北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
The Sandy Bridge Review: Intel Core i7-2600K, i5-2500K and Core i3-2100 Tested(AnandTech)
Intel Core i7-2600K and Core i5-2500K (Sandy Bridge) CPUs(TweekTown)
Intel Unveils Sandy Bridge: Core i7 2600K, i5 2500K, i5 2400, i3 2100 CPUs(LegitReviews)
Intel Core i7 2600K and Core i5 2500K review(KitGuru)
Intel Core i7-2600K and i5-2500K Processors Debut(HotHardware)

“Lynnfield”は2009年にパフォーマンス~メインストリーム帯の4-core CPUとしてリリースされたが、現在に至るまでほとんど大きな変更はなく推移した。そしていよいよこのセグメントに大きな変革をもたらすものとして“SandyBridge”が登場する。
なお、今年末までには6-coreのものもハイエンドデスクトップ向けに登場すると見られる。また“SandyBridge”系のXeonも登場するだろうと思われるが、今のところラインナップは明らかになっていない。
 
4-coreの“SandyBridge”のトランジスタ数は9億9500万、ダイサイズは216mm2である。そのうち1億1400万がIntelがProcessor Graphicsと呼ぶGPUコア(1コアあたり)の数である。

Core i / Pentium(SandyBridge / 32nm / LGA1155)
CPUコアコア数
スレッド数
定格周波数
TB時周波数
キャッシュTDP対応メモリ価格
GPUコアEU数GPU周波数
Core i7
2600K
SandyBridge4-core
8-thread
3.40GHz
TB 3.80GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
95W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$317
HD Graphics
3000
EU 12850MHz
TB 1350MHz
Core i7
2600
SandyBridge4-core
8-thread
3.40GHz
TB 3.80GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
95W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$294
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1350MHz
Core i7
2600S
SandyBridge4-core
8-thread
2.80GHz
TB 3.80GHz
L2=256kB x4
L3=8MB
65W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$306
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1100MHz
Core i5
2500K
SandyBridge4-core
4-thread
3.30GHz
TB 3.70GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
95W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$216
HD Graphics
3000
EU 12850MHz
TB 1100MHz
Core i5
2500
SandyBridge4-core
4-thread
3.30GHz
TB 3.70GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
95W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$205
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1100MHz
Core i5
2400
SandyBridge4-core
4-thread
3.10GHz
TB 3.40GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
95W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$184
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1100MHz
Core i5
2300
SandyBridge4-core
4-thread
2.80GHz
TB 3.10GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
95W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$177
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1100MHz
Core i5
2500S
SandyBridge4-core
4-thread
2.70GHz
TB 3.80GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
65W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$216
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1100MHz
Core i5
2400S
SandyBridge4-core
4-thread
2.50GHz
TB 3.30GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
65W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$195
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1100MHz
Core i5
2500T
SandyBridge4-core
4-thread
2.30GHz
TB 3.30GHz
L2=256kB x4
L3=6MB
45W2ch
DDR3-1333
'11/1/9
$216
HD Graphics
2000
EU 6650MHz
TB 1250MHz
Core i5
2390T
SandyBridge2-core
4-thread
2.70GHz
TB 3.50GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W2ch
DDR3-1333
'11/2/20
$195
HD Graphics
2000
EU 6650MHz
TB 1100MHz
Core i3
2120
SandyBridge2-core
4-thread
3.30GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
65W2ch
DDR3-1333
'11/2/20
$138
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1100MHz
Core i3
2100
SandyBridge2-core
4-thread
3.10GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
65W2ch
DDR3-1333
'11/2/20
$117
HD Graphics
2000
EU 6850MHz
TB 1100MHz
Core i3
2100T
SandyBridge2-core
4-thread
2.50GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W2ch
DDR3-1333
'11/2/20
$127
HD Graphics
2000
EU 6650MHz
TB 1100MHz
Pentium
G850
SandyBridge2-core
2-thread
2.90GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
65W2ch
DDR3-1333
'11Q2
$86
HD Graphics
2000?
EU 6?850MHz
TB 1100MHz
Pentium
G840
SandyBridge2-core
2-thread
2.80GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
65W2ch
DDR3-1333
'11Q2
$75
HD Graphics
2000?
EU 6?850MHz
TB 1100MHz
Pentium
G620
SandyBridge2-core
2-thread
2.60GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
65W2ch
DDR3-1333
'11Q2
$64
HD Graphics
2000?
EU 6?850MHz
TB 1100MHz
Pentium
G620T
SandyBridge2-core
2-thread
2.20GHz
L2=256kB x2
L3=3MB
35W2ch
DDR3-1333
'11/2/27
$70
HD Graphics
2000?
EU 6?650MHz
TB 1100MHz




◇“SandyBridge”のOCに関して

Intel 6 seriesチップセットはクロックジェネレータを内蔵する。もっと突っ込んだ言い方をすれば、かつてはマザーボードの部品の一部だったPLLがIntel 6 seriesではチップセットのダイに取り込まれる。この内蔵されたPLLはS-ATAやPCI-Expressコントローラ、そして“SandyBridge”CPUそのもののクロックを作り出す。つまり、多くのコンポーネントが1つのクロックに制御される形となる。
AnandTechで見る限り“SandyBridge”のベースクロック(以下BCLK)上昇によるオーバークロックの最高値は115MHzで、103~105MHzで限界が来たというレポートがほとんどだった。BCLKが105MHzの場合、3.40GHzのCore i7 2600でも3.57GHzにしかならない。“SandyBridge”ではBCLKによるオーバークロックはほぼ不可能といっても良さそうである。
そういった事情もあってか、Intelはオーバークロッカー向けに“K”モデルを登場させた。これは倍率ロックが解除されているもので、“Lynnfield”ではCore i7 875Kで見られたものである。


“K”がつかないそのほかのモデルの状況であるが、まずCore i3 2100のようにTurboBoostに対応しないモデルは周波数はほぼ完全にロックされている。つまり、オーバークロックはほぼ不可能である。
一方、Core i5 2400のようにTurboBoostに対応するモデルは“limited unlocked”と呼ばれる形となる。簡単に言うと若干のオーバークロックの余地が残されており、デフォルトのTurboBoostによる周波数から4段階のみTurboBoost時の周波数を引き上げることができる。


“limited unlocked”の部分がいまいち分かりにくいかもしれません。
語弊を承知で言えばTurboBoostの周波数設定の変更が限定的ながら可能になっており、具体的にはTurboBoost時の周波数を4段階―400MHzまで引き上げることができます。Core i5 2500を例にとるとデフォルトでは定格3.30GHz・TurboBoost時(4-core:3.40GHz / 3-core:3.50GHz / 2-core:3.60GHz / 1-core:3.70GHz)となりますが、これを最高の4段階のオーバークロックするとTurboBoost時の周波数が4-core:3.80GHz / 3-core:3.90GHz / 2-core:4.00GHz / 1-core:4.10GHzとなります。つまりTurboBoost時の周波数がどの状態においても一律400MHz上がることになります。定格周波数については変更は出来ないようです。



◇“SandyBridge”の今後の展開―その1:Z68チップセット

6 seriesの開発において、Intelはリスクを最小限にとどめることを目標とした。そのため、6 seriesは“Lynnfield / Clarkdale”で使われた5 seriesアーキテクチャの大部分を流用したものとなった。結果として“SandyBridge”のチップセットは保守的なラインナップとなっている。

この6 seriesに第2四半期に新たなメンバーが加わる。それがZ68である。Z68を一言で表現するとP67に内蔵グラフィックのサポートを追加したものだ。その他の新しい機能としてはSSD cachnigがある。Version 10.5のRapid Strage Technology DriverとZ68の組み合わせでこのSSD cachnigがサポートされる。

LGA1155版“SandyBridge”の全てを楽しみたいというのであればZ68が選択肢となるでしょう。



◇“SandyBridge”の今後の展開―その2:LGA2011

LGA1155の“SandyBridge”は“Lynnfield”以下の置き換えである。では現在LGA1366の“Bloomfield / Gulftown”の後継はどうなるのかというと、これが出てくるのには2011年第4四半期まで待たなくてはならない。LGA1366の後継となるものが“SandyBridge-E”である。“SandyBridge-E”はおそらくは4-coreと6-coreのものが登場し、より大容量のL3キャッシュを搭載するのではないかと思われるが、現在のところスペックはまったく分かっていない。“SandyBridge-E”もリングバスを使用し、PCI-Expressコントローラを搭載する。このあたりはLGA1155版“SandyBridge”と同じであるが、決定的に異なる点はGPUを内蔵しないことである。またTDPもLGA1155版では最高95Wであるが、“SandyBridge-E”では現行のLGA1366と同様に130Wになるのではないかと思われる。

“SandyBridge-E”は新SocketであるLGA2011を使用すると言われている。またCPUの価格はCore i7 2600の$294から$999までの間で展開されると思われる。

かつてはLGA1356の“SandyBridge-B2”がLGA1366の後継となるといわれていましたが、ここ最近ではハイエンドデスクトップ向けに関しては“SandyBridge-E”―LGA2011がLGA1366―“Gulftown / Bloomfield”の後継となるという説が大勢を占めています。



◇ベンチマーク

ベンチマーク環境は以下のとおり。

  ・CPU:
  ・M/B(LGA1155):Intel DP67BG
  ・M/B(LGA1156):Intel DP55KG, ASUS P7H57DV-EVO
  ・M/B(SocketAM3):ASUS M4A89GTD Pro/USB3
  ・SSD:Intel X25-M 80GB, Crucial RealSSD C300
  ・Memory:DDR3-1333
  ・VGA:Radeon HD 5870, GeForce GTX 580, GeForce GTX 280
  ・Display:1920 x 1200

Core i7
2600K
Core i5
2500K
Core i7
870
Phenom II
1100T
SYSMark274265233204
Photoshop CS411.3 sec12.6 sec15.4 sec18.4 sec
Xmpeg + DivX
encode
29.1 sec31.3 sec34.3 sec35.5 sec
Windows Media Encoder 920 sec22 sec28 sec28 sec
x264 HD Benchmark
(上:1st Pass / 下:2nd Pass)
106.4
36.3
100.8
27.7
80.2
27.6
89.2
29.5
x264 HD 3.03 Benchmark
(上:1st Pass / 下:2nd Pass)
100
36
94.9
28.7
74.8
30
76.7
31.5
3dmax 9
rendering
20.117.415.914.5
Cinebench R10
(上:Single / 下:Multi)
5991
22875
5860
20381
4676
17244
4083
18828
POV-Ray 3.7487534393062.93894
Blender 3D
Character Render
40.1 sec46.1 sec51.5 sec53.7 sec
PAR 2 Multithreaded
Decompression Test
17.3 sec19.8 sec22.7 sec24 sec
WinRAR 3.80 Compression59.6 sec70.5 sec77.4 sec89 sec
7-Zip19744MIPS
4611KB/s
14440MIPS
4369KB/s
18864MIPS
3885KB/s
18416MIPS
3227KB/s
Visual Studio 2008
Complie Chromium
18.6 sec27.1 sec24 sec
Sereson Squeeze
Flash Video Creation
72.7 sec90.8 sec101.1 sec109.6 sec
Excel
Monte Carlo Simulation
11.1 sec15.4 sec14.087 sec16.4 sec
Exel Math Operations3.4 sec4.4 sec4.118 sec5.9 sec
Fallout 396.990.390.6
Left 4 Dead145.8142.7131.7
Far Cry 280.478.971.9
Crysis Warhead90.591.684
Dragon Age:Origines156159.4156.2120.3
Down of War II85.282.372.661.1
World of Warcract118.5119.470.677.8
Starcraft II62.664.945.3
消費電力
(上:Idle / 下:Load)
74W
128W
73.4W
125.6W
70.2W
137.8W
76.6W
157.8W


4-core / 8-threadのCore i7 2600Kも4-core / 4-threadのCore i5 2500Kも良好なスコアを残しています。前世代の“Lynnfield”から確実に性能向上を果たしている印象です。消費電力に関しても“Lynnfield”からワンランク下がっており、好感が持てます。