北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel unveils new Xeon 6 branding for Granite Rapids and Sierra Forest processors — efficiency core models launch this quarter; performance-core models come soon after(Tom's Hardware)
Intel Unveils New Branding For 6th Generation Xeon Processors: Intel Xeon 6(AnandTech)
Intel Xeon Scalable Gets a Rebrand: Intel "Xeon 6" with Granite Rapids and Sierra Forest Start a New Naming Scheme(TechPowerUp)
New Intel(R) Xeon(R) Processors(Intel)

Intelはデータセンターやクラウド、エッジ向けの次世代ProcessorについてXeon 6という新しいブランド名を与える。Xeon 6 processor with Efficeint-cores (E-core) は並みはじれた効率をもってこの第2四半期チュに、Xeon 6 processor with Performance-cores (P-core) はAI性能を強化しE-core processorの後すぐにローンチされる。

Intel Xeon 6 processors with E-cores―“Sierra Forest”は第2世代Xeon processorと比較し4倍のPerformance-per-wattと2.7倍のラックあたりの密度を誇る。そして顧客は旧型のシステムを概ね1/3の規模のシステムで置き換えることが出来、消費電力の削減を可能とする。
 
Intel Xeon 6 processors with P-cores―“Granite Rapids”はMXFP4 data formatを新たにサポートすることでレイテンシを減少させ、FP16の使用時、第4世代Xeon processorの最大6.5倍のパフォーマンスとなる。またLlama-2 modelsで700億のパラ―メータを走らせることが出来る。

Xeonの歴史は20年を超えており、その呼び名も世代によって変わっている。

Xeonとして独立した“Foster”(初代Pentium 4である“Willamette”がベース。180nmプロセス)の頃はシンプルにXeon processorと呼ばれた。場合によっては2-wayまでの製品をXeon DP、4-way以上に対応する製品をXeon MPと呼ぶこともあった。

変化があったのはNetBusrtからCore Micro architectureへ移行する頃のことだ。Xeon MPと呼ばれていたのもはXeon 7000 seriesに、Xeon DPと呼ばれていたものはXeon 5000 seriesに、そして1-wayのXeonはXeon 3000 seriesとなった。これが適用されたのはXeon MPはNetBusrt 90nm世代の“Paxville”から、Xeon DPはNetBurst 65nmの“Dempsey”からである。概ね“Nehalem / Westmere”の世代までこの命名体系が続いた。

その次はMulti-processor対応の大規模システム向けがXeon E7、Dual-processorを中心とするメインストリームがXeon E5(4-way対応のXeon E5-4600 seriesという例外あり)、1-way向けのエントリー向けがXeon E3となった。Xeon E7は“Westmere”から、Xeon E5, E3は“SandyBridge”の世代からとなる。

“Skylake-SP”から現行のXeon Scalable Processorとなる。Xeon E7が担ってきたMulti processor向けとXeon E5が担ってきたDual processor向けのプラットフォームが統一される。命名体系は上から順にPlatinum, Gold, Silver, Bronzeと貴金属の名前を冠したものとなった。
現行世代は第5世代Xeon Scalable Processorの“Emerald Rapids”である。

そして2024年にE-core―“Crestmont”がベースの“Sierra Forest”とP-core―“Redwood Cove”がベースの“Granite Ridge”が登場する。順当に行けば第6世代Xeon Scalable Processorになりそうだったが、今回Intelはこれらの世代の製品を“Xeon 6 processor”と呼称することを発表した。Core Ultraが第○○世代を強調しなくなったように、Xeonもまた第○○世代を強調しなくなった。また“Scalable processor”という呼称も外れた。

しかし明らかになったのはここまでで、実際の製品の命名体系がどうなるかまでは不明だ。Xeon SPで使用されている貴金属の名前を冠したモデル名も使用が継続されるのかはたまた廃止されるのかも不明である。

今回明らかになったのはXeon 6 processorのブランド名と、登場時期である。“Sierra Forest”はこの第2四半期中、“Granite Rapids”は“Sierra Forest”の後すぐの時期となる。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
200187 
>>並みはじれた効率をもってこの第2四半期チュに
落ち着いて深呼吸するのです
2024/04/11(Thu) 00:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)