北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD to Stick to RDNA 3+ To Power Processor iGPUs Till 2027 At Least(TechPowerUp)
AMD APUs rumored to use RDNA3+ GPU architecture until at least 2027(VideoCardz)
Golden Pig Upgrade Package 24-4-10 17:06(Weibo)

Weiboでしばしばリーク情報を投稿しているGolden Pig Upgrade氏によると、AMDはAPUに統合されるGPUのアーキテクチャを少なくとも2027年までRDNA 3.5 / RDNA 3+で維持する模様だ。

AMDはまだRDNA 3からRDNA 3.5 / RNDA 3+への変更点を明らかにしていないが、少なくとも何も変化がないということはないと思われる。“Zen 5”ベースのAPU―“Strix Point”、“Strix Halo”、“Kraken”はいずれもRDNA 3+をiGPUのアーキテクチャとして採用する。なお、“Granite Rapids / Fire Range”については“Raphael”と同じI/O dieを使用するため、iGPUはRDNA 2が使用されることになる。
 
AMDのGPUアーキテクチャについてはRDNA 4とRDNA 5が噂レベルではあるが出てきている。そのうち、RDNA 4についてはハイエンド市場をターゲットとせず、ミドルレンジからパフォーマンス帯に注力することが伝えられている。

RDNA 5はMicrosoftの資料でその名が出てきており、新しいゲームコンソールのカスタムチップにRDNA 5のIPが採用されるという話がある。

APUのコードネームについては“Strix”の次となる“Sound Wave”が名前としてでてきている。“Sound Wave”はCPUに“Zen 6”を採用する可能性のあるものであるが、GPUのアーキテクチャが何になるかはまだ情報が出てきていない。

RDNA 3.5 rumor (2024年4月12日)

“Zen 5”世代のAPUに使用されるGPUはRDNA 3.5ないしはRDNA 3+と呼ばれるアーキテクチャを採用すると前々からいわれている。今回の話はそのRDNA 3+が比較的長く続き、2027年まで使われる可能性があるというものだ。少なくとも“Zen 5”世代のAPUでは途中でGPUのアーキテクチャを変更はかからなそうである。

“Zen 3”の場合は、最初は“Vega”を採用した“Cezanne”が登場し、その次に“RDNA 2”を採用した“Rembrandt”が投入されている(厳密に言えば、“Rembrandt”のCPUアーキテクチャは“Zen 3+”と呼ばれる)。今回の話通りであれば、“Zen 5”世代で“Rembrandt”のようなものは出ないと推定される。

“Zen 6”世代がどうなるかであるが、“Zen 6”世代はおそらく2026年末か2027年初め頃と推定される。そのため、最初はRDNA 3+採用のAPUがでて、その後にGPUアーキテクチャを更新したものがでるか、最初からGPUアーキテクチャにも変更がかかるかは微妙なところだ。

“Zen 6”世代はまだ先の話なので、こちらは今後の情報を待たなくてはいけないが、とりあえず今回の話では、“Zen 5+”+RDNA 4みたいなAPUは出てこないということがいいたいのかもしれない。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
200209 
Vega時代はIntelが停滞してたので競争できたけど
今後しばらくIntelのiGPUアーキテクチャと性能が伸びそうだから心配・・・
Lion CoveがHTT廃止以外にセキュアなマイクロアーキになるならAMDのアドバンテージはAVX-512ぐらいになる
2024/04/12(Fri) 03:59 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200214 
RDNA3は行列演算の性能が低い分省スペースだから、NPUにダイエリアを割きたいシリコンに使われるということかな
だったら行列性能が上がるであろうRDNA4以降のGPUを搭載してNPUを省いた方が効率的な気がするが...
2024/04/12(Fri) 07:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200216 
サーバー用のAI向けからAPUへの組込まで幅広くなってしまったので
バス周りを含めてGPUアーキテクチャの再編が入るのか?
2024/04/12(Fri) 08:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200220 
RDNA2みたいにしばらくはゲーム機向けのRDNA5の開発が優先でPC向けは抑え気味にするんですかね
2024/04/12(Fri) 10:31 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200221 
VEGAを何年も使いまわしたし別に不思議じゃない
2024/04/12(Fri) 10:42 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200222 
「上去れゲル」、じょうされげる…うえされげる…うわされげる…
…「うわされべる」か?
2024/04/12(Fri) 11:51 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200223 
どんだけ失敗作世代なんだRDNA4?
2024/04/12(Fri) 12:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200225 
8700Gと8600Gの性能差がコア数の割に少ないのは、既にDDR5で出せる性能限界ラインに到達している可能性が高く
DDR5で在る内はGPUアーキテクチャを更新しても実性能はもう殆ど上がらないと言う事でしょうな

恐らく、DDR5世代でAPUの性能を今以上に上げるにはiGPU用キャッシュを積むぐらいしか無いとは思いますが、APUを求める顧客の多くはコスト増を嫌がるので需要が少ないと見ているのでしょうね

IntelのiGPU性能が伸びそうと言う意見がありますが、AMDと性能&価格で勝負するには採算度外視で販売するしか無いので難しいかと(IntelのAPUは、構造上AMDよりもコストが掛かる)
DDR4世代より差は縮まると思いますが
2024/04/12(Fri) 14:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200227 
どのみちメモリが足引っ張って効率悪くなるからアーキテクチャ進めるよりキャッシュなどに手を入れた方が効率良さそう
2024/04/12(Fri) 19:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200230 
てっきりその役目はRDNA4が担うものかと思ってたが、
この記事を見るにガチで失敗作なんだな…
2024/04/13(Sat) 00:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200231 
メモリ周りはCAMM2である程度解消するだろうけど
誰も彼もCAMM2を使ってくれるわけではないだろうし
使ったとしても"Strix Halo"のような大規模なGPUを持つAPUでカツカツになりそう
2024/04/13(Sat) 02:22 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200233 
IODは再設計しやすそうなので、RDNA2(あると便利ではある)ではなくXDNA(50TOPSぐらいの)を載せる、ついでにメモリ周りが弱いのでラストレベルキャッシュとしてIODの上にX3D x2載せればいいのに
それともCCDは2-3個で一つは必ずXDNAにするとか?
Intelはそのくらいのコトはしてる
2024/04/13(Sat) 05:50 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
200237 
てことはゲーミングポータブルPCも今年RDNA3→3.5のアップぐらいで、
それ以降はLPDDR6が来るまでジャンプアップは望めないのかな。
それかXboxかPSのポータブル機器とかではカスタムでキャッシュ積むかぐらいか。
2024/04/13(Sat) 08:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200240 
タイル化を完了したintelはCPUやI/F(SoCタイル)と独立してGPUが改善できるのに対して、モノリシックだとどうしてもI/Fとのバランス見ながらノードを選ぶ必要が出てくるからねえ。

200227
GPUのアーキテクチャの改善には、キャッシュヒット率の改善とキャッシュ圧縮率の向上が含まれる(少なくともBattlemageではそこに手が入る)ので、そこだけでも世代更新は必要なのよね
2024/04/13(Sat) 11:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200244 
>200240
せっかくチップレット化したのにLunarではモノリシックに回帰するっていうね…インターコネクトが非効率になるのをモバイルでは許容できなかった
SoCタイルはただのPCHだからCPUのチップレットはデスクトップRyzenのようにある程度アイドルの消費電力を妥協するしか無さそう
2024/04/13(Sat) 18:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200245 
なんとなくRDNAの進化は期待通りではなさそう
AI関連の機能を確実にアップする必要性も出てきたのも原因そうだけど
2024/04/13(Sat) 18:47 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200260 
>200244
ブロック単位の電源管理の強化、Eコアの純LP-Eコア化、PCIeの削減など待機~少負荷時の電力削減は力が入ってるよ。
モノリシック化は、EUV購入を渋って生産能力が不足した(IFS分離決算発表時のコメント)ことによる一時的措置という感じも
2024/04/14(Sun) 09:15 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200303 
・新しいRDNA4にはノートPCのAPUでは使わないような機能が存在するので、その分無駄にシリコン面積を消費する
・そもそも、iGPUの性能は今はDDR5の帯域によって制限されている以上、GPUコアを増強しても性能は伸びない
・APUに使うGPUの種類が多ければ、その分ドライバでサポートしなければならない種類が増え、個々の製品に対する最適化は手薄になる

とまあ、変えない理由ばかりがあるという感じ
2024/04/17(Wed) 15:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)