北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
ATI Limits Official Windows 7 Support to DirectX 10 Graphics Cards(X-bit labs)

AMD-ATiはDirectX 9世代のグラフィックカードはWindows 7を公式にサポートしないことを決定した。
DirectX 9世代のRadeonとしてはRadeon9000シリーズ、Radeon X300 / X600 / X700 / X800シリーズ、Radeon X1000シリーズがある。これらはいずれもlegacy driver support structureに含まれている。つまり、これらのカードではWindows 7への公式サポートは行われないことになる。なお、Windows XPやVista向けの致命的な不具合のみを修正したドライバのアップデートは提供される。


Windows 7環境でWindows Vista用のCatalyst 9.8をインストールすると、Windows 7向けドライバの新機能であるWDDM 1.1は一切使用できず、VistaでサポートされるWDDM 1.0のみの機能に制限される。

DirectX 9世代のハードウェアは確かに古くなってきているが、Radeon X1600やX1900は2007年末まで販売されており骨董品とするには早すぎる。またRadeon X1200を統合したAMD 690Gチップセットは一部のノートPCでまだ使われている。

単体GPUはともかくとして、AMD 690Gの扱いがどうなるのかは注目されます。Windows 7への公式サポートは全くされないのか、それとも一部機能は制限されるもののとりあえずはWindows 7の公式サポートは行われるのか。前者と後者では意味合いが全く違ってくるでしょう。