北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
AMD's 6870 coming in November(SemiAccurate)
Rumour: AMD Radeon HD 6870 in November(VR-Zone)

Radeon HD 6000シリーズはまず第1弾として“Barts”と呼ばれているRadeon HD 6700シリーズが10月に登場する。そして2番目に“Cayman XT”―Radeon HD 6870が11月に登場するという。ただし、OEMには先の“Barts”(Radeon HD 6700シリーズ)と同じ時期(10月)に出荷される。Radeon HD 6870のリリースは11月中旬から下旬の予定である。
 
Radeon HD 6800シリーズの下位モデルである“Cayman Pro”ことRadeon HD 6850については今回の情報では何も述べられていない。また、Radeon HD 6700シリーズ及び6800シリーズは11月の時点で潤沢に供給されるといい、昨年のRadeon HD 5800シリーズの時のような供給不足には陥らないようである。この背景には昨年と異なりTSMCの40nmプロセスが十分成熟してきたこともある。

“Cayman”のDual-GPUカードである“Antilles”はRadeon HD 6970となり、12月のリリースが予定されている。ただし、“Cayman”の需要があまりにも高かった場合は“Antilles”は2011年初めに先送りとなる見込みである。

“Barts”が10月という情報は前々からありますし、それに続き“Cayman”、“Antilles”とリリースされるということに関しても実に自然な流れです。より下位の“Turks”や“Caicos”に関しては今回は何も述べられておらず、これらは2011年になる可能性もありそうです。

なお、Radeon HD 6770(“Barts XT”)の性能に関してはこんな話も出ています。
[Rumour] AMD Barts XT (HD 6770) faster than HD 5850(VR-Zone)

Radeon HD 6000シリーズに関して様々なリーク情報を流してきたChiphellから“Barts”(Radeon HD 6700シリーズ)の性能に関する情報が飛び込んできた。それによると“Barts XT”はRadeon HD 5850を上回る性能であり、“Barts Pro”はGeForce GTX 460を上回る性能であるという。
無論Radeon HD 5700シリーズからは大幅な性能向上であり、その向上幅は50%にもなるという。


“Barts”は256-bitメモリインターフェースを搭載し、よりハイエンドの“Cayman”に近いスペックである。価格に関してもやや高めの$200~300のレンジになるという。

“Barts”そのものにも人気が集まりそうですが、意外に“Barts”登場の影響で値下がりするであろうRadeon HD 5700シリーズも注目をあびるかもしれません。

私はすでに持ってますが・・・Radeon HD 5770、もう1枚いっとく?