北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel’s 32nm Clarkdale Processor Review Emerges(Expreview.com)
CPU内置GPU现身 32纳米Core i3全球首测(IT168)

Intelは2010年第1四半期に“Clarkdale”のローンチを計画しており、最初の32nm CPUとなる。なのでその性能には注目されるところである。

IT168では“Clarkdale” 3.06GHzのEngineering sampleを入手し、簡単なテストを行った。CPU-ZのSSを見ていただければ分かるとおり、“Clarkdale” 3.06GHzはHyper-Threading technologyに対応し、キャッシュ構成はL2=256kB x4 / L3=4MBとなっている。

この他、駆動電圧は1.248Vであること、製造プロセスが32nmであること、SSE4.1 / 4.2に対応すること、ベースクロックが従来のCore i7と同じ133MHzであることが分かります。なお、このCPU-ZではCore i5と認識されていますが、実際には3.06GHzのモデルはCore i3として登場する予定です。Core i3ですのでTurboModeには対応しません。
 
IT168ではCore2 Duo E8400(“Wolfdale”)との比較を行っている。ほとんどのベンチマークで“Clarkdale”(Core i3 3.06GHz)は“Wolfdale”(Core2 Duo E8400)を上回っているが、一部のゲーム系ベンチマークでは逆転されるようである。

Clarkdale
Core i3
3.06GHz
Wolfdale
Core2 Duo
E8400
3.00GHz
SiSoftSandra 2009
Memory Bandwidth
Int Buff'd10.78GB/s6.85GB/s
Float Buff'd10.72GB/s6.87GB/s
Everest Ultimate 5 CPU AES17979211203
3DMark
Vantage
OverallP9260P8182
CPUP9111P6146
SYSMARK 2007Overall176165
E-Leraning179184
VideoCreation211180
Productivity139129
3D185172
Crysis WH75.0673.8
Far Cry261.4164.5
消費電力Idle143W149W
Cinebench166178
3DMark06205214


得手不得手は若干あるものの、今回テストされたベンチマークではほとんどの場面でCore i3 3.06GHzがCore2 Duo E8400を上回っています。一部のゲームではCore2 Duo E8400が逆転していますが、よく似た傾向はCore i7(“Bloomfield”)とCore2 Quad(“Yorkfield”)でも見られています。
一方で消費電力はIdle時・Load時ともにCore i3 3.06GHzの方が低くなっています。TDPこそCore2 Duo E8400の65Wに対し、Core i3 3.06GHzは73Wと高くなっていますが、システムTotalで見ると消費電力は減少しており、Core i3のTDP増加分は純粋にGMCHを取り込んだ分といえそうです。