北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Next-gen superdesktops: Nehalem-EX or EP(The Inquirer)

“Nehalem-EX”は8つのコアと24MBのキャッシュ、そして4-channel対応のメモリコントローラを1ダイに備えたCPUである。INQではSkulltarilや同様のMulti-CPU搭載ハイエンドデスクトップ向けに“Nehalem-EX”が使われる可能性を説明したが、Intel自身はこのような製品を出すとは全く言っておらず、あくまでも可能性のみの話である。
 
“Nehalem-EX”は巨大ダイのCPUで8つのコアを搭載しさらにHyperThreading technologyにより16-threadを走らせることが出来る。L3キャッシュ容量は24MBとなる。さらに4本のQPIリンクを備える。
ちなみにCore i7(“Bloomfield”)のQPIリンク数は1、Xeon 5500(“Nehalem-EP”)では2である。


周波数は2.66GHzあたりに留まりそうである。OCした場合は3GHz以上になるだろうが、1-socketあたりのTDPは180Wかそれ以上になりそうである。
もし“Nehalem-EX”で2-socketシステムを構築した場合は16-core / 32-threadで、合計48MBのL3キャッシュを有するものとなる。そして最高512GBのメモリ空間を扱えることになる。


先週、Intelに近い情報筋から手に入れた情報によると、いくつかのベンダーが“Nehalem-EX”を使用した2-socketのデスクトップを用意しているという。“Nehalem-EX”は今年末にローンチされる。しかし、そのすぐ後の2010年初期に32nmの“Gulftown”と“Nehalem-EX”のリフレッシュ版(=“Westmere-EP”?)が予定されている。これらは6-coreで12MBのキャッシュを搭載すると言われている。周波数については説明がないものの、ワークステーション向けでは3.60GHzに達するのではないかと思われる。

一部例外はありますがXeon MP向けのコアは非常に豪華なつくりになっており、なかなかそそられるものがあります。“Nehalem-EX”はその例に漏れず・・・というより過去最強のCPUとなっています。その“Nehalem-EX”がハイエンドデスクトップ向けに降りてくるかという話ですが、“Nehalem-EX”採用の2-socketシステムが登場するというのはありえるのではないかと思います。ただし、あくまでもワークステーションなど特殊用途向けで、デスクトップ向けに降りてくるかといわれるとはなはだ疑問です。

それでもXeon MP向けのコアはやはりあこがれます。非常に高いうえに、そもそも出回っていないのが泣き所ですが・・・。私自身も昔“Tulsa”(Xeon 7120M/N)が欲しくて仕方なかった時期があります。今ならどこかで型落ちして安くなってないかな・・・。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源