北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
 
GeForce GTX 580はDirectX 11に対応する他、NVIDIA 3D Vision, Surround, PhysX, SLI, CUDA technologyに対応する。
CUDA core数は512となり、性能はGTX 480で最大30%上昇、Performance per wattは35%向上している。


周波数はコア:772MHz / Shader:1544MHz / メモリ:1002MHz(4008MHz)となり、メモリインターフェースは384-bitとなります。
以下にスペックを掲載します。

GeForce
GTX 580
GeForce
GTX 480
GeForce
GTX 470
GeForce
GTX 465
コア/プロセスGF110/40nmGF100/40nmGF100/40nmGF100/40nm
StreamProcessor数512480448352
TMU64605644
ROP48484032
コア周波数772MHz700MHz607MHz607MHz
Shader周波数1544MHz1401MHz1215MHz1215MHz
メモリ周波数1002MHz
(4008MHz)
924MHz
(3596MHz)
837MHz
(3348MHz)
801.5MHz
(3206MHz)
搭載メモリGDDR5
1536MB
GDDR5
1536MB
GDDR5
1280MB
GDDR5
1024MB
メモリインターフェース384-bit384-bit320-bit256-bit
TDP244W250W215W200W
価格$499~$420$349$279


性能ですがGeForce GTX 480から全項目において順当に向上が見られ、一方の消費電力はGTX 480とおおむね同等、GPU温度はクーラーの改良もあり下がっています。GeForce GTX 480から手堅い進化を遂げた印象です。

どうでもいいですが、4Gamerのコラムが“ぶんぶんしんぶん”並の内容になっている件について・・・。突っ込みどころが多すぎます。

TSMCが28nmプロセスをキャンセルしたとかRadeon X700がRV470コアだとか・・・。

(過去の関連エントリー)
続・GeForce GTX 580のスペック―TMU数は128、TDPは244W(2010年11月2日)