北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
Kal-El is a 40nm quad-core(Fudzilla)
Nvidia promises Tegra 3 phones in December(Fudzilla)

NVIDIAの4-coreのMobile processor―“Kal-El”は現行のTegra 2と同じ40nmプロセスで製造される。
 
現在の多くの見方ではTSMCは2011年第4四半期よりも前に28nmプロセスのリスク生産を始めることはないと言われている。そして、完全に新しい新型のチップを未知のプロセスでいきなり製造するのはリスクが高い。

NVIDIAのCEOであるJen-Husn Huang氏はカンファレンスコールで“Kal-El”は40nmプロセスで製造されると説明した。28nmプロセスが使えるようになるのは2011年末、一方で“Kal-El”は2011年第3四半期に出荷され、生産はその前の第2四半期となる。同氏は40nmプロセスでのイールドは非常に良好であるとも説明している。

28nmプロセスはこの後―2012年に予定されている。28nmプロセスのARM系列processorとしてはOMAP 5や4-coreのSnapdragon APQ8064が予定されている。

関連して“Kal-El”―Tegra 3を搭載した製品は8月にタブレットが、12月にスマートフォン(NVIDIA曰くスーパーフォン)が搭載するとNVIDIAは述べています。
TIのOMAP 5やQualcommのSnapdragon APQ8064はいずれも2012年のため、ARM系列processorの4-coreはTegra 3(“Kal-El”)が最初のものとなるでしょうか。

Tegra 3やSnapdragon APQ8064で自作・・・できたら面白いですが、無理な望みでしょうか。

(過去の関連エントリー)
4-core Tegraのサンプリング開始と今後の展開(2011年2月16日)

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源