北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
 
“Bulldozer”は2-core CPUが1モジュールとして構成される。1モジュールのトランジスタ数は2億1300万である。製造プロセスは32nm High-K/MetalGate SOIプロセスで11層金属配線である。駆動電圧は0.8~1.3Vである。“Bulldozer”では現行AMD x86-64 CPUアーキテクチャと比較し、性能と周波数を向上させる一方、消費電力を低減している。Gate/Cycle比も現行アーキテクチャと比較し減少している。これにより2MBのL2キャッシュを含め、3.5GHz以上での駆動が可能となっている。なお、1モジュールのサイズは30.9mm2である。

今回の要点を抜き出すと以下の通り。

  • 2-core・1単位で構成されるモジュールアーキテクチャ(MCT)
  • 1-cycle Out-of-Order命令スケジューラ・4本の整数演算パイプライン・L1 date cacheを1-coreに備える
  • SSE 4.2までとAVXに対応したFPU
  • フリップフロップの見直し。2本のクロックを使用した3種類のフリップフロップを用意。
  • L1 cacheのSRAMに8トランジスタのメモリセルを使用。電源電圧の低下と動作周波数の向上を目指す。


かなり専門的な話なのでわからない部分も多々ありますが、かなり手が加えられている様子がわかります。

関連記事



○Amazon売れ筋ランキング CPU メモリ グラフィックカード マザーボード SSD 電源