北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
GeForce GTX 460 to Arrive in Early June(Expreview.com)
NVIDIA GeForce GTX 460 arriving June 1st?(HEXUS)
NVIDIA Designs GeForce GTX 460(techPowerUp!)
GTX 460 to take on HD5850(Fudzilla)
[Rumour] Nvidia preparing Geforce GTX 460(VR-Zone)

NVIDIAはGeForce GTX 400シリーズの下位モデルを開発している。Expreview.comで得た信頼できる情報筋からの情報によるとこのカードの製品名はGeForce GTX 460になるという。

この3番目のコンシューマ向け“Fermi”―GeForce GTX 460はP1025リファレンス基板を使用し、メモリはGDDR5 1GBを搭載する。メモリインターフェースは256-bitである。なお、StreamProcessor数や周波数は明らかになっていない。
 
このGeForce GTX 460ではリファレンスデザインが用意されず各ボードベンダーが独自に設計を行うことになる。GeForce GTX 460は6月1日に登場すると見られており、Radeon HD 5850と同程度の価格になる見込みである。

以下にHEXUSに掲載されているGeForce GTX 460の予想スペックを掲載します。

GeForce
GTX 480
GeForce
GTX 470
GeForce
GTX 460
コア/プロセスGF100/40nmGF100/40nmGF100/40nm
StreamProcessor数480448384
TMU6056
ROP484032
コア周波数700MHz607MHz500~
600MHz
Shader周波数1401MHz1215MHz1000~
1200MHz
メモリ周波数924MHz
(3596MHz)
837MHz
(3348MHz)
837MHz
(3348MHz)
搭載メモリGDDR5
1280MB
GDDR5
1536MB
GDDR5
1024MB
メモリインターフェース384-bit320-bit256-bit
TDP250W215W<200W
価格$499$349


まだこれはあくまでも予想段階のもので、現時点ではSP数および周波数についてはわかっていないようです。もし384spだとすると、今までのGeForce GTX 480, 470のように4GPC(Graphics Processing Cluster)を備えた上でそのうち1つまたは2つのGPCのSM(Streaming Multi-processor)を削ったものではなく、GPCを丸々1個無効化して3GPCとしたものになるかもしれません。もしこうなった場合はSMが無効化されているGPCはないことになります(3つのGPCが全てフルにSMを備える)。

FudzillaではGeForce GTS 450に関する情報も記載されています。
噂段階の話のようですが、GeForce GTS 450のStreamProcessor数が192になるという話があるようです。2GPCの場合は256spとなりますから、(GeForce GTX 400シリーズ同様1GPCが4つのSMで構成されているという仮定の下で)192spの場合は2つのSMが無効化されていることになります。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源