北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Intel Sandy Bridge-CPUs kriegen Verkaufsnamen(Hardware-Infos)

XfastというWebサイトによると、“SandyBridge”でもCore i3, i5, i7の名前が継続されるという。一方、それに続くナンバーは3桁から4桁になり、2000番台が付番される。
 
エントリー向けにはDual-CoreのCore i3 2100とi3 2120が登場する。周波数はそれぞれ3.10GHzと3.20GHzでキャッシュ容量はL3=3MBである。

Core i5 2400, i5 2500とCore i7 2600はそれぞれ3.10GHz、3.30GHz、3.40GHzでキャッシュはL3=6MBとなる。なお、Core i7とi5の間に(周波数を除く)どのような違いがあるのかは不明である。

また、これらとは別に8-coreも計画されているが、これについてはまだその製品名は出てきていない。

Core i(SandhBridge / 32nm / LGA1155)
MNコア数
スレッド数
定格周波数
Turbo時周波数
キャッシュTDPGPU
周波数
メモリ
Core i7
2600
4-core
8-thread
3.40GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
2-ch
DDR3-1333
Core i5
2500
4-core
4-thread
3.30GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
2-ch
DDR3-1333
Core i5
2400
4-core
4-thread
3.10GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
2-ch
DDR3-1333
Core i3
2120
2-core
4-thread
3.20GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
2-ch
DDR3-1333
Core i3
2100
2-core
4-thread
3.10GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
2-ch
DDR3-1333


今回の情報ではCore i5とCore i7では周波数以外の違いがほとんど見えてきません。両者の違いを予想するとすれば、内蔵するGPUの性能がi7の方が高い、あるいはTurboBoost時の周波数情報幅がi7の方が高いなどが考えられるでしょうか。

ここからはまったく関係ない話ですが、2010年7月10日を持って北森瓦版は4周年を迎えました。ここまで支えてくださった皆様、本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。

(追記:2010年7月11日0時45分)
LGA1155 處理器命名曝光? IX-2X00(Xfastest)
Intel Sandy Bridge processors rumored to be named Core i3/i5/i7-2000 series(TechConnect Magazine)

他メディアにも同様の情報が流れています。
TechConnect Magazineの情報の出所もHardware-Infosと同じXfastestとなっています。
そのXfastestではCore i5 2000系のコア数/スレッド数は4-core / 4-thread(Hardware-Infosでは4-core / 8-thread)、Core i7 2000系のL3キャッシュは8MB(Hardware-Infosでは6MB)となっています。

このエントリーの初出時はHardware-Infosの情報を元に上の表を作成しましたが、今回の追記でXfastestの情報を元に上の表を一部変更しました。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源