北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel will embark on 16nm process in 2013(INPAI.com.cn)

現在、Intelは45nmのP1266プロセスへの移行を完了しつつある。そして、32nmのP1268プロセスは2009年中盤のリリースが計画されている。

Intelの戦略ではこの後、22nmのP1270が2011年に登場する。そして、22nmに続く16nmのP1272が2013年に登場するという。

CPUの製造プロセスは文字通り日進月歩で、ついこの前まで130nmや90nmのCPUが主流だったのが、いつの間にか45nm全盛期になっていたりします。
Intelの場合、2年ごとにプロセス更新を行ってきましたが、このペースは少なくとも2013年の16nmまで維持される予定のようです。
16nmなどとなってくると、そろそろプロセスシュリンクも限界に近いのではないかと思えてきます。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源