北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Zen5 architecture is allegedly 40% faster core-to-core than Zen4 in SPEC benchmarks(VideoCardz)
Leaker claims AMD Zen 5 CPUs are 40+% faster than last-gen(OC3D)
Core for core Zen5 is >40% faster than Zen4 in SPEC(AnandTech Forum)

実績のあるリーカーであるKepler_L2氏によると、AMDの次世代アーキテクチャ―“Zen 5”は現行の“Zen 4”と比較し、最大40%の性能向上となるようだ。
 
“Zen 5”は現行の“Zen 4”からアーキテクチャに大幅に手が入れられる世代になるとされる。Kepler_L2氏によると、SPEC (Standard Performance Evaluation Corporation) Banchmark testで“Zen 5”のSingle-core性能が“Zen 4”比で40%高いという。

Zen 5 IPC SPEC (2024年3月31日)

投稿内容は非常にシンプルである。SPECのコア対コア性能で“Zen 5”は“Zen 4”の最大40%増しというものである。
“Zen 5”は前々よりアーキテクチャに大幅な改良が入る世代と予想されており、IPCの向上が期待されている世代である。この40%という数字は目を見張るものがあるが、この数字がINTなのかFPのものなのかは不明。FPだとすると浮動小数点演算ユニットの構成とAVX-512の絡みもあるだろうか? “Zen 5”の浮動小数点演算ユニットが512-bit幅になるかは確定的ではないが。

40%という数字が本当であればかなりのものだが、流石に大きすぎるように思える。限定的な場面であればありうるだろうか?

“Zen 5”は今年後半の予定である。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
200045 
https://twitter.com/Kepler_L2/status/1774059104702546286?t=ed-0RhYPKdSXgl3X6rnToA&s=19
SpecInt らしいですね
ALUが4から6に増えるから40%上がっても不思議ではないかも?
2024/04/01(Mon) 01:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200046 
512bit化でしょうね

IntelはRedwood CoveでもClient版は256bitx2

Zen5cも512bit化するなら凄いこと
2024/04/01(Mon) 01:40 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200049 
これはSPEC Intのことですね
それと、以前Jim KellerはZen5の性能向上は30%と予想してました
2024/04/01(Mon) 05:07 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200050 
増えたALUをフルに使えるワークロードでないとここまで伸びないと思うので総合性能で2割伸びれば良い方
2024/04/01(Mon) 05:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200054 
ちょっと話はズレちゃうけど、同じIODでZen4 CCDとZen5CCDが使えるなら、前世代のIODにも新しいCCDが使えそうだから、AM4の新モデルもいつ迄でも出せそうな気がする
Ryzen 7 5804x3DとかRyzen 9 5955X(下一桁が世代を表す、なんちゃって)、いまだにZen2とか出し続けてるんだからできるよね?
2024/04/01(Mon) 07:06 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
200056 
Keplerだろうなと思ったら案の定そうだったw
私の見たリークは1コアのR23ベンチはZen4から20%の向上でしたよ
しかもこの数値はAMDからのものです
2024/04/01(Mon) 08:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200060 
既に最適化コードから同時8-micro ops&6-ALUがほぼ確定じゃなかったっけ>Zen5

ちょうどIntelとAMD両社ともアーキテクチャのメジャーチェンジ時期が今回被るんだよな
Arrowlake(というかLioncoveか)がシングルスレッドで負けたらIntelも数年しんどい

ようやくFabの方が立て直しの兆しが出てきたと思ったらまたボコられる?
2024/04/01(Mon) 11:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200061 
twitterでの応答でも
- 汎用のIPC向上なら[OoOの複雑性が上がるので]ダイが巨大化しないとならない
- Zen2→Zen3の時は細かいボトルネックを丁寧に取り除いたが、Zen4にそんな余地がある?
- 特定のSIMD処理なら分かるが
あたりが多勢かな。

Kepler_L2氏が技術的な質問に対して技術的な回答ができていないのでなぜ40%上がるか?という理由付けをみんな納得していない、という感じではある
2024/04/01(Mon) 11:38 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200062 
200045
バイナリ互換性を保った汎用のIPC向上(アウトオブオーダー&スーパースカラ)を増強しようとすると、ALUのほかにフェッチ、デコード、リオーダーなどの実行以外の周辺回路を増強しないと効果が薄いので、基本的にダイは巨大化する。ALUの増強だけで効果を発揮するにはVLIW型でコンパイル時最適化が必要になる。
- SPECIntの性能が+40%と主張
- ダイサイズはあまり増えないと主張
- SPECは個別環境ごとのコンパイルが前提
なので特定の命令に関するものじゃないの?みたいな話になっている。

Zen 4cみたいに高密度セルを多用して最大クロックを落としてトランジスタ密度を上げるという手もあるけど、IPCじゃなくて単コア性能(クロックも加味する)と言っているし……みたいな感じ。
2024/04/01(Mon) 12:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200063 
Zen4の時も全く同じリークあったせいで全く信用できん…
2024/04/01(Mon) 12:20 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200064 
ベストケースで性能40%増しだと思うが、言い換えればベストケースなら40%増しの結果が出る程度には優秀な製品と言う事

期待して待ちたい
2024/04/01(Mon) 13:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200065 
TDP170Wの高価な現行CPUが40%低速ということになってしまうのか
2024/04/01(Mon) 21:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200075 
>現行CPUが40%低速

何をいいたいかよくわからないが、新世代がでたら旧世代なんて低速は当たり前じゃん
全く性能が上がらないのに新世代とかドヤられても困るわ
2024/04/02(Tue) 09:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200076 
200065
100 → 140 は40%増
140 → 100 は29%減
2024/04/02(Tue) 09:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200080 
しょうもないことだけど
>200065 
>TDP170Wの高価な現行CPUが40%低速ということになってしまうのか
40%高速な側から見たら約30%低速ですね
100%高速(=2倍)な側から見たら50%低速(=半分)です
2024/04/02(Tue) 17:12 | URL | のび #-[ 編集]
200085 
個人的には、まだIPCを引き上げる余地は十分にあると考えている。
現行技術の延長では厳しいだろうが、AIの技術はシングルスレッド性能をも引き上げうる可能性があると思う。

一方で、CPU側のSIMD演算機構を物理的に512bit化するのには疑問を感じる。
レジスタを512bit化するのはともかく、演算器の512bit実装はGPUとの棲み分けを考えると無駄だと思う。
2024/04/02(Tue) 22:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200099 
高い金出して新型を買っても29%程度の差と考えれば、7950Xを買った人も救われるな
2024/04/03(Wed) 20:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200114 
>200099
高い金をだしてさほど差が出なかったIntelさんの近々世代を遠まわしでディスるのはやめて差し上げろ
14→15世代は上昇は期待できるだろうからw
2024/04/04(Thu) 12:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://northwood.blog.fc2.com/tb.php/12261-f274683d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック