北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Nvidia 40nm Desktop GPUs Line-Up For 2009(VR-Zone)

NVIDIAは40nmプロセスへの移行を2009年第2四半期から始め、上から下までを一気に置き換えるようだ。

40nmへの移行はまず第2四半期にハイエンドのGT212から始まり、続いて第3四半期にメインストリームのGT214とGT216、バリュー向けのGT218が登場する。GT212はGeForce GTX 295や285など55nm版GT200を置き換えるものとなる。
メインストリームではGT214はG94(GeForce9600)の置き換え、GT216はG96(GeForce9500)の置き換えとなり、バリュー向けではGT218がG98(GeForce9400)を置き換える。コア周波数とメモリ周波数の違いによりGT216では4つのSKUが、GT218では6つのSKUが用意されると見られる。


IGPに目を向けるとiGT209がGeForce9400/9300を置き換える。
第4四半期になるとDirectX 11に対応したGT300が登場する。
 
現在~'09Q1'09Q2'09Q3'09Q4
EnthusiastGeForce GTX 295GT212GT300
PerformanceGeForce GTX 285
GeForce GTX 260
MainstreamGeForce9600GTGT214
GeForce9500GTGT216
ValueGeForce9400GTGT218
IGPGeForce9400
GeForce9300
iGT209


GT200系は今現在に至るまでハイエンドのみの存在でしたが、40nmになってようやくメインストリーム以下に降りてくるようになります。
GT214やGT216についてはそのスペックの一部がリークされたりしていますが、リーク情報どおりなら下位モデルもだいぶ性能の底上げがなされそうです。