北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
The Lynnfield Preview: Rumblings of Revenge(AnandTech)
The First Preview & Benchmark of Core i5 Surfaces(Expreview.com)

Lynnfieldのベンチマークが掲載されています。

◇Core i5(Lynnfield / 45nm / 4-core / LGA1156)
  2.93GHz L2=256kB x4/L3=8MB TDP95W HTT Turbo時=3.60GHz $562
  2.80GHz L2=256kB x4/L3=8MB TDP95W HTT Turbo時=3.46GHz $284
  2.66GHz L2=256kB x4/L3=8MB TDP95W Turbo時=3.20GHz $196

○“Lynnfield”のTurboModeについて
2.93GHzのモデルを例に取ると3~4コア動作時には2段階・266MHzの周波数向上で3.20GHzとなる。そして1~2コア動作時には5段階・667MHzの周波数向上で3.60GHzとなる。
なお同じ2.93GHzのCore i7 940では2~4コア動作時で133MHz、1コア動作時で266MHzの上昇となり、Xeon X5570では3~4コア動作時で266MHz、1~2コア動作時で400MHzの上昇である。“Lynnfield”のTurboModeの動きはXeonのものに近いが、周波数の向上幅は1~2コア動作時はXeon X5570よりも大きくなっている。
 
○“Lynnfield”のSocketとクーラー
Socketの外見はLGA1366に近い。クーラーの固定方式は相変わらずのプッシュピン方式である。

○ベンチマーク
構成は以下の通り。

  ・CPU(LGA1366):
  ・CPU(LGA1156):
  ・CPU(AMD)
  ・M/B(LGA1366):Intel DX58SO(Intel X58)
  ・M/B(LGA1156):P55マザーボード
  ・M/B(AMD):Gigabyte GA-MA790FX-UD5P(AMD 790FX)
  ・SSD:Intel X25-M 80GB
  ・Memory:DDR3-1066 4x1GB / DDR3-1333 2GB x2
  ・VGA:GeForce GTX 280
  ・OS:Windows Vista Ultimate 32-bit / 64-bit

なおここで使われた“Lynnfield”のES品は元々2.13GHzのもので、2.66GHzのスコアは2.13GHzのES品のベースクロックを133MHzから166MHzにすることで得ている。また、今回のサンプルではTurboModeによる周波数上昇幅は1段階にとどまっている。

Lynnfield
2.66GHz
HTT +
Core i7
920
Core2 Quad
Q9650
Phenom II X4
955
SYSMark 2007
Overall
215214209188
Photoshop CS318.4 sec17.4 sec19.4 sec22.3 sec
DivX 8.5.3
Xmpeg 5.0.3
40.1 sec39.3 sec43.8 sec43.7 sec
x264 HD Video
Encoding 1st Pass
70.874.867.574
x264 HD Video
Encoding 2nd Pass
25.226.719.919.1
Windows Media
Encoder 9
29 sec29 sec32 sec
3dsmax 914.115.31211.3
Cinebench R10
1CPU
3946384636853675
Cinebench R10
Multi CPU
15336162111298313242
POV-Ray 3.733358352825292542
Excel 200715.9 sec15.3 sec16.5 sec24.9 sec
Serenson
Squeeze Pro 5
115.9 sec107.3 sec147 sec142.7 sec
WinRAR93.7 sec84.1 sec125 sec111.8 sec
Fallout 3788486.186.4
Far Cry 265.16861.951.2
Crysis83.281.783.481.3


○消費電力
  ・Lynnfield 2.13GHz:Idle 94.0W / Load 160~173W
  ・Core2 Quad Q8400:Idle 126.3W / Load 170.9W

同周波数のCore i7と比較すると多くのベンチマークでCore i7>“Lynnfield”となっています。一方でCore2 QuadやPhenom II X4比では“Lynnfield”が上回る場面が多く、特にエンコードやレンダリングではその傾向が強く出ています。ゲームではタイトルによってCore2 QuadやPhenom II X4を下回る場合があるほか、今回の3タイトルではいずれもHTT onよりもHTT offの時の結果が上回っていました

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源