北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
◇6-coreの“Gulftown”はTurbo Boostに対応する
Gulftown 32nm six core supports Turbo boost(Fudzilla)

“Gulftown”は2010年第2四半期に予定されている6-core CPUでTDPは130Wになるといわれている。
このCPUはハイエンド向けの32nm CPUで6-coreで12-threadを走らせることが出来る。まだ32nmプロセスのおかげで、現行のCore i7とほぼ変わらない周波数になるだろう。“Gulftown”では“Bloomfield”から2つコアが増えているが、同等のTDPに収まるわけだ。


32nmプロセスの“Westmere”系は“Nehalem”を基本に小改良を施したものである。なので“Gulftown”も自動OC機能とも言うべきTurbo Boostを搭載する。

“Gulftown”はコア数が2個増えながらもCore i7と同等の周波数とTDPを維持できると予想されており、3.20~3.33GHz前後での登場が期待されます。
TurboBoostでの周波数上昇幅は不明で、現行CPUからその上昇幅を予測するのも難しそうです。というのも、Turbo Boostによる周波数上昇幅はCPUの種類によってバラバラで、Core i7では266MHz・2段階、XeonではW5500, X5500が400MHz・3段階、E5500, L5500が266MHz・2段階の底上げとなっています。さらに第3四半期に登場する“Lynnfield”では667MHz・5段階の周波数向上が行われるという情報が入ってきています。
 


◇“Clarkdale”のディスプレイ出力に関して
Clarkdale supports three display ports(Fudzilla)

“Clarkdale”は32nmプロセスで製造され、Intelでは最初のGPU統合CPUとなる。なお、CPUコアは32nmで製造されるが、GPUコア(とノースブリッジ部分)は45nmプロセスで製造される。CPUコアは“Westmere”世代となり、2-coreで4-threadに対応する。

“Clarkdale”は2つのディスプレイをサポートし、リファレンスボードではHDMI, DVI, DisplayPortを任意の組み合わせで、最高3ポートまで搭載する。なお、“Clarkdale”がアナログ出力に対応するかどうかははっきりしていない。ただ、おそらくはVGA出力にも対応可能だろう。

2画面出力対応でHDMI, DVI, DisplayPortサポートは、ほぼ最近のIGPのスペックに準じています。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源