北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel launches first Core Ultra CPUs for LGA-1851 socket, featuring Meteor Lake architecture for the edge(VideoCardz)
Intel Core Ultra “Meteor Lake PS” LGA 1851 & Core “Raptor Lake PS” LGA 1700 Socketed CPUs For Edge(WCCF Tech)
PS Series of Intel(R) Core(TM) Ultra Processors(Intel)

Intelはエッジ向けに“Meteor Lake-PS”をベースとするCore Ultra processorと“Raptor Lake-PS”をベースとするCore processorを発表した。“Meteor Lake-PS”はLGA1851に、“Raptor Lake-PS”はLGA1700に対応する。

位置づけとしては“Meteor Lake-PS”が上位のCore Ultra、“Raptor lake-PS”が下位のCoreとなる。
“Meteor Lake-PS”の中身は基本的にはMobile向けの“Meteor Lake”と同じであるが、LGA1851 socketに対応する点が最大の相違点となる。“Meteor Lake”ファミリーとしては唯一のSocketに対応するシリーズとなる。ラインナップは合計9種類でTDP45Wの“HL series”とTDP15Wの“UL series”で構成される。前者の最大構成は6 P-core + 8 E-core + 2 LP E-coreの16-core/22-thread、後者は2 P-core + 8 E-core + 2LP E-coreの12-core/14-threadとなる。


“Meteor Lake-PS”のラインナップは以下の通り。
 
Core Ultra 100 series(Meteor Lake / Intel 4)
P-core
(Redwood Cove)
E-core
(Crestmont)
キャッシュiGPU
コア/スレッド数
周波数メモリXe coreGPU周波数TDP
Core
Ultra 7
165HL
6-core/12-thread8-core
LP 2-core
L3=24MBIntel Arc45W
Base 2.40GHz
Max 5.00GHz
Base 1.90GHz
Max 3.80GHz
DDR5-56008Max 2.30GHz'24/4/9
Core
Ultra 7
155HL
6-core/12-thread8-core
LP 2-core
L3=24MBIntel Arc45W
Base 2.40GHz
Max 4.80GHz
Base 1.90GHz
Max 3.80GHz
DDR5-56008Max 2.25GHz'24/4/9
Core
Ultra 5
135HL
4-core/8-thread8-core
LP 2-core
L3=18MBIntel Arc45W
Base 2.80GHz
Max 4.60GHz
Base 2.00GHz
Max 3.60GHz
DDR5-56008Max 2.20GHz'24/4/9
Core
Ultra 5
125HL
4-core/8-thread8-core
LP 2-core
L3=18MBIntel Arc45W
Base 2.50GHz
Max 4.50GHz
Base 2.00GHz
Max 3.60GHz
DDR5-56007Max 2.20GHz'24/4/9
Core
Ultra 7
165UL
2-core/4-thread8-core
LP 2-core
L3=12MBIntel Graphics15W
Base 1.70GHz
Max 4.90GHz
Base 1.20GHz
Max 3.80GHz
DDR5-56004Max 2.00GHz'24/4/9
Core
Ultra 7
155UL
2-core/4-thread8-core
LP 2-core
L3=12MBIntel Graphics15W
Base 1.70GHz
Max 4.80GHz
Base 1.20GHz
Max 3.80GHz
DDR5-56004Max 1.95GHz'24/4/8
Core
Ultra 5
135UL
2-core/4-thread8-core
LP 2-core
L3=12MBIntel Graphics15W
Base 1.60GHz
Max 4.40GHz
Base 1.10GHz
Max 3.60GHz
DDR5-56004Max 1.90GHz'24/4/8
Core
Ultra 5
125UL
2-core/4-thread8-core
LP 2-core
L3=12MBIntel Graphics15W
Base 1.30GHz
Max 4.30GHz
Base 800MHz
Max 3.60GHz
DDR5-56004Max 1.85GHz'24/4/9
Core
Ultra 3
105UL
2-core/4-thread4-core
LP 2-core
L3=10MBIntel Graphics15W
Base 1.50GHz
Max 4.20GHz
Base 1.00GHz
Max 3.50GHz
DDR5-56003Max 1.80GHz'24/4/9


基本的には“L”のつかない同型番のMobile向け製品と類似したスペックを有する。TDP45Wを基本とする“HL series”が4種類、TDP15Wの“UL series”が5種類で構成される。興味深いのはUL seriesもLGA1851 socketで提供されることだ。またI/OもHL seriesとUL seriesで概ね共通しており、PCI-Express 4.0レーンが20本用意される。うちわけは2系統のPCI-Express 4.0 x4がストレージ向け、残る12本―3系統のPCI-Express 4.0は汎用となるようだ。加えてThunderbolt 4が4系統、USB3が2ポート、USB2が10ポート搭載される。画像出力はDisplayPort 2.1, HDMI 2.1, eDP 1.4bに対応する。ネットワーク機能はLANとWiFi 6Eが搭載される。

メモリはDDR5-5600までの対応で最大64GBを搭載できる。

ブロックダイアグラムを見る限り今回出てきた“Meteor Lake-PS”には対となるチップセットは存在せず、Processorのみで完結しているように見える。LGA1851は“Arrow Lake-S”にも使用される予定だが、おそらくこちらはチップセットが用意されるため、チップセットを持たない“Meteor Lake-PS”との互換性はなさそうである。過去の情報においても“Meteor Lake-PS”のLGA1851と“Arrow Lake-S”のLGA1851は物理形状は同じだが、互換性はないだろうことが示唆されていた。

“Raptor Lake-PS”は“Meteor Lake-PS”の下位製品としてCore 100HL/Core 100UL seriesとして投入されている。前者が最大6 P-core + 8 E-core、後者が2 P-core + 8 E-coreまでの構成である。iGPUは最大96 EUのXe-LPコアベースのものである。この構成はデスクトップ向けの“Raptor Lake-S”ではなくMobile向けの“Raptor Lake-H/P”や“Raptor Lake-U”と同じものである。CPUコア数は少ないがiGPU規模は大きい。
I/OはPCI-Express 4.0を20本有する。メモリはDDR5-5200とDDR4-3200の両対応である。

おそらくこの“Raptor Lake-PS”もSocketこそLGA1700だが、既存のLGA1700マザーボードで使うことは難しいだろう。6 P-core + 8 E-coreでiGPUが強力かつTDP45WのSocket対応モデルとしてみた場合、一定数の自作PCユーザーの支持がありそうだが、これが自作PCで使えるかと問われるとおそらくは難しいだろう。

他にもエッジ向けの製品として“Gracemont”をベースとしたAtom 7000 seriesやArc A seriesが発表されている。

(追記:2024年4月14日1時46分)
Intel’s LGA-1851 Socket Pictured, Ready To Debut With Meteor Lake-PS & Also Arrow Lake “Core Ultra 200” Ready(WCCF Tech)
Arrow Lake-PS is coming: Intel unveils new LGA 1851 socket(Igor's Labs)

LGA1851 socketの写真が掲載されている。Socketの寸法は45×37.5mmでLGA1700と同じだが、Socketの縁の切り欠きの位置と個数がLGA1700と異なっている。

また“Meteor Lake-PS”の後継として“Arrow Lake-PS”というものもあるようで、“Meteor Lake-PS”に対応できるLGA1851マザーボードは“Arrow Lake-PS”にも対応できる可能性があるようだ。“Meteor Lake-PS”同様、“Arrow Lake-PS”もチップセットレスのプラットフォームとなる。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)