北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
RV870 - Vorrausichtliche Spezifikationen aufgetaucht(ATi-Forum)
RV870: 1200 SPs, 48 TMUs, 256 Bit GDDR5?(Hardware-Infos)

信頼できる内部情報より、ATi-Forumでは次世代のRV870のスペックを入手した。このスペックを見る限り、RV870の演算能力は2.1TFlopsに達する。

RV870はAMDの最初の40nmハイエンドGPU(RV740が初の40nm GPUだが、これはミドルレンジ向け)となる。そしてそのスペックは以下の通りとなるようだ。
 
◇RV870
  ・Stream Processor数:1200
  ・ROPs:32
  ・TMUs:48
  ・コア周波数:900MHz(5870の数値。5870X2は950MHz)
  ・メモリ:GDDR5 1100MHz(5870の数値。5870X2はGDDR5 1150MHz)
  ・メモリインターフェース:256-bit

この情報によると、RV870は2009年7月に登場し、Radeon HD 5850, 5850X2, 5870, 5870X2の4種類が投入される。

RV870を巡っては小型のコアを複数個(3コア以上)搭載するとするものなど様々な情報が飛び交いましたが、この情報はそれに比べると比較的おとなしい内容となっています。Stream Processor数は1200でRV770(800sp)の1.5倍となっています。この数字と製造プロセス、メモリインターフェースなどをみると、RV870のダイサイズはRV770とそれほど変わらないのではないかと思えてきます。先日のNVIDIAのGT300は大型ダイになることが予想されるスペックでしたが、RV870はそれとは逆にダイサイズを比較的小型に保つようです。