北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Panther Lake “PTL-U” Mobility CPU Test Tools Spotted, BGA2540 Form Factor(WCCF Tech)
Intel PTL, BGA2540(@harukaze5719)
BGA2540-PTL-UPH Interposer for the Gen5 VR Test Tool(Intel Design-in Tools Store)

Intelの公式Webサイトに“PTL-U”―“Panther Lake”のテストツールの記載が見つかった。

“Panther Lake”は“Arrow Lake”の次のクライアント向けCPU製品で、Intel 18Aでの製造になるとされる。“Panther Lake”についてはその初期シリコンがFabにあることが最近になって明かされたが、まだ戻ってきてはいない段階と推定される。しかしながら、Intelは“Panther Lake”の地固めをすする構えで、“PTL-U”―“Panther Lake-U”のテストツールが今回公開されたのもその流れだろう。“Panther Lake-U”はノートPCなどMobile向けの低消費電力モデルだろう。そして今回の記述からBGA2540が使用されるであろうことが示唆される。
 
BGA2540-PTL-UPH Interposer (2024年4月14日)

“Arrow Lake”の次の世代と目されているのが今回の“Panther Lake”である。ただ、若干先の話でもあり“Panther Lake”に関する情報は不確かのものが多い。今回のWCCF Techは“Arrow Lake”に続く「メジャーなクライアント向け製品」と呼んでおり、“Arrow Lake”のように幅広く展開されることを示唆しているようにも読めるが、過去には“Lunar Lake”のようにMobile向けに限られた製品という話も出ていた。

製造プロセスは時期的にIntel 18Aである。使用されるコアの名前は今ひとつ定まっておらず、P-coreはどうやら“Cougar Cove”となりそうである。“Panther Lake”とする情報も過去にはあったが、今では“Panther Lake”の名前と混同したものと見られているようだ。E-coreは“Skymont”なのか“Darkmont”なのかで揺れがある。なんとなく“Darkmont”じゃないかとは思うのだが。

WCCF Techは“Pnather Lake”がデスクトップ向け―LGA1851にも登場すると見ているようだが、この時代のデスクトップは“Arrow Lake Refresh”だという噂も過去にあり、本当にどうなることやら・・・。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
200261 
Diamond rapidsが使うコア
2024/04/14(Sun) 09:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200276 
BGA2540-PTL-UPH
BGA2833-LNL-M
BGA2114-ARL-HX
BGA2049-MTL-P
BGA1744-ADL-P

今までの命名規則から見ると、Panther Lake-UというよりPanther Lake-U, -P, -Hというように見える。

DarkmontはClearwater forestでも使うと言われているし、18A世代用のskymontのマイナーチェンジじゃないかな。Gracemont→Crestmontのように最適化だけでIPCは変わらない類の。
2024/04/14(Sun) 18:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200335 
>>200276
Gracemont→CrestmontはIPC4~6%向上している
IPCが向上していないのはRedwood Coveの方でこちらはキャッシュの容量帯域を上げて性能効率を上げたもの
2024/04/19(Fri) 18:26 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)