北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD to target ultra-thin laptops with first Fusion CPU(The Tech Report)

Core2 Duoとは異なり、“Puma”プラットフォームのTurion UltraはMacBook Airのような超薄型ノートに入れるには向いていない。しかし、AMDはまだこれら超薄型ノート市場を視野に入れているようである。GottaBeMobileで撮られたAMDのプレゼンテーションの写真では、次世代Mobileプラットフォームである“Shrike”では薄型ノートをターゲットに入れると述べられているのである。

AMDが“Shrike”について話し始めたのは昨年のFinacial Analyst Dayである。“Shrike”プラットフォームは45nmプロセスで製造されるグラフィックコアを統合したCPUである“Swift”と、次世代のMobile向けサウスブリッジ、そしてオプションとなる単体グラフィックチップセットからなる。ここから推定できるように、“Swift”ではグラフィック機能を有したノースブリッジを必要としないため、ノートPCメーカーはより薄い筐体にCPUとGPUのHybrid processorを据えることができる。

(GottaBeMobileで撮影された)スライドにはこの他の詳細も書かれており、Windows Vistaでのバッテリー駆動時間を6時間にするといったことも説明されていた。“Swift”の内蔵グラフィックコアは出力としてDVI, HDMI, DisplayPortに対応する。

現在の“Puma”プラットフォームで使用されている“Griffin”のTDPは35W程度と薄型ノートに入れるにはやや高い値です。“Swift”が薄型ノートをターゲットとするならばおそらくはCore2 Duo ULVで実現しているTDP10W前後のものが必要となるでしょう。

 
AMD Coming to the LV / ULV Space(GottaBeMobile)

こちらに件のAMDのスライドの写真が掲載されています。
それによると“Swift”の概要は以下の通り。

  ・最初にAPU(Accelerated Processing Unit=CPUに統合されたGPUのこと)を搭載する。
  ・薄型ノートやウルトラモバイル向けにも提供される。
  ・CPU性能は最大20%の向上。
  ・GPU性能は最大30%の向上。
  ・Windows Vistaで6時間のバッテリー駆動時間を目指す。

掲載されているブロック図を見ると“Swift”は2つのCPUコアにGPUコアを統合したものとなっているだけでなく、ノースブリッジ機能も大半が統合されており、メモリコントローラに加えてPCI-ExpressコントローラもCPU側に搭載されているようです。ちょうどIntelの“Havendale”のような形となるようです。
関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源