北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
The Sandy Bridge Preview(AnandTech)
Sandy Bridge CPU and graphics performance tested(The Tech Report)
Intel Sandy Bridge Previewed(VR-Zone)

ハイエンドとローエンドは32nmプロセス(“Westmere”系)に移行したが、メインストリームの4-core製品に関しては現在も45nmの“Lynnfield”のままである。
しかし、この次の“SandyBridge”ではメインストリーム帯から新CPUが展開されることになる。つまり、“Lynnfield”の後継がこの世代で登場する。
 


◇“SandyBridge”の特徴
“SandyBridge”ではGPUが同一ダイに統合される。そして、L3キャッシュをCPUとGPUが共有する。さらに搭載されるGPUは1または2-coreとなり、1-coreあたりのEU(Intel GPUでのグラフィック演算ユニット)数は6となり、2-GPUの場合は12となる。

キャッシュ構成はL1 inst=32kB / L1 data=32kB / L2=256kBをコア毎に備え、さらに共有のL3キャッシュを備える。レイテンシはL1が4-cycle、L2が10-cycleである。
L3キャッシュの容量はCore i7 2600が8MB、その他の4-core製品は6MB、2-core製品は3MBである。レイテンシは26-cycleで“Lynnfield”と比較すると低減されている。




◇チップセット
LGA1155向けのチップセットとしてはP67とH67、H61が予定されている。このうちP67はCPUのPCI-Express 2.0 x16レーンをx8レーン2本とすることが出来る。一方H67とH61はグラフィック出力に対応する。

これらのスペックに関しては概ね既報どおりです。
P67とH67に限定して述べますが、S-ATA数は合計で6、うちS-ATA 6.0Gbps対応ポートが2、3.0Gbps対応ポートが4となります。チップセットが備えるPCI-Expressレーンは8レーンを備え、世代も2.0となり転送速度は5.0GT/sに向上します(従来は2.5GT/s止まりだった)。USB 2.0ポート数は14となります。



◇価格とラインナップ
詳しくはAnandTechの4ページ目をご参照ください。
LGA1155最上位となるCore i7 2600は現行のCore i7 950やi7 875K, 870の価格帯に投入されます。Core i5 2500, 2400は現行のCore i5の価格帯に投入されます。デスクトップにおいては従来2-core / 4-threadのCore i5 600番台が占めていた部分も“SandyBridge”では4-core / 4-threadのCore i5で置き換えられます。Core i3は現行のCore i3の価格帯をそのまま引き継ぎます。
Core i系が2011年第1四半期に投入されるのに続き、第2四半期にはPentiumに、第3四半期にはCeleronまで“SandyBridge”が展開されます。

一方、Core i7 960, 880以上のハイエンドはLGA2011版“SandyBridge”が投入されるようですが、今のところ具体的な姿は見えてきていません。

Core i(SandyBridge / 32nm / LGA1155)
MNコア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
キャッシュTDPGPU
周波数
メモリ
Core i7
2600K
4-core
8-thread
3.40GHz
3.80GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
95W850MHz
TB 1350MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i7
2600
4-core
8-thread
3.40GHz
3.80GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
95W850MHz
TB 1350MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i7
2600S
4-core
8-thread
2.80GHz
3.80GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
65W850MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i5
2500K
4-core
4-thread
3.30GHz
3.70GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
95W850MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i5
2500
4-core
4-thread
3.30GHz
3.70GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
95W850MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i5
2500S
4-core
4-thread
2.70GHz
3.70GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
65W850MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i5
2500T
4-core
4-thread
2.30GHz
3.30GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
45W650MHz
TB 1250MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i5
2400
4-core
4-thread
3.10GHz
3.50GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
95W850MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i5
2400S
4-core
4-thread
2.50GHz
3.40GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
65W850MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i5
2390T
2-core
4-thread
2.70GHz
3.50GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W650MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i3
2120
2-core
4-thread?
3.20GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
65W850MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i3
2100
2-core
4-thread?
3.10GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
65W850MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1
Core i3
2100T
2-core
4-thread?
2.50GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W650MHz
TB 1100MHz
2-ch
DDR3-1333
'11Q1




◇Core i5 2400のベンチマーク
環境はこちらをご参照ください。

○内蔵グラフィックの性能
詳細はこちら
Core i5 2400は第6世代のGPUを搭載し、コアあたりの性能が引き上げられています。さらにL3キャッシュを共有で使用し、大幅な性能向上を実現しています。

Core i5
2400
Radeon HD
5450
AMD 890GX
Phenom II
X4 965
Core i5
670
Batman66603529
Dragon Age Origines69.354.635.634.5
Dawn of War II34.933.412.112.3
Call of Duty MW243.940.129.318.0
BioShock 23834.921.119.4
World of Warcraft49.354.431.323.4
HAWX81915845


Core i5 2400は従来のIntelの内蔵GPUと比較するとかなりの性能向上が行われており、Radeon HD 5450をも上回る場面も多く見られます。
少なくとも“Clarkdale”の内蔵GPUの1.5倍以上の性能はあるようで、3Dゲームのような高いGPU性能を要求する場面をのぞけば、Windows 7世代では十分な性能となりえるものです。



◇CPU性能
8ページ目以降に掲載されています。

今回使われたCore i5 2400はHyperThreading technologyが有効化できるようですが、今までの情報ではCore i5はHyperThreading technologyが無効化されると言われているます。ここではHyperThreading technologyを無効化した場合のスコアを上段に、有効化した場合のスコアを下段に記載します。

Core i5
2400
Core i7
880
Core i5
760
Phenom II
X6 1090T
Photoshop CS413.6
12.7
15.217.918.6
DivX 6.5.333.8
32.8
33.039.337.0
x264 HD Encode
First Pass
95.3
95.8
83.175.286.7
x264 HD Encode
Second Pass
26.0
33.0
29.321.828.5
Windows Media
Encoder 9 x64
23 sec
23 sec
26 sec29 sec28 sec
3dmar 916.5
18.2
16.613.713.7
Cinebench R10
Signle-thread
5405
5343
485245123951
Cinebench R10
Multi-thread
19244
20650
174361506019244
Cinebench R11.55.09
5.333.93
POV-Ray 3.73330
4441
386828473759
Data Recovery
par2cmdline 0.4
21.2 sec
21.2 sec
22.0 sec28.8 sec24.1 sec
WinRAR 3.877.3 sec
69.8 sec
77.2 sec96.0 sec89.9 sec
Game
Batman
198
197187186
Game
Dragon Age Origines
158.5
156142108.5
Game
World of Warcraft
109.6
928969.8
Game
Starcraft II
53.2
47.544.9
消費電力(Idle時)63.3W
62.2W62.0W88.5W
消費電力(Load時)121.4W
144.0W132.0W167.0W


Core i7 880とHTT onのCore i5 2400が概ね同周波数で同一thread数の比較となりますが、Core i5 2400が着実に性能向上を果たしているという印象を受けます。また、価格帯ではCore i5 2400はCore i5 760よりも1個下に投入される模様ですが、Core i5 2400(HTT off)とi5 760では前者が大幅に上回っています。
消費電力に関しても優秀で、特にLoad時の消費電力はCore i5 760から1割弱軽減されています。