北森瓦版 - Northwood Blog (Author : 北森四葉. Since July 10, 2006.)
Intel introduces the 311 Series SSD, targets Z68-based systems(TechConnect Magazine)
Intel to Refresh Lineup of Solid-State Drives This Quarter.(X-bit labs)
Intel 311 Series SSD disclosed(HEXUS)
Gigabyte to release four Z68 motherboards with an mSATA connector(TechConnect Magazine)
Gigabyte Readies mSATA-Equipped Z68 Motherboards, Bait mSATA Larson Creek SSD Modules(techPowerUp!)
Gigabyte Z68 boards feature on-board SSD slot(bit-tech)

Z68で新たに搭載されたIntel Smart Response technology向けとして、Intelは3月11日、Intel SSD 311(“Larsen Creek”)を正式発表した。容量は20GBであるが、SSD+HDDの使用に特化している。
 
Intel SSD 311はSmart Response technology(SRT)用として、HDDと組み合わせてストレージ性能を上げるものである。SRTは頻回に使われるファイルはSSDにコピーを置くことでHDD単体よりもアクセス速度を向上する。

Intel SSD 311の価格は$100である。また使用されるフラッシュメモリは34nm SLC NANDである。対応インターフェースはS-ATA 3.0Gbpsで2.5インチまたはmS-ATAフォームファクタで提供される。MTBFは120万時間である。
Sequential readは200MB/s、writeは105MB/sとなる。


HEXUSにこの“Larsen Creek”を用いたベンチマークスコアが掲載されています。
またmS-ATAに対応するマザーボードとしてGigabyteの“Z68XP-UD3”、“Z68XP-D3”、“Z68AP-D3”、“Z68P-DS3”が紹介されています。