北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
◇Intel 6 series
Sandy Bridge to get USB 3.0 support(Fudzilla)

“SandyBridge”と対になるIntel 6 seriesチップセットではUSB 2.0までのサポートに留まり、USB 3.0はサポートされないというのがもっぱらの情報だった。

ところが、USB 3.0のサポートは最後のサプライズとして用意されているという。ちょうどWireless displayがローンチ寸前まで明かされなかったようにである。つまり、ノートPC向けのIntel 6 seriesチップセットはUSB 3.0をネイティヴでサポートする。
 
FudzillaではUSB 3.0対応のUSBポートにしばしば見られる青いUSBスロットを見ることが出来た。これがUSB 3.0にネイティヴサポートしたものか訊ねたが、Intelは何も語ろうとしなかった。まだ現段階ではUSB 3.0のスペックが100%固まっているわけではなく、Intelは完全にスペックが定まるまでサポート発表を行いたくないようだ。

確かに今までの情報ではIntel 6 seriesではUSB 3.0はサポートされないといわれてきました。これが自作ならば拡張カードでも挿しとけばという話になりますが、ノートPCではあいにくそうは行きません。ところが、今回の情報ではノートPC向けのIntel 6 seriesに関してはUSB 3.0をサポートすると述べています(デスクトップ向けに関してははっきりしたことは言われていない)。まだIntelから何もアナウンスが無い以上、これが飛ばしネタの可能性も無論ありますが、本当ならばまさにサプライズとなります。



◇AMD “Hudson D3”
AMD Hudson D3 chipset will support USB 3.0(Xtreview.com)

先週の情報では“Bulldozer”向けの新サウスブリッジであるSB950 / SB920や“Ontario / Zacate”向けの“Hudson D1”ではUSB 3.0はサポートされないと伝えられた。つまり、マザーボードメーカーは別途USB 3.0コントローラを搭載する形での対応となる。

しかしSocketFM1の“Llano”を中核とする“Lynx / Carina”プラットフォームに使われる“Hudson D3”ではUSB 3.0がネイティヴでサポートされる。
“Llano”についておさらいすると、CPUコア数は最大4、GPUはDirectX 11対応、メモリコントローラはDDR3-1600まで対応、さらにTurboCore 2.0 technologyを搭載する。


AMDでは“Llano”と対になる“Hudson D3”でUSB 3.0のネイティヴサポートが行われるようです。一方で“Zambezi”と対になるSB950 / SB920や“Zacate”と組み合わされる“Hudson D1”ではUSB 3.0のネイティヴサポートは行われないとしています。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源