北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel's Codename Light Peak Launches as Thunderbolt(AnandTech)
Intel Announces Thunderbolt Technology(Legit Reviews)
Intel Officially Launches Thunderbolt Interconnection Technology.(X-bit labs)
Intel: No Plans for Support of Other Protocols over Thunderbolt.(X-bit labs)
It's official: MacBook Pros pack Sandy Bridge, Light Peak(The Tech Report)
Intel Thunderbolt technology explained(HEXUS)
Apple updates MacBook Pro with new CPU, graphics and I/O technology(DigiTimes)
インテル、“Light Peak”こと「Thunderbolt」の概要を発表(ITmedia)

Intelは2月24日、Thunderboltと呼ばれる新しいI/O技術を正式発表した。このThunderboltはかつて“LightPeak”と呼ばれていたものである。帯域は最高10Gb/sで、miniDisplayPortコネクタを使用して超高解像度ディスプレイを使用できる。なお、現時点ではコントローラはIntelの独占供給となっており、すぐに広まるという状況ではなさそうである。
 
Thunderboltは2種類の低レイテンシなプロトコル―データ転送用のPCI-ExpressとDisplay出力用のDisplayPortをサポートする。またThunderbolt同時にデータを双方向通信することができる。そのため、1本のケーブルで同時に両方向の広帯域通信が利用できることになる。2つの独立したチャネルで最大10Gb/sの帯域を確保できる。また、Thunderboltはmini DisplayPortコネクタを使用する。

PC及びデバイス側のThunderboltコントローラはPCI-ExpressとDisplayPortの2つの信号をパケット化して送受信する。コントローラは1本のケーブルで2種類のプロトコルを切り替えて送受信を行う。

今回のThunderboltはいわば第1世代でThunderbolt 1.0とでも言うべきものとなります。この段階では対応プロトコルはPCI-ExpressとDisplayPortにとどめられ、他のプロトコルのサポートは今のところないとされています。つまり、今すぐUSBを置き換えるものになる・・・と言うわけではなさそうです。

Thunderboltのコネクタ形状はminiDisplayPortのものと同一となります。