北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel prepares Pentium E5500(Fudzilla)

IntelはPentium Dual-Core E5500を計画している。Pentium Dual-Core E5500は既存モデルであるE5400の周波数を上げたもので、100MHz高い2.80GHzとなる。

Pentium Dual-Core E5500は2.80GHzでFSB800MHzである。キャッシュ構成はL2=2MBで、TDPはPentium Dual-Core E6300と同様であり、Pentium Dual-Core E5500とE6300の違いを挙げろといわれると答えに詰まるが、最大の相違点はFSBにありE5500では800MHz、E6300は1066MHzとなっている。

このCPUは2010年第2四半期早期に登場すると見込まれ、E5400を置き換えるモデルとなる。
 
◇Pentium Dual-Core(Wolfdale / 45nm / 2-core / LGA775)
  E6600 3.06GHz FSB1066MHz L2=2MB TDP65W 2010/1
  E6500 2.93GHz FSB1066MHz L2=2MB TDP65W
  E6300 2.80GHz FSB1066MHz L2=2MB TDP65W
  E5500 2.80GHz FSB800MHz L2=2MB TDP65W 2010Q2
  E5400 2.70GHz FSB800MHz L2=2MB TDP65W
  E5300 2.60GHz FSB800MHz L2=2MB TDP65W
  E5200 2.50GHz FSB800MHz L2=2MB TDP65W


流石にPentium Dual-Coreの周波数向上はE6600の3.06GHzで打ち止めでしょうか。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源