北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD’s Radeon 4800 in production(TG Daily)
AMD’s Radeon 4800 in production(VR-Zone Forum)

RV770はRadeon HD 4800あるいはFireStream stream processor、ワークステーション向けのFireGLとしてローンチされる。RV770はGDDR3またはGDDR5を用いる。しかし、ATi自体はGDDR5のカードのみを供給する。Radeon HD 4850は800MHz以上の周波数(最終的な周波数は未決定)で登場し、そしてRadeon HD 4870は1GHzを超える周波数となる。RV770のプロトタイプは1050MHzで動作していたという。

RV770はTexture Memory Units(TMUs)を(RV670)より多く搭載しており、32基のTMUsを搭載すると見られる。
 
RV770は(先にも述べたように)GDDR3またはGDDR5を搭載し、容量は256MB・512MB・1024MBのいずれかとなる。GDDR3 256MBを搭載したカードは主にOEM向けのみとなる。一方リテール向けはRadeon HD 4850, 4870ともにGDDR5 512MBのものが主流となる。メモリ周波数もまだ未決定だがGDDR5の現在の物理的な周波数は1.80~2.20GHzである。
このGDDR5メモリと256-bitメモリコントローラを合わせることで、メモリ帯域は115~141GB/sに達する。この数字はRadeon HD 2900XT(GDDR4 1.1GHz, 512-bit)と同等の数字である。


RV770のコア周波数はRV670よりは高くなることは確実なようですが、その具体的な数字に関してはメディアによってばらつきがあります。最近のNordicHardwareなどでは「900MHz以上1GHz未満」としています。今回TG Dailyで報じられた1GHz以上というのはNordicHardwareの「900MHz以上1GHz未満」という話の前に出てきていた数字です。

TG Dailyの情報が古いのか、はたまたイールドが良くて1GHz以上も狙えるようになったのかはわかりませんが、どちらにしろ900MHzは超えてきそうな雰囲気です。