北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
NVIDIA、モバイル向け「GeForce 200M」シリーズ~DirectX 10.1対応の新アーキテクチャ(Impress PC Watch)
NVIDIA、ノート向け新GPU GeForce GTS 260Mなどを発表(ASCII.jp)
Nvidia launches five 40nm mobile GPUs(The Tech Report)

NVIDIAはMobile向けのGeForce 200Mシリーズを発表した。今回登場したGeForce 200Mシリーズは5モデルで、いずれも40nmプロセスで製造され、DirectX 10.1に対応する。

GeForce GTX 280Mと260Mは55nmプロセスのG92をベースとしているが、今回発表されたGeForce 200Mシリーズはデスクトップ向けのGeForce GTX 200と同じGT200系のアーキテクチャを採用している。さらに、このGeForce 200MシリーズではGDDR5メモリのサポートが行われている。
GeForce
G 210M
GeForce
GT 230M
GeForce
GT 240M
GeForce
GTS 250M
GeForce
GTS 260M
Stream Processor数1648489696
コア周波数625MHz500MHz550MHz500MHz550MHz
Shader周波数1500MHz1100MHz1210MHz1250MHz1375MHz
メモリ周波数800MHz
(1600MHz)
800MHz
(1600MHz)
800MHz
(1600MHz)
1600MHz
(3200MHz)
1800MHz
(3800MHz)
搭載メモリGDDR3
512MB
GDDR3
1GB
GDDR3
1GB
GDDR5
1GB
GDDR5
1GB
メモリインターフェース64-bit128-bit128-bit128-bit128-bit
TDP14W23W23W28W38W
コア(推定)GT218GT216GT216GT215GT215


NVIDIAからも40nm GPUがリリースされました。偶然にもNVIDIAもATiも40nm GPUはMobile向けからの登場となりました。
さらに、この新GPUはGT200系アーキテクチャといわれており、GT200系では初のMobile向けGPUであると同時に初のパフォーマンス~メインストリーム~ローエンド向けとなります。
これが登場したということは、デスクトップ向けのGT21xも近々登場するのではないでしょうか。