北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
RV870 single-core, R870 dual-core, R800 quad-core? (NordicHardware)
转帖 ATI 5870x4实图,简直难以置信(CHIPHELL)

R870は2つのGPUダイを搭載し、メモリバスを共有したものである。
R870は2つのRV870コアを一緒にしたもので、初のデュアルダイGPUとなる。さらにR800では4つのGPUダイが1枚のカードに搭載される。
 
RV870のスペックだが1000から1200のShaderと50から60のTMUが搭載される。つまり理論的にはR870では2000~2400のShaderと100~120のTMUを、R800では4000~4800のShaderと200~240のTMUを搭載することになる。
AMDはRV870、R870、R800をそれぞれRadeon HD 5870、5870X2、5870X4として投入するようだ。


CHIPHELLにはもう少し詳しい情報が載せられていて、これによるとRV870のダイサイズは205mm2、メモリインターフェースは256-bitとなり上位のRadeon HD 5870では1200MHz(4800MHz)駆動のGDDR5が搭載されるようです。Stream Processor数は960または1000となり、演算性能は1.5TFLOPSに達するようです。

Radeon HD
5870X4
Radeon HD
5870X2
Radeon HD
5870
Radeon HD
5850
コアクロック800MHz800MHz800MHz600-650MHz
搭載メモリGDDR5
2GB
GDDR5
1GB
GDDR5
512MB
GDDR3
512MB
メモリ周波数1200MHz
(4800MHz)
1200MHz
(4800MHz)
1200MHz
(4800MHz)
1100MHz
(2200MHz)
メモリインターフェース256bit x4256bit x2256bit256bit
Stream processor数4000200010001000
コアR800R870RV870RV870


またCHIPHELLに掲載されている別の情報によると、Radeon HD 5000世代では複数のコアがSidportによりFlexIOという接続を解して接続される形となる言われています。このFlexIOのデータレートは最高76.8GT/sとなり、またHyperTransportと互換性のあるものとしています。こちらの情報では最下位のRadeon HD 5450(640sp / 16TMUs)が基本となり、上位モデルはRadeon HD 5450に搭載されているMaster chipにSlave chipを複数接続していくという形になります。つまりRadeon HD 5670では1個のMaster chipと2個のSlave chip、Radeon HD 5870では1個のMaster chipと4個のSlave chipという構成となるようです。

  5450:640sp + 16 TMUs (1 master chip)
  5650:1280sp + 32 TMUs (1 master chip + 1 slave)
  5670:1920sp + 48 TMUs (1 master chip + 2 slaves)
  5850:2560sp + 64 TMUs (1 master chip + 3 slaves)
  5870:3200sp + 80 TMUs (1 master chip + 4 slaves)

同じ時期に異なる2つの情報が入ってきて正直戸惑いを覚えますが、どちらにしろRV870世代では4-core GPUが出そうです。また複数GPU同士の接続も改良されそうで、これによる性能向上も見込めそうです。