明みたいなものだと思ってる
それにIntel 7でワンクッション置いたのは10nmからIntel 4に進化しますってなったら、いきなり小さくしすぎやろってなるし、さっさとAlder Lakeで改名したノードと新CEOの実績を作っておく意図なんかがあったんじゃないかな
2024/03/08(Fri) 23:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
199778 
>>199756
10nmEFSがIntel7になったのは同クロックの電力がそれまでの10nmシリーズから15%ぐらい下がって本当に1世代分の差が出たから
旧10nmはIce Lake-Dとかで今も展開中だから区別のために数字を分ける必要がある
2024/03/09(Sat) 16:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)