北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
ASUS Adds “Intel Baseline Profile” Option In BIOS To Mitigate 14th & 13th Gen CPU Gaming Stability Issues(WCCF Tech)
ASUS adds “Intel Baseline Profile” to its Z790 motherboards amid Core i9 stability issues(VideoCardz)
"Intel Baseline Profile option" on/off(HXL@9550pro)

ASUSは同社のマザーボードのBIOSに“Intel Baseline Profile”を提供した。この“Intel Baseline Profile”は第13・14世代Core processorの安定性問題を軽減するためのものである。

第13・14世代Core processorである“Raptor Lake”はゲームプレイ時の安定性問題が指摘されており、原因はマザーボードメーカーがデフォルト設定でCPUが定める限界を超える設定を行っていることにある。そのため、過剰な電圧・電力がCPUに供給され、時間経過とともにシリコンの劣化を招くことになる。
 
この“Raptor Lake”の安定性問題はUnreal Engineを使用したゲームのロード時に“Oute of Video memory”のポップアップが表示されるものである。この時内部で“Shader Compilation”がスクリーンにロードされており、CPUには大きな負荷がかかっている。
この問題により、“Raptor Lake”を返品する、AMDなど競合製品を選択するといった動きが高まっている。Intelもこの問題を認め、現在この問題に対して調査中であるというコメントを行っているが、公式な修正はなさそうである。


そんな中、ASUSやMSI等のマザーボードメーカーは組み立てPCメーカーであるFalcon North Westとともに、この問題に対する効果的なソリューションを提案し、この問題を軽減するだけでなく取り除いているが、一方でその代償は大きなものとなる。ASUSはZ790マザーボード向けの最新BIOSに“Intel Baseline Profile”と呼ばれる機能を追加した。この“Intel Baseline Profile”はCPUの性能をIntelが定めたデフォルトの値に設定し、電力上限を低くして安定性を高めるものである。

手動で“Intel Baseline Profile”に準拠した設定にすることもできるようで、Falcon North Westがその設定の案内を以下のように行っている。

○Ai Tweaker Tabの項目を以下のように設定
  ・ASUS MultiCore Enhancement (MCE) → Disabled
  ・SVID Bhavior → Auto (Set To Intel Fail-Safe is estra stability required)

○Ai Tweaker TabでInternal CPU Powerに進み、以下のように設定
  ・IA CEP → Enable
  ・SA CEP → Enable
  ・Inverse Temperature Dependency Throttle → Enaeble

○Ai Twekar TabでThermal Velocity Boostに進み、以下のように設定
  ・TVP Voltage Optimizations → Enable
  ・Enhanved TVB → Enable
  ・Overclocking TVB → Disable

○Advanced TabでCPU Configuration / CPU - Power Management Controlに進み、以下のように設定
  ・CPU C-States → Enable
  ・Enhabned CPU C-States → Enable

そしてAi Tweaker TabからAi Tweaker/Internal CPU Power Managementに進み以下の設定を行う
  ・CPU Core/Cache Current Limit Max→IccMax (Amp) の値を設定。Core i9 Kであれば307ないしは400
  ・Long Duration Package Power Limit→PL1の値を設定。Core i9 Kであれば253、i9 KSは253ないしは320
  ・Package Power Time Window→PL2 Power (Tau) の値。Core i9 Kであれば56
  ・Short Duration Package Power Limit→PL2の値、Core i9 Kであれば253、i9 KSは253ないしは320

そもそも論、なぜマザーボードの初期設定がカツ入れオーバークロック仕様になっているのかという疑問がある。

Core i9 12900 Unlimited Idle (2022年10月15日)

上はCore i9 12900をASUS ROG Strix Z690-G Gamingにそのまま載せた状態で動かしたものである。

PL1とPL2の値がUnlimitedになってしまっている。本来のCore i9 12900の設定であればPL1 = 65W / PL2 = 202Wとなるはずだ。このPL1 = Unlimited / PL2 = Unlimitedの状態で高負荷をかけると、CPU動作温度がTj Maxの値である100℃で張り付き、無慈悲な熱風を周囲に巻き散らかし、ユーザーの心身をそれはそれは暖かく包み込んでくれる(冬ならいいけどさぁ・・・)

ASUSのマザーボードで新たに導入された“Intel Baseline Profile”はFalcon North Westが案内している上記の設定を一括で行ってくれるもののようだ。

ただし、この設定を行うと当然ながら性能に影響があり、Core i9 14900KSの場合、CineBench R23 Multi-coreのスコアが40998 ptsから35851 ptsに低下している。概ね一割強の低下である。つまりは、性能低下を許容して安定性をとるか、安定性を犠牲にして性能をとるかの二択を迫られるわけであるが・・・本来であれば“Intel Baseline Profile”の方が初期設定であるべきなんじゃなかろうか(TDP65WのCPUを適当に突っ込んだら、謎の高熱源体ができるなんて思わないよ)。今のデフォルトカツ入れオーバークロック設定はそれこそ“Perfomance Boost Profile”(名前は適当)とでもして、別に設定できるようにすればいいのではなかろうか。

“Raptor Lake”そのものの消費電力・発熱の高さの問題として語られることもあるようだが、これに限ってはどちらかというとCPUよりもマザーボードの初期設定に問題がありそうだ。“Intel Baseline Profile”に沿った設定が初期設定で、これに準じたシステムでこの問題が起きていなければ、この仮説の裏付けとなるだろう。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源

コメント
この記事へのコメント
200362 
これに懲りてマザボメーカーの皆様にはUnlimitedをデフォルトにするのを止めてほしいな
ArrowはFoveros採用でPL2かなり下がっちゃうらしいから流石にやらないだろうけど、Zen5のXモデルがどうなることやら…
2024/04/21(Sun) 13:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200363 
今のIntel CPUはBIOSでPL制限をかけて使う前提との認識ですが
(IntelはSkylakeで知識が止まっているので、間違ってたら失礼)
このやり方は、BIOS更新時に一度デフォルト設定に戻すことを考えると
よろしくないと思っています。

各項目を元々設定していた内容に変更する必要がある=変更忘れで
PL無制限のまま使ってしまう可能性があるわけですよね。
せめてデフォルトでは安定性重視の設定にしてほしいところです。
2024/04/21(Sun) 13:49 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200366 
Alder lakeの発売前にPL2 & Tau無制限を許可するように要求していたのはIntel側なわけで、Intelに責任がないかと言われたらあるように思う。

原因の推測をすると、温度自体はZen4より低いので、電流そのものが引き起こすエレクトロマイグレーション(電流が導体中のイオンを動かすこと)による長期的物理破断が原因じゃないかと思う。
銅配線のエレクトロマイグレーションの大きさが問題になって、10nmでコバルト配線を導入してこれが10nmを遅らせた原因になり、その使用量を減らすためにM0/M1以外は銅配線なのだが、
高クロック・高電圧をかけつづけたことで銅配線部分のエレクトロマイグレーション寿命を急速に使い果たしたというのが個人的憶測。
Intelの開発目標は「10年で故障率0.1%未満」だが、Intel 7の銅配線はそれを下回っている(保証期間は3年だが)
2024/04/21(Sun) 15:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200367 
北森さんの初期設定がおかしいはよくぞ仰ってくれた感

あとそもそもIntelが何でこんなピーキーな商品だらけになったかはチックタック崩壊に遡ると言っていい

で何故チックタックが崩壊したかと言うと・・・
おっと誰か来たようだ
2024/04/21(Sun) 16:35 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200368 
LGA1700世代のCPUはUnlimitedモードで運用しないと対抗のRyzenに性能でもワッパでも勝てないので、Intel側がマザボメーカーにBIOSをUnlimitedモードを基準にして販売する事を要請したと思ってた
(販売開始初期の各メディアが出す性能比較でベンチスコアだけはどうしても勝ちたかったのではと)

何かIntelがマザボメーカーに責任を擦り付け様としている様に見えるのは私の気のせいだろうか…
2024/04/21(Sun) 16:53 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200371 
ベンチ優先のしっぺ返しとしか思えない
ほぼ全てのユーザーに限界OCのメリットなんて無いのに何故この設定がデフォルトではないのか
2024/04/21(Sun) 19:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200372 
果たして「公式電圧設定」で「公式ブーストクロック」である「6.2GHz」や「6.0GHz」は実現するのだろうか。液体窒素なり液体ヘリウムなりを使わない限り一般のご家庭の環境では絶対に達成し得ない数値だった場合、スペック詐欺で集団訴訟されるリスクもあるんだろうなあ。怖い怖いアメリカの消費者を舐めたら痛い目を見る。
2024/04/21(Sun) 20:30 | URL | LGA774 #1wIl0x2Y[ 編集]
200373 
カツ入れがデフォルトとは謎な時代になったもんだ

SiCで解決(超無責任
2024/04/21(Sun) 21:37 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200374 
ここ最近のintelはRyzenに性能で勝るためにカツカツに盛ってるけど、
そのせいで一昔前の感覚なら常用OC扱いされるような設定が常態化されてたからね。
そもそも、元の設定がきちんとしていればUnlimitedモードにしても消費電力は常識的な範囲で収まるはずなんだよ。

起こるべくして起こった問題にしか見えないんだよね。
2024/04/21(Sun) 23:34 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200376 
>200368
その通りで、本来ベンダー側がIntel側に許可なく安定性を損なう行為は原則として勝手にできない、力関係で出荷停止とか報復行為されたら即終わるし

各メディアでのベンチ比較で負けるのだけは避けたいから一部SKUは盛り盛り設定が事実上デフォだった訳で、優良誤認と言われても致し方ないのでは?

アメリカで集団訴訟になってもおかしくはないが….言われている通り経過による経年劣化(エレクトロマイグレーション)不可避としたら買った人には災厄
2024/04/22(Mon) 00:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200377 
周波数上げるしかなくて数揃わないから検査ガバガバにしたんか
2024/04/22(Mon) 01:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200378 
>>200372
それはシングルの最高数値だから今回の制限の影響は受けないと思うよ
PL2制限で大きく影響するのは基本マルチ
2024/04/22(Mon) 01:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200380 
定格にすると数値の下がり方がハンパないですね…
いまのIntel CPUのベンチ数値はOC前提なんですね
2024/04/22(Mon) 08:05 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200381 
IntelにしてもAMDにしても
結局被害を受けるのはユーザーという事か
2024/04/22(Mon) 08:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200383 
>それはシングルの最高数値だから今回の制限の影響は受けないと思うよ

その認識は明確な間違いですよ。今回制限するのはPL2だけではありません。電圧など諸々全てを制限するので「影響は大アリ」ですよ。最高の周波数を出すためには最高の電圧が必要なのは小学生でもわかりそうなこと。影響が出るのは当然です。
2024/04/22(Mon) 08:41 | URL | LGA774 #1wIl0x2Y[ 編集]
200384 
正直不良品としか思えない・・・
2024/04/22(Mon) 09:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200387 
競争は好ましいとかメディアも煽り
ユーザーもメニーコア化やシングル性能向上に声を荒げたしなぁ

自分はBroadwellまでの路線が好きだった
2024/04/22(Mon) 10:17 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200389 
オーバークロック自体が半導体の動作マージンを削っていく行為だから
やりすぎるとこうなるよねっていう
2024/04/22(Mon) 12:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200391 
こりゃ近い将来Armに淘汰されそうだな…
2024/04/22(Mon) 13:45 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200392 
正式に許可してたのか黙認だったのかは分からないけど、どちらにせよIntelの責任は大きいよなあ
2024/04/22(Mon) 14:10 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200394 
いうてもTDPに制限かけただけでシングルの最高周波数6.2GHzは全然出せなくなるけどな。6.2GHzは発熱がやばすぎて「瞬間芸」なのはご承知の通り。冷却力が相当に足りてないとろくに維持もできない。

ましてや今回の措置で電圧にも制限をかけるのだから、6.2GHzは市販品のAIOなり空冷なりのクーラーの冷却力では無理になるだろうな。
2024/04/22(Mon) 14:59 | URL | LGA774 #1wIl0x2Y[ 編集]
200395 
この設定にするだけ安定するんですか?
それとも他にいじるところってあったりしますか?
2024/04/22(Mon) 15:06 | URL | ああ #-[ 編集]
200396 
なあにPrescottで、鍛えられた猛者より・・
マイグレーションより熱風でCPU付近の電解コンデンサ破壊が大きかったですね・・・

Coreアーキもどんずまりに来たということですかそうですか・・・
2024/04/22(Mon) 20:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200397 
K付きを低電圧化目的で使用していた俺、大勝利!


・・・・そういう問題じゃあないんだよなあintelさんよおw
2024/04/22(Mon) 21:43 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200398 
今回のASUSの変更は電力制限でマージンを稼ぎつつ、LoadLine及びSVID変更によって、同クロックで比較して電圧を今までより盛る方向になってます
そのため電力効率はかなり悪化しますね

※CEP有効化により、高負荷時LoadLine補正が不足した際にパフォーマンスを低下させ安定性を確保するようにも変更してます

これには理由があり、
Intelはリファレンス仕様でLoadLine AC/DCを1.1に設定してますが、これだと14700kで1.5V 13700kで1.4V掛かるため爆熱になり、相当冷却しないとサーマルスロットルするため、
ASUS MCEなど有効時はLoadLineのAC/DC設定値がIntelリファレンスよりも低電圧駆動方向にチューニングされていて
(CEPデフォルト無効のZ系とCEP強制有効のB系で程度は異なる)
コア電圧が0.1-0.2V低くなり温度が15-20度低下します

B系M/B使用時にやけに熱いとか電圧突っ込んでるってレビューで見ますけど、原因はこの設定値によるものです

そんな感じですんで、パフォーマンス維持しながら高電圧と発熱による破損を防止するならば、LoadLine AC/DCをM/BとCPU個体差に合わせてチューニングする必要があるけど、それをユーザにやらせるわけにはいかないし
そもそもLoadLineを数値指定できるM/BがエントリークラスからあるのはASUSくらいしか多分無いという
2024/04/22(Mon) 22:12 | URL | LGA774 #hL9YI55g[ 編集]
200400 
もう13、14世代i9、i7の中古は売るのも買うのもダメでしょうなあ
誰も壊れかけのを掴まされるとか御免でしょうし
2024/04/22(Mon) 23:41 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200401 
あまり他社の話題を出すのは良くないと分かってはいるけど、原因は違えど今世代は青緑赤みんな炎上or破損したな…
2024/04/22(Mon) 23:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200402 
>>200368
「デフォルトがUnlimitedの上位マザー」自体は昔から少なからずあったけどね
最大コア数が少なかった殿様時代とシュリンク直後のAlderは無制限でも大きく設定値を超えるなんてことはなかったから注目されてなかっただけ

Comet時代に八雲さんがUnlimitedで大変な目に遭っていたあの頃が懐かしい…
2024/04/23(Tue) 00:12 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200404 
>>200368
Intel側がマザーボードメーカーにBIOSをUnlimitedモードを基準にして販売する事を要請した訳では無い

競合他社がデフォルトで電力無制限に設定している状況で自社だけがインテルの推奨設定を律儀に守った場合
殆どの人はデフォルトのまま使うので、〇社のマザーボードでは性能が出ないという風評を立てられてしまい損をするだけ
モバイルならともかくデスクトップのハイエンドで電力効率が高い設定をしても絶対性能が低いと売りにはならない
なので競争の原理が働いて自然とUnlimited設定が標準になって行ったというだけの話


本当にデフォルトでオーバークロックをしていた場合は流石にマザーボードメーカーの責任だけどその可能性は低いと思う
Unlimited設定はあくまで冷却が間に合う限りは無制限で電力を使うというだけなのでオーバークロックでは無い
なのでインテルはその設定で運用しても少なくとも保証期間中は壊れないように作っておかなければならない

まだ調査中の状況で確実な事は言えないけどインテルの過失である可能性がもの凄く高い
2024/04/23(Tue) 03:06 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200405 
マザボの初期設定がおかしいのは結局のところメーカーの提示するCPUの仕様に問題があるからとしか
2024/04/23(Tue) 06:08 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200406 
広告メディアはこのプロファイルでベンチマーク取り直しなんてことはしないんだろうなぁ
2024/04/23(Tue) 06:48 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200408 
>200387
正常な競争は望ましいのは当たり前。そこは全く否定する所ではない
ただ、正常な競争の枠から外れたら批判されるのも当然の話
独禁法違反で負けたり、競合メーカーに負けそうだからと電圧盛り盛りを正常化させるのはNG
2024/04/23(Tue) 08:03 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200411 
昔はOCは自己責任で!!
だったのにデフォルトで勝手にやってくれるのはいいけどここから先は自己責任で!
じゃなくて最初から液体窒素前提みたいな設定は何考えてるんだとしか
2024/04/23(Tue) 12:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200412 
AMDよりIntelの方が安定しない日が来るとは思ってなかったわ
2024/04/23(Tue) 12:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200413 
「Shader Coplitation」って、Compilationの誤字だろうけど、どうやったらそう間違えられるんだろう
ググるとちょっと出てくるんだけど、実は何か別の意味があったりする…?
2024/04/23(Tue) 12:27 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200414 
劣化して壊れそうになっているCPUでこれやっても、長持ちしないだろうね。
どのCPUがどれだけダメージ受けてるかも分からないし中古市場はヤバい。
今回のIntel CPUの問題は見た目で判断付かないから本当に厄介。

>>200398
電圧や温度を下げて壊れたってことは、ブーストが効きやすくなって壊れるんでしょうね。
そういえば壊れたって言ってる人は水冷ばかりですね。
2024/04/23(Tue) 14:58 | URL | LGA774 #oyV.6EWY[ 編集]
200415 
そもそも「無制限」という言葉遣いが虚偽なんでね。「準公式・裏設定MTP」なのはバレてるんだよ。どうせIntelお墨付きだろ。

完全にコア数同一モデルの「K付き」と「K無し」では、無制限設定で稼働させた時の消費電力が異なるんだよね。しかも判で押したようにどの個体でもそうなる。

マザボメーカーが勝手にやったことにするのは無理筋。
2024/04/23(Tue) 15:04 | URL | LGA774 #1wIl0x2Y[ 編集]
200417 
9900Kのレビューで4亀が指摘してたな
このころからカツ入れ仕様が目立ってきたのか
2024/04/23(Tue) 18:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200418 
TDP64Wなら低発熱やでワイの小さいPCケースでも安心やと買ったCPUも確認したら無制限になっとったなんやこれぇ・・・

アメリカで「パーツの寿命縮んだぞごるぁ!」って訴訟とかありそうなもんだけど全然聞かないね。なんでだろう?
2024/04/24(Wed) 00:00 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200419 
地味に深刻なのは;

13世代と14世代のK付きモデルはリセールバリューが塵になったに等しい

不可逆的に劣化したCPUが確実に紛れ込んでいる訳で致命的よなぁ…

CPU単体のみならず、K付きを採用したBTOやメーカーPCも含めてアウト

保証期間過ぎてから故障とか目も当てられんわな、お手上げすぎる

そもそも修正BIOSがどこまで配布されない製品もあるだろうしなぁ

代償としてガッツリ性能下がる点も含め、相当しんどいぞ…
2024/04/24(Wed) 01:02 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200421 
ようやくこの詐欺まがいの消費電力問題が公になりつつあるか…
金輪際こんなことさせないよう徹底的に追求して欲しい
2024/04/24(Wed) 08:55 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200425 
何言ってんの結局はCPU側の問題だろ
2024/04/24(Wed) 11:21 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200426 
コメントを見る限り、「Intelが悪い」みたいな流れになっているけど
この問題、一か所の責任ではなく複数の要因が合わさったもののような
気がするな。まず、

「ベンチマークの状況が実際の状況とかけ離れていたとしても
そこでのマルチ性能が良くないと魅力が薄いと思うユーザー(とレビュアー)」

がいて、そのユーザーの期待を裏切らないために

「少しでもベンチマークのマルチ性能を良くするためにCPUメーカーの想定(MTP、PPT)を
無視して事実上上限なしに設定するマザーボードメーカー」

が現れ、

「(本当は省電力化したいけどあまり上手く行かないし
前より性能を上げないと買ってもらえなくなるから仕方なく)
CPUメーカーがMTP・PPTや電圧を盛って周波数を上げるようになった」

のだと思う。

このようなユーザーにとって「同程度の性能を低消費電力で」と言うのは
魅力が薄いと思うし(例:RTX4000シリーズ。まあこの場合価格も要因の一つかもしれないが)
AMDのRyzenの場合ダイサイズが小さいからあまり冷却できず
そこまで電力をかけることができないのに対し、
IntelのCoreの場合ダイサイズが大きいから大きな電力をかけることが
「できてしまう」のも要因だと思う。
2024/04/24(Wed) 12:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200430 
>>200415
K付きはより高周波数で動作するので同じ電力無制限設定でも消費電力が多くなるのは当たり前

インテルの示すガイドラインはあくまで指針であり強制ではない
選択する自由が基盤を販売している会社にある以上マザーボードメーカーが勝手にやった事で間違いない

重要なのは表ではガイドラインを敷いて置きながら裏ではマザーボードメーカーに電力無制限設定を強要している筈という陰謀論では無く
電力無制限設定が原因で故障していたとしても別に問題の有る設定という訳では無いので責任Intelに有るという事
2024/04/24(Wed) 20:01 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200431 
なあにPrescottで、鍛えられた猛者より・・
マイグレーションより熱風でCPU付近の電解コンデンサ破壊が大きかったですね・・・

Coreアーキもどんずまりに来たということですかそうですか・・・
2024/04/24(Wed) 20:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200432 
Core i7-8086Kで終わってたんだよ(しらんけど
2024/04/24(Wed) 20:56 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200436 
>200426
競合メーカーに負けそうだから、盛っているのはIntelなわけで
それをユーザーの責任みたいに転嫁されてもこまるし、ついでに

>マルチ性能が良くないと魅力が薄いと思うユーザー

E-Coreマシマシでマルチベンチの数値を盛ってるのもIntelなわけでー…
それをユーザーの責任みたいに転嫁されてもこまる(大事なので)
ついでに拡張命令セットで数値盛りだしたのもIntelなんだよなぁ…
2024/04/24(Wed) 23:46 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200448 
>>200436

確かに>>200426の書き方では
「他の要素を度外視してベンチマークのスコアで評価するユーザーがいるから
MBメーカーもIntelもおかしくなった。だからユーザーが悪い。」
と捉えられることもできるでしょう。
ですが>>200426で言いたかったのは
「MTP・PPTや電圧を盛って性能を上げたCPUを作ったIntel」
「Intelの想定(MTP)を無視して事実上上限なしに設定したMBメーカー」
「ベンチマークスコアだけで性能を判断するユーザー・レビュアー」
全てに責任があるのではないかということです。
確かに、Intelが無理して性能を盛ったCPUを作らなければ
マザーボードで事実上電力無制限にしてもこのような事態は防げたでしょう。
しかし、マザーボードで事実上電力無制限にできるようにしなければ
仮に無理して性能を盛ったCPUだったとしてもこのような事態は防げたと思います。
そう考えると、無理して性能を盛っているのはIntelとMBメーカー双方ではないでしょうか。
また、ベンチマークの状況が実際の状況とかけ離れていたとしても
実際の使用場面での性能ではなくベンチマークソフトのスコアだけで判断する
ユーザー・レビュアーは今回のような無理して性能を盛ったCPUは高く評価し宣伝になる一方、
たとえ実際の使用場面での性能は競合以上でもベンチマークソフトの
スコアが競合より低いと競合に負けていると判断され売れなくなるので
無理してでも性能を盛るのではないでしょうか。
2024/04/25(Thu) 13:52 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200461 
>200448
ベンチマークは指標として重要だが、現実とは乖離しているのは当たり前なのと
電力設定の無制限設定があるのはわかっている人向けならば全然問題ない
自らが設定したその結果で、何が起きるかも理解しているはずだから

ただ、一般ユーザー向けには電力設定を無制限にするのはダメ

そしてこの話で問題なのは"WCCF Tech"や"VideoCardz"には、この話がIntelが現状に苦言を呈し、Intelが旗を振って行われた結果の制限ではなくて、
双方ともに「マザボメーカーも悪いよね?」的なニュアンスを多分に含ませているけども
「Intelは問題を認識しているが、ASUS&MSIなどのハードメーカーが主導して行っているようだ(ざっくりまとめ訳)」と書かれてしまっている点

つまり、Intel自身が黙認していた可能性が高いって事が最大の問題
2024/04/26(Fri) 10:30 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200472 
>200448
それなんだよね
結局のところ皆性能しか見てないから、限界まで盛ったモデルばかり出てくる
一応RDNA2やMeteor Lakeみたいにワッパ重視の製品は出てはいるけど、どれも「競合より弱い」や「前世代からの進化が少ない」といった評価ばかり
今世代の3社揃って破損は起こるべくして起こったとしか言い様がない
2024/04/27(Sat) 10:33 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200477 
ベンチ性能以外をしっかり見てる人が多いからAMDが売れてるんだけどね
何言ってるんだろうね
そうまでしてユーザーのせいにしたいんだね
2024/04/27(Sat) 16:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200532 
そもそもベンチで負けて困るのはユーザーではなくインテルな訳で壊れない範囲に消費電力押さえて負ければいい。
それで売れないのならインテルの技術力不足なだけですし。
2024/04/29(Mon) 12:11 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200550 
>>200367
でも仮に10nmが順調でIce Lakeまで予定通り展開出来てたらEUVが実用化されていない頃に7nm(密度だけならN3Bに近い)を開発・量産する羽目になるからなぁ…
現実のIntel4と同じHPセルのみの実装だったとしてもここで長期間躓くのは確定で結局はピーキーまみれになっていそうではある
2024/04/30(Tue) 01:09 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200564 
>>200414
PL入れてない自作・一部BTOの水冷ユーザがASUS MCEなど各社の倍率変更設定有効にして(空冷じゃ意味ないので)、シングルスレッド高負荷時の最大ターボ倍率で全コア駆動してたせいじゃないかなあと
憶測ですけどね...

n=3の自分の経験でしか無いですが、仕様通りのターボ仕様でLoadLineの校正と低電圧化した14700k 13700k環境では、半年から1年使用して特に問題起きてませんね...

勿論、VRMの出来が悪い(応答性が悪い)M/B使ったり、雑に低電圧化したら問題起きるとは思いますが
2024/05/01(Wed) 09:04 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200589 
>> 200564
問題が起きるかどうかだけが問題ではなく電力無制限を辞めた時にインテルの公表する性能が出るかどうかの方が問題だと思います。
でなければ電力無制限の設定をインテル主導で行っていた可能性が高まりますし。
2024/05/02(Thu) 13:50 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200605 
>>200589
低電圧化と冷却強化で壊れるという話への返信なのでその点には触れてませんでしたが、その検証もしてるので書いておきます

最初に結論として
宣伝や広報ハードの高いベンチスコアはPL無制限設定です
また、
・選別CPUの使用
・SVID変更
・LoadLine変更
のいずれかひとつ以上の作業や設定変更が行われていると考えられるものもあります
(PL無制限時の消費電力と温度が低いレビューです)
2024/05/03(Fri) 22:54 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200610 
>>200477
AMDが売れてたのは単に安いからでは?
今も良い感じの値段を保ってるマイナーなお店ならともかく、先日のAMD値上がりをモロ喰らった大手ショップだと5700X・7800X3D以外はあまり売れてない印象です
2024/05/04(Sat) 18:25 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200611 
>>200589
単にPL2制限するだけならそこまで下がらないですね(Cinebench R23のマルチ数値で換算すると大体1000~2000cbのダウン、ゲームでは150W前後で頭打ちになるタイトルが多いのでほぼ影響なし)
今回のBaselineは既に不具合が発生したモデルでも安定できるように電力以外の所もかなり制限されているらしいので、これを適用した数値はあまり参考にはならないかと
2024/05/04(Sat) 18:44 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200617 
無理に性能高いもの出さんでいいからしばらくコスパで勝負できるもの出して耐え忍べよ
AMDは昔からやってることだぞ
2024/05/06(Mon) 17:18 | URL | LGA774 #-[ 編集]
200618 
IntelのBIOS(UEFIか)は安心できると思ってました・・・

AMDのAGESA祭りも、なんだかなあと思ってたけど・・
2024/05/06(Mon) 21:13 | URL | LGA774 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿されたコメントは承認後表示されます)