北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森八雲. Since July 10, 2006.)
AMD Shows Off 16-Core 'Interlagos' Reference Design(Legit Reviews)

AMDは8-core / 4-moduleで10億以上のトランジスタで構成される“Bulldozer”アーキテクチャをMCMで2ダイ封入して16-core・4-ch DDR3対応とした“Interlagos”をお披露目した。“Interlagos”はHPC向けとして最適とされ、現行のOpteron 6100プラットフォームからBIOSアップグレードや関連ソフトウェアの更新を行うことなくスムースに移行できるとしている。
 
Opteron 6100(“Magny-Cours”)の後継となるのが“Interlagos”(Opteron 6200?)です。どちらもMCMで2ダイを封入し、4-ch DDR3に対応します。
一方Opteron 4100(“Lisbon”)の後継となるのが“Valencia”(Opteron 4200?)で、こちらは1ダイで2-ch DDR3対応となります。

ついに明らかになったAMDのBulldozer(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)
8コアCPUを低コストに実現したBulldozer(Impress PC Watch / 後藤弘茂のWeekly海外ニュース)

“Bulldozer”つながりということで、お馴染み後藤氏のコラムが掲載されているのであわせて紹介します。詳しくはリンク先をご参照ください。