北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
UPDATED: [Rumour] AMD Radeon HD 6700 Specification Chart leaked(VR-Zone)
More Radeon 6700 specs leak?(HEXUS)
Leaked slide compares 6700-series, 5800-series Radeons(The Tech Report)
Radeon HD 6700 detailed on slides(Fudzilla)
[Rebellion] 6750 6770 specifications exposure(PCinlife)

数週ほど前、AMDの“Barts”ことRadeon HD 6700系のスペックだというスライドが出回った。そのスライドでは“Barts XT”が960sp、“Barts Pro”が800spとされていたが、このスペックはやや疑わしいものであった。
そして今回、PCinlifeとChiphellという異なる2つのメディアから“Barts”のスペックだというスライドがリークした。このスライドに記されている“Barts”のスペックは以前のリークスライドとは異なるものであり、しかも2つのメディアが同じスライドを掲載してきた。
 
このスライドによると“Barts XT”はRadeon HD 6770となりStreamProcessor数は1280(4 x 320)となる。この数字はRadeon HD 5850の1440(5 x 288)よりも160sp少ないだけである。そして置き換え対象となるであろうRadeon HD 5770と比較すると1.5倍以上の増加となる。
周波数は900MHzとなり、演算性能は2.304TFlopsとなる。この性能はRadeon HD 5870と5850の中間の性能である。


“Barts Pro”はRadeon HD 6750となり、StreamProcessor数は1120(4 x 280)である。周波数は725MHzで、演算性能は1.624TFlopsである。

消費電力であるがRadeon HD 6770がLoad時146W / Idle時 23W、6750がLoad時114W / Idle時 20Wである。したがって、Radeon HD 6770に関してはTDP150W以下ではあるが余裕を持って補助電源コネクタ6-pin x2で登場する可能性があるが、Radeon HD 6750に関しては6-pin x1で登場するだろう。

Radeon HD
6770
Radeon HD
6750
コア
プロセス
Barts XT
40nm
Barts Pro
40nm
StreamProcessor数1280
(4 x 320)
1120
(4 x 280)
コア周波数900MHz725MHz
Texture Units6456
搭載メモリGDDR5GDDR5
メモリ周波数1050MHz
(4200MHz)
1000MHz
(4000MHz)
メモリインターフェース256-bit256-bit
ROPs3232
消費電力Idle:23W
Load:146W
Idle:20W
Load:114W


Radeon HD 6700系(“Barts”)のスペックに関しては様々な情報が飛び交っていました。今回の情報はその中でも最も高いスペックが提示されています。StreamProcessor数は6770が1280sp、6750が1120spとどちらも1000を超えています。また6770はコア周波数が900MHzと消費電力150Wの範囲内で上げられるだけ上げてきた印象です(逆に1割弱程周波数を落として825MHz程度にすればIdle時の消費電力も数%低減して130W台に収まり、補助電源コネクタが6-pin x1でも供給できるだけの余裕が出てきそうだが、この当たりは絶対性能とのトレードオフだろうか)。
一方、6750はTDP114WとRadeon HD 5770やその前の4850と比較し若干高い程度の数字で、このあたりのカードを使っていたユーザーには良い選択肢となるでしょう。

何はともあれ、このスペックでの登場を期待したいものです。